フォト

著作

  • : ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

  • : ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)
    クソ田舎を舞台に駄喧嘩と駄セックスに明け暮れる男の駄冒険マンガです。簡単に言えば空手を習った男が通り魔活動を行ったり変な女とセックスしたりするマンガです。02年から07年くらいまでの生活実感をベースに取材と妄想を練りこんでひねり出しました。大した音も出ない屁みたいな男たちに捧げます。全2巻です。

  • : ピンクニップル

    ピンクニップル
     あんなに憧れたセックスが手に入っても、うっかりしていると砂が指の間からこぼれるようにそのありがたさや存在が失われてしまう。セックスなどという下劣な我欲そのものに一体なぜこんなに心を焦がして夢中になってしまうのか、冷静になるとどうかしているとしか思えないです。だからと言って尊いわけでもなんでもない。オレのこの醜く不潔な性器をその体内に受け入れてくださり、柔らかい肌や可愛らしい乳首をなめさせてくださった、奇跡のように心優しい女の皆さんに感謝とお詫びを込めて描いたマンガです。もっと精いっぱい優しくすればよかった。エロマンガ作品集なので、子供は大人になってから読んでね!

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
    まさかオレが描いたマンガが映画になるなんて! 日本映画のマンガ原作ブームに紛れ込む事に成功した奇跡の映画化です。一流の監督に一流の役者、一流のスタッフに恵まれまったくもったいない事でございます。身に余る光栄です。

  • : ライフ・イズ・デッド

    ライフ・イズ・デッド
    屁みたいな田舎を舞台にしたゾンビマンガです。噛み付き以外に、性感染でゾンビ化するという設定が災いし、とあるメジャー誌ではボツになってしまいこんなマンガは描いてはいけないのだろうかと途方に暮れていたところ漫画アクション編集部でも賛否両論真っ二つだったそうですが、どうにか掲載していただきました。ニートの青年がゾンビになって家族が迷惑するという内容です。ゾンビ研究の大家でいらっしゃる伊東美和さんよりかつてない和ゾンビものであるとご推薦をいただき、またゾンビ好きの人からの評判はいいみたいです。

  • : このマンガを読め! (2007)

    このマンガを読め! (2007)
    その年発売のマンガから特にお勧めのものを紹介する本です。楳図かずお先生と山松ゆうきち先生に挟まれるという光栄極まりない形で長いインタビューを掲載していただいております。

  • : エロ悲しい

    エロ悲しい
    自費で出版した『ピンクニップル』を収録していただいております。石原まこちん先生とエレキコミックの八井さんとの対談やマンガや読み物で充実したエロ悲しい内容です。

  • : これが未来だぜ!

    これが未来だぜ!
     新世紀を迎えて早6年?5年?となっておりますが、果たしてこれが夢見た21世紀なのだろうか。よもや無職の若者の大量発生や少子化、振り込め詐欺やプチ家出が社会問題となっているとは、これでいいのか。とは言え、核戦争後の暴力が支配する荒廃した世界になってなくてよかったと胸をなでおろす次第であり、アトムが生まれる時代を迎えたと思ったらasimoみたいなのしかなかったという思いを込めて描いたゆるいSF&ホラー麻雀マンガのエンターテイメント作品集です。

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
     初の映画化作品でありながら、ほぼ絶版状態というわが身の不徳の致すところとは言えあんまりな状況に青林工藝舎さんがまたも、助け舟を出して下さり、映画が完全に終わる前にどうにか再出版していただきました。版形が小さくなった分、お求めやすくなっております。どうにも誤魔化しきれない愚かさや気の小ささを、素直に適切に把握しておきさえすれば、こんな事にはならずに済んだのに……となる前にぜひともお読みいただければ、こんな本を描いた甲斐があったと言えます。つい自分を大きく見せたいと思ってしまったばかりにケチな犯罪に身をやつす事態に遭遇してしまう、そんなマンガ作品集です。どうあがいてもケチな人生は覆い隠せず、そこは認めて、そこから何ができるのか、現状でのベストを目指すより仕方がないと自戒を込めて言いたいのですが、とにかく生きて行こうではありませんか。そんな気持ちで描いた青春犯罪マンガ作品集です。秋田書店版よりおまけマンガが若干増えております。

  • : 転校生 オレのあそこがあいつのアレで

    転校生 オレのあそこがあいつのアレで
    高校生カップルの性器が入れ替わり女性器を持った男子、男性器を持った女子が珍騒動を繰り広げると言った変態マンガです。初のメジャー作品で、こんな飛び道具的な設定のお陰で連載時には読者アンケートで最高で3位を記録しました。このマンガを描くために池袋の肛門性感でカマを掘られてきた甲斐があったというものです!

  • : チェリーボーイズ

    チェリーボーイズ
    始めて描いた長編マンガです。童貞の青年が三人集まって非合法的な手段で童貞を棄てようと作戦を企てるというお話です。いつも構成には気を使うのですが、自作の中で最も構成がうまくいった作品です。テーマは最低ですが、その中で友情、努力、勝利を描こうと思いました。こんなマンガを描いたせいで童貞だと思われているのが癪に障ります。

  • : 死んだ目をした少年

    死んだ目をした少年
    生きているとしんどいこともあるもので、30をとっくに過ぎて中学生の気持ちというか、自分が最も嫌々生きていた時代である中学くらいの気持ちとシンクロした時の感覚を逃さないように、マンガにしようと思いました。その感じを最大限表現できたら、破綻していたり作品としての完成度は低くても構わないくらいの気持ちで描いたのですが、案外すっきり構成できました。非常にスケールの小さいファイトクラブといった内容です。(2005年3月発売)

  • : ミルフィユ

    ミルフィユ
    20代に描いた恋愛とセックスのマンガ作品集です。30代後半の今、読み返して気恥ずかしいのは、よくも悪くも今よりももっと純粋だった頃の恋愛観が濃縮されているからであります。端的に言えば暗中模索しつつも今よりずっと女性を大切に思っておりました。タイトルは今は辞めてしまった家業のお菓子屋に対して当時抱いていた熱意の表れです。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.23)

    青林工芸舎: アックス (Vol.23)
    『チェリーボーイズ』最終回を記念しての小特集で、杉作J太郎先生と対談をさせていただきました。J太郎先生の童貞話は筋がビシッと通ったラジカルなものでとても面白いですよ。おまけで童貞大百科もついてます。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.14)

    青林工芸舎: アックス (Vol.14)
    ジンバルロックの発刊を記念して特集を組んでいただきました。マンガは短編『真夜中の聖火ランナー』(『青春★金属バット』収録)が掲載となっています。編集のSさんに新潟に来ていただいて、『ジンバルロック』の舞台となった母校やゲーセンなどの写真や、当時は実家の仕事をやっていることなど今読むと恥ずかしいインタビューも掲載されております。

  • 青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)

    青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)
    小特集で取り上げていただきました。ジンバルロックが始まったばかりで、まだ東京に住んでいる時の自宅取材とインタビューが掲載されております。汚い部屋でこたつでマンガを描いている写真や、仲間と作っていたフリーペーパー、大内アパート月報まで載っています。

  • : ジンバルロック

    ジンバルロック
    2000年発売の初めての単行本です。 高校時代を華々しい物語やなにやら叙情的なものとして捕らえたい風潮がありますが、そういうのに水をぶっかけるようなお話です。簡単に言えばしょぼくてせこい内容です。取るに足らない地味な内容でどれだけエンターテイメントを成立させられるかという試みでもありました。どのページも最低何か一つはどんなささいなことでも面白いことを盛り込もうと努めました。こんなマンガなのでどう紹介したらいいものか、簡単に言うと「普通の高校生がぐずぐずするマンガ」などと言ってしまい、全く読む気を殺いでしまいます。売り要素の伝わりづらさがオレのマンガの売れない原因だと思います。

   


  • あわせて読みたい

無料ブログはココログ

三平映画館

« 緊急チケットプレゼント! | トップページ | サイン会をします »

2006年11月21日 (火)

『黒澤明VSハリウッド』を読んだ

 ずっと前に図書館で予約していた『黒澤明VSハリウッド 「トラ・トラ・トラ!」その謎のすべて』という本が入った連絡を受け取り、読みました。500ページ近くあって、値段も2476円もするので買いたくないなーと思っていたら、沼垂図書館にありましたネットを使って予約したのが9月で、2ヶ月も掛かりました。図書館で取り寄せの注文を出すとすぐなのに、一体どうなっているのだろうと思わなくもないですが、こんな高価な本を無料で読める図書館制度は本当に素晴らしいです。

黒澤明vs.ハリウッド―『トラ・トラ・トラ!』その謎のすべて

 さて、本の内容は黒澤明が東宝を退社して独立して、ハリウッド資本による『爆走機関車』の製作を断念するところから始まります。その挫折の後にフォックスからの依頼で『トラ・トラ・トラ!』という真珠湾攻撃の映画を作るに当たって、日本側のパートを演出して欲しいという依頼を受け、意欲を持って取り組むも、撮影3週間で降板させられます。その事件の裏に何があったのかを事細かにレポート、検証します。フォックスに撮影日誌や契約書などいろいろな資料が残っていてその分析や、日本側の関係者に取材するなど、ミステリーを解くように話が進みます。

 黒澤明が、プロの役者を使わず、山本五十六に顔が似てる会社の社長など、顔で素人から役者を選んだり、現場で奇行を繰り広げたり、毎日寝ないで酒を飲んで現場に現れたりと、これまで作品作りの方針の食い違いで降ろされたイメージがあったのですが、むしろフォックス側は最後の最後まで黒澤を大切に扱い、尊重していました。ぶち壊したのは黒澤に問題があったことが浮き彫りになります。黒澤の言動や狂いっぷりが覚醒剤中毒の人に近いのでもしかしたらそうだったのではないかと邪推してしまいます。例えば、当時京都の撮影所では東映やくざ映画が作られていて、その出演者が本物のヤクザでないかと怯えてガードマンをつけさせたりしてます。

  『トラ・トラ・トラ!』を製作に当たって、それに至る映画作品が何本か紹介されていました。この本をより立体的に勉強するために関連作品も合わせて見てみました。

・フォックス映画『史上最大の作戦』
 ノルマンディ上陸作戦をアメリカ、イギリス、フランス、ドイツの立場から監督を三人立てて客観的に描く。この映画の成功があって会社とプロデューサーは『トラ・トラ・トラ!』を企画した。3時間に及ぶ超大作で、冒頭の45分はとにかく会議会議で超退屈。軍の将校などが何人もテロップつきで紹介されるが顔も名前もほとんど把握できない。戦闘が始まってからは、迫力のある戦闘場面が延々と続き割りと面白かった。大規模な空撮による1カットの戦闘場面もすごかった。ただ、白黒なのが地味で辛かった。戦闘場面を楽しむだけなら『プライベートライアン』の方がずっと怖くてすごい。

・東宝映画『ハワイ・マレー沖海戦』
 戦争中に製作された戦意高揚映画(なのかな)。黒澤明の師匠である山本嘉次郎監督作品。少年兵が海軍に入り、真珠湾攻撃に参加する模様を描く。それとは全く分断された形で、ドラマの流れとは関係なくマレー沖海戦での勝利も結末に挿入される。海軍が撮影に協力しているので、新兵から寝起きしたり訓練したり、相撲を取ったりしているのが恐らく全部本当の海軍の人たち。軍艦なども本物っぽかった。そのせいか、出撃に際して軍曹みたいな人の演説が丸々全部収録されていて退屈だった。何を言っているのかよく分からなかった。真珠湾攻撃の特撮は円谷英二が担当したそうだ。当時の軍の様子や、反戦でない日本の戦争映画というのが新鮮だったし、海軍の人たちはびしっとしていてかっこよかった。1時間50分くらいだったが貴重映像満載で演説以外はそれほどきつくなかった。それにしても白黒映画はしんどい。

・フォックス映画『トラ・トラ・トラ!』
 黒澤明が降りた後に、舛田利雄、深作欣二が日本パートを撮影して完成させた。これがまた海戦まで1時間以上会議会議の映画だった。合計時間2時間半できつかった。しかしカラーでの迫力ある戦闘場面はよかった。ゼロ戦がアメリカ海軍を滅茶苦茶にしてやるところはよかった。黒澤映画のような重厚さはなかったのだが、そもそもアメリカ側は黒澤担当ではないので、実際黒澤が降りなかったらどうなっていたのか、あまり想像がつかない。日本側の脚本は黒澤のアイデアが採用されているそうなので、黒澤テイストは残っているはずなのだが、黒澤的な感じはよく分からなかった。とにかく戦争場面以外は退屈で死にそうだった。なぜ『朝生』や『サンプロ』の会議は面白いのに、エンターテイメントである映画の会議の場面はつまらないのだろう。

 こんな機会でもなければまず見る機会はないと思って見たけど、きつかった。できれば胸躍るわくわくするような映画が見たい。

 この映画で挫折した黒澤は2年後自殺未遂をして、『どですかでん』を撮り、エンターテイメントに戻って来なくなってしまった。『暴走機関車』は昔ハリウッド映画で見たけどあまり面白くなかった。これが最後のエンターテイメントの企画だったのではないだろうか。ロシア資本、オールロシアロケによる『デルス・ウザーラ』という作品も見ようと思ったのだが近くのレンタル屋にはなかった。残念。

 とにかく、黒澤明がハリウッドでエンターテイメント作品で成功していたらどうなっていたのか、大変悔やまれる結果であった。ちなみにオレが好きな黒澤映画は『野良犬』と『天国と地獄』です。全部見たわけではないですけどね。

 戦争について思うとき、戦争の時代は言論の自由もなくとにかくひどかったというイメージがある。今は軍がなくて、徴兵もなく、自由気ままに生きられていいとされている。しかしアメリカは軍もあるし自由もある。韓国や台湾は兵役があるが、それが終われば割と自由がある。日本も戦争で勝っていたら、割とそんな雰囲気になっていたのではないだろうか。憲兵がいつでも監視しているような世の中にはならないような気がする。それにしてもアメリカはなぜ何をやっても強いのだろう。日本人はとにかく根性で追い込んで追い込んで強さを発揮するイメージがあり、アメリカはエンジョイしながら勝つような雰囲気だ。エンジョイしながら勝たれたら、形無しなのだが、実際のところそのリラックスしたところが強さの秘密なのか。それとも肉体がはるかに優れているから余裕なのだろうか。追い込まないわけでも根性がないわけでもないのだろうか。それでもあんまり我慢しているイメージがない。それを出すのがかっこ悪いという美意識なのか。軍を見ても、日本軍やドイツ軍ほどビシッとしてない。アメリカ軍はどことなくだらっとしている。それで勝つし、そもそも敵から逃げないのが、自由を標榜しているのに不思議だ。

« 緊急チケットプレゼント! | トップページ | サイン会をします »

コメント

時代劇と白黒映画は苦手ですが『野良犬』観てみたいです!
もっと気になるのは以前こちらでおっしゃっていたヤンキーと5対5で喧嘩する話(古泉さん的?七人の侍)です。
アメリカ人の自由っぷりは宗教かなァ?
聖書だかで『人間は自由でないといけない。奴隷にしたり、なったりすることは罪です。働き過ぎも仕事の奴隷なので罪です。』みたいなことが記されていてなるほどと思いました。以降、仕事で疲れたら『私は罪を犯している!(ラクしなくちゃ!)』と思うようになりました。(頑張ってますけどね)
でも(幸せな)天然も多いような気がします。
…かなりの独断ですが(^^;

野良犬は戦後の闇市が舞台の当時の現代ものですので安心してください。こんな生活ぶりの僕ですが、楽をしていると堕落してくような来がして怖くなります。貧乏性です。

TBさせていただきました。

読み終えて、ただただため息でした。
魂、情熱、文化・・・。
いろんなもののぶつかり合い。
読み応え十分でした。

TBありがとうございます! 記事読ませていただきました。とても丁寧な解説で、僕の適当なのとは大違いです。でも本当に面白い本でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162107/12765655

この記事へのトラックバック一覧です: 『黒澤明VSハリウッド』を読んだ:

» 「トラ!トラ!トラ!」監督解任までの軌跡 田草川弘著「黒澤明vsハリウッド『トラ・トラ・トラ!』その謎のすべて」 [本読め 東雲(しののめ) 読書の日々]
黒澤明。 言わずと知れた日本を代表する映画監督。 特に外国の映画関係者の中にこの監督のファンが多く、その事実が、日本人にこの監督に注目させる理由にもなっている。 作品に対して妥協しないその姿勢は、いまや伝説と... [続きを読む]

« 緊急チケットプレゼント! | トップページ | サイン会をします »

連載・活動など

  • メンズエッグユース
    『盛れ鏡』というギャル男マンガ2ページを連載させていただいております。不細工なギャル男が、鏡の中の盛れてるオレにダメ出しされるという変なマンガです。ダメなギャル男でもがんばれ!
  • 難波ロックライダー
    大阪・難波のライブハウス、ロックライダーのフライヤーに四コママンガ『これがロックだぜ!』を毎月掲載や!読んでや! むっちゃええバンドがぎょうさん出とるライブハウスやで!
  • 決定版!XX
    アイドルヲタの妄想四コママンガを毎月掲載していただいております。一時は5ページマンガにまで昇格したのですが、四コマに戻ってしまいました……5ページ昇格目指して頑張ろう!
  • アックス
    毎号さまざまな内容でちょっとしたマンガを描かせていただいております!
  • パスマガジン
    新潟のファッション・サブカル月刊誌です。『ところでここどこ』という2ページの連載を創刊からやらせていただいており、単行本にもなりました!そしていよいよ10年目に突入しております。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitter

おすすめサイト

  • Book of days
     新潟の古町にある輸入雑貨や洋書屋さんです。青林工藝舎のマンガも扱ってくださってます。時折展示や演奏イベントもあります。経営されている帰山さんは私財を投げ打って新潟の文化の発展・向上に貢献されております。ぜひクリスマスや誕生日の贈り物はこのお店で買ってください!!
  • 大内アパート月報
     大内アパートは東京で最後に住んだ下北沢のアパートで西口徒歩1分という立地条件で和室6畳2間キッチン1畳トイレ付き、1階はガレージと書道教室と、騒ぐには格好の物件で、徐々に仲間で占拠して行きました。そんな住人でフリーペーパーを毎月発行して遊んでいたんですよね。アパートは取り壊されて、なくなってしまったのですが、マンガ家のじぇんじぇんが三代目編集長として今も中野で大内アパート月報を半年に一度くらいのペースで発行しています。このサイトはじぇんじぇんが運営していて、僕の大昔のショートマンガも読めますよ。創刊が1994年で、今もこうして存続しているというのは奇跡です。オレも当時は現在と違って仲間とわいわいやるのが好きだったんですね。
  • 青林工藝舎
    隔月漫画誌アックスを出版しています。 『ジンバルロック』を始めたくさん本を作っていただいております。社員のみなさんは自分たちの生活を省みずマンガ出版に命を懸けています。こんなすごい出版社は他にありません。

last.fm

  • last.fm
  • 再生回数