フォト

著作

  • : ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

  • : ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)
    クソ田舎を舞台に駄喧嘩と駄セックスに明け暮れる男の駄冒険マンガです。簡単に言えば空手を習った男が通り魔活動を行ったり変な女とセックスしたりするマンガです。02年から07年くらいまでの生活実感をベースに取材と妄想を練りこんでひねり出しました。大した音も出ない屁みたいな男たちに捧げます。全2巻です。

  • : ピンクニップル

    ピンクニップル
     あんなに憧れたセックスが手に入っても、うっかりしていると砂が指の間からこぼれるようにそのありがたさや存在が失われてしまう。セックスなどという下劣な我欲そのものに一体なぜこんなに心を焦がして夢中になってしまうのか、冷静になるとどうかしているとしか思えないです。だからと言って尊いわけでもなんでもない。オレのこの醜く不潔な性器をその体内に受け入れてくださり、柔らかい肌や可愛らしい乳首をなめさせてくださった、奇跡のように心優しい女の皆さんに感謝とお詫びを込めて描いたマンガです。もっと精いっぱい優しくすればよかった。エロマンガ作品集なので、子供は大人になってから読んでね!

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
    まさかオレが描いたマンガが映画になるなんて! 日本映画のマンガ原作ブームに紛れ込む事に成功した奇跡の映画化です。一流の監督に一流の役者、一流のスタッフに恵まれまったくもったいない事でございます。身に余る光栄です。

  • : ライフ・イズ・デッド

    ライフ・イズ・デッド
    屁みたいな田舎を舞台にしたゾンビマンガです。噛み付き以外に、性感染でゾンビ化するという設定が災いし、とあるメジャー誌ではボツになってしまいこんなマンガは描いてはいけないのだろうかと途方に暮れていたところ漫画アクション編集部でも賛否両論真っ二つだったそうですが、どうにか掲載していただきました。ニートの青年がゾンビになって家族が迷惑するという内容です。ゾンビ研究の大家でいらっしゃる伊東美和さんよりかつてない和ゾンビものであるとご推薦をいただき、またゾンビ好きの人からの評判はいいみたいです。

  • : このマンガを読め! (2007)

    このマンガを読め! (2007)
    その年発売のマンガから特にお勧めのものを紹介する本です。楳図かずお先生と山松ゆうきち先生に挟まれるという光栄極まりない形で長いインタビューを掲載していただいております。

  • : エロ悲しい

    エロ悲しい
    自費で出版した『ピンクニップル』を収録していただいております。石原まこちん先生とエレキコミックの八井さんとの対談やマンガや読み物で充実したエロ悲しい内容です。

  • : これが未来だぜ!

    これが未来だぜ!
     新世紀を迎えて早6年?5年?となっておりますが、果たしてこれが夢見た21世紀なのだろうか。よもや無職の若者の大量発生や少子化、振り込め詐欺やプチ家出が社会問題となっているとは、これでいいのか。とは言え、核戦争後の暴力が支配する荒廃した世界になってなくてよかったと胸をなでおろす次第であり、アトムが生まれる時代を迎えたと思ったらasimoみたいなのしかなかったという思いを込めて描いたゆるいSF&ホラー麻雀マンガのエンターテイメント作品集です。

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
     初の映画化作品でありながら、ほぼ絶版状態というわが身の不徳の致すところとは言えあんまりな状況に青林工藝舎さんがまたも、助け舟を出して下さり、映画が完全に終わる前にどうにか再出版していただきました。版形が小さくなった分、お求めやすくなっております。どうにも誤魔化しきれない愚かさや気の小ささを、素直に適切に把握しておきさえすれば、こんな事にはならずに済んだのに……となる前にぜひともお読みいただければ、こんな本を描いた甲斐があったと言えます。つい自分を大きく見せたいと思ってしまったばかりにケチな犯罪に身をやつす事態に遭遇してしまう、そんなマンガ作品集です。どうあがいてもケチな人生は覆い隠せず、そこは認めて、そこから何ができるのか、現状でのベストを目指すより仕方がないと自戒を込めて言いたいのですが、とにかく生きて行こうではありませんか。そんな気持ちで描いた青春犯罪マンガ作品集です。秋田書店版よりおまけマンガが若干増えております。

  • : 転校生 オレのあそこがあいつのアレで

    転校生 オレのあそこがあいつのアレで
    高校生カップルの性器が入れ替わり女性器を持った男子、男性器を持った女子が珍騒動を繰り広げると言った変態マンガです。初のメジャー作品で、こんな飛び道具的な設定のお陰で連載時には読者アンケートで最高で3位を記録しました。このマンガを描くために池袋の肛門性感でカマを掘られてきた甲斐があったというものです!

  • : チェリーボーイズ

    チェリーボーイズ
    始めて描いた長編マンガです。童貞の青年が三人集まって非合法的な手段で童貞を棄てようと作戦を企てるというお話です。いつも構成には気を使うのですが、自作の中で最も構成がうまくいった作品です。テーマは最低ですが、その中で友情、努力、勝利を描こうと思いました。こんなマンガを描いたせいで童貞だと思われているのが癪に障ります。

  • : 死んだ目をした少年

    死んだ目をした少年
    生きているとしんどいこともあるもので、30をとっくに過ぎて中学生の気持ちというか、自分が最も嫌々生きていた時代である中学くらいの気持ちとシンクロした時の感覚を逃さないように、マンガにしようと思いました。その感じを最大限表現できたら、破綻していたり作品としての完成度は低くても構わないくらいの気持ちで描いたのですが、案外すっきり構成できました。非常にスケールの小さいファイトクラブといった内容です。(2005年3月発売)

  • : ミルフィユ

    ミルフィユ
    20代に描いた恋愛とセックスのマンガ作品集です。30代後半の今、読み返して気恥ずかしいのは、よくも悪くも今よりももっと純粋だった頃の恋愛観が濃縮されているからであります。端的に言えば暗中模索しつつも今よりずっと女性を大切に思っておりました。タイトルは今は辞めてしまった家業のお菓子屋に対して当時抱いていた熱意の表れです。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.23)

    青林工芸舎: アックス (Vol.23)
    『チェリーボーイズ』最終回を記念しての小特集で、杉作J太郎先生と対談をさせていただきました。J太郎先生の童貞話は筋がビシッと通ったラジカルなものでとても面白いですよ。おまけで童貞大百科もついてます。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.14)

    青林工芸舎: アックス (Vol.14)
    ジンバルロックの発刊を記念して特集を組んでいただきました。マンガは短編『真夜中の聖火ランナー』(『青春★金属バット』収録)が掲載となっています。編集のSさんに新潟に来ていただいて、『ジンバルロック』の舞台となった母校やゲーセンなどの写真や、当時は実家の仕事をやっていることなど今読むと恥ずかしいインタビューも掲載されております。

  • 青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)

    青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)
    小特集で取り上げていただきました。ジンバルロックが始まったばかりで、まだ東京に住んでいる時の自宅取材とインタビューが掲載されております。汚い部屋でこたつでマンガを描いている写真や、仲間と作っていたフリーペーパー、大内アパート月報まで載っています。

  • : ジンバルロック

    ジンバルロック
    2000年発売の初めての単行本です。 高校時代を華々しい物語やなにやら叙情的なものとして捕らえたい風潮がありますが、そういうのに水をぶっかけるようなお話です。簡単に言えばしょぼくてせこい内容です。取るに足らない地味な内容でどれだけエンターテイメントを成立させられるかという試みでもありました。どのページも最低何か一つはどんなささいなことでも面白いことを盛り込もうと努めました。こんなマンガなのでどう紹介したらいいものか、簡単に言うと「普通の高校生がぐずぐずするマンガ」などと言ってしまい、全く読む気を殺いでしまいます。売り要素の伝わりづらさがオレのマンガの売れない原因だと思います。

   


  • あわせて読みたい

無料ブログはココログ

三平映画館

« 実話ナックルズ1月号 | トップページ | 『このマンガがすごい! 2007年オトコ版』 »

2006年12月12日 (火)

山形に行って来た

 すっかり告知するのも忘れていたのですが、第5回山形自主制作映像祭というイベントで2年前に作った『巨大戦闘メカ ガロハロ』という映画を上映していただいて、それに出席してまいりました。

 それから忘れないうちに告知をしますと、今週の金曜日に佐藤広一さん率いるあどりぶシアターの上映会でオレの『ゾンビの森』も上映していただく事となってます。オレは残念ながら新潟の『青春☆金属バット』上映の最終日なので行けませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

12月15日(金) 18:30開場 19:00開演
カフェ デ りぶる(山形市荒楯町1-12-30)
ワンドリンク付き800円

 『にいがたインディーズムービーフェスティバル』みたいなのかと思っていたら、そうではなくて、県内外の選考された約10本の作品を午後から夕方まで上映していました。なので全然拷問みたいなのではなく、お客さんは入場料800円を払ってわざわざ見に来てくれていたのでした。会場は300人を収容する巨大なホールでスクリーンも普通の映画館よりでかいのではないかというくらい立派でした。150人もの来場者がありました。パンフレットもえらくきちんとしたものでした。

 それを先に言ってくれ! そうやって見るとオレの映画のひどいのなんのって本当に申し訳ないゴミのようなものでありました。読者さんには免疫があったり、マンガ版と比較して楽しんでもらえたりするので、まあ甘えさせてもらっても平気かなと、それでもビクビクしてるわけですよ。それが、日曜日の昼下がりに小さなお子さんもいらっしゃる映画祭で……アンケートにもひどいとか、下手とか散々書かれておりました。まったく釈明できません。

 中山勇樹監督の『マッドメン』という作品がひどく面白くてゲラゲラ笑いました。木造アパートを舞台に繰り広げられる人造人間と博士の掛け合い漫才のようなやり取りがすごく面白かったです。東京ネットムービーフェスティバルでグランプリを受賞された作品だそうでした。

 そんな行事があったのですが、その日は偶然にも銀杏BOYZの峯田さんが実家の峯田電気でアコースティックソロライブと『恋と退屈』サイン会もありました。場所をヤフーの地図で見ると上映会の会場であるビッグウィングと山辺の峯田電気は10キロくらいしか離れていなかったので、ビッグウィングに行く前に寄ってみました。

 行くとお母さんと妹さんらしき人が峯田電気から出てくるところで「和伸さんにお世話になっている、新潟の古泉という者です」と言うと「2時から始まるから待っててね」と軽く門前払いされました。近くでマネージャーの斉藤さんが携帯で話していたので、「どうも!」と挨拶すると、峯田さんが同級生と話している峯田電気の2階の会議室のようなところに案内してくださった。「峯田のおどろく顔を撮りましょう」と斉藤さんがビデオカメラを回すのでドアが開いて峯田さんが出てきたところで「ばあ!」と驚かせたら、冷静に「ばあって……」と言われた。

 山辺駅の脇の駐車場の角に峯田電気の軽トラックが留められ、その上がステージでした。電気屋さんなので機材がやたらと充実していると思ったらミキサーは峯田さんのお父さんが調整してました。お父さんは『もうかりマンデー』で見た事があった人でした。峯田さんが音量が大きすぎないかと心配すると、お父さんは大丈夫だとアグレッシブに上げていました。音が柔らかく澄んでいてうっすらと反響して、ライブハウスよりいいと峯田さんが言いました。

 上映会が始まるので、ライブの前に会場に向かいました。峯田電気の後を継いでいる弟さんはオレの本を全部読んでいるとの事だったので車に積んであった『ところでここどこ』を1冊プレゼントしました。妹さんは、スピードワゴンの小沢がラジオで「かわいい」と絶賛していたので、気になっていたところですが本当にかわいかったです。弟さんも妹さんも峯田さんにそっくりでした。

 上映会の打ち上げでは、知ってる人が主催の佐藤さんしかいないので、そもそもの飲み会嫌いもあって、コップに残ったビールの水面に起こる波紋をただ見つめて過ごすことになったら嫌だなーと思っていました。ところが、山形の皆さんはけっこうオレのマンガを読んでいて下さって、本を取り出してサインと似顔絵を求めてくださるので、間が持つんだったらなんでもやらせていただく所存で一所懸命やりました。そうなるとオレも調子こいて、女子にも男子にもセクハラをしてからかって楽しくさせていただいた。

 主催の佐藤広一さんのお宅に泊めていただきました。佐藤さんは山形市の隣の天童市に住む映像作家で、天童市のテレビCMも手がけてました。昨年山形国際ムービーフェスティバルで受賞してスカラシップで予算が出て今年『隠し砦の鉄平君』という映画を撮り、それが現在蔦屋などでもレンタルで稼動しています。DVDも発売中です。佐藤さんのお宅は離れがあって、そこが映画作りの会合場所や友達が宿泊する施設となってました。こたつで弟の直樹さんと3人で話しているうちにうたた寝していたら、佐藤さんが布団を敷いてくれてました。

 朝、起きると弟さんが出勤の前に食事を急いでしているところで、お父さんとお母さんが朝食を進めてくださいました。うちは父が死んでかれこれ7年にもなり、年配のお父さんのような人と居間のコタツで食事をするなんて事はそれこそずっとなかったので、なんだかじんじんして涙が出そうでした。見ず知らずのこんな中年男を暖かく迎えてくださった佐藤一家にはどんなお礼をしたらいいのか分からないのでとりあえずお菓子を送ろうと思いました。

 朝食後、近所を一人で散歩したら道に迷って遭難しかけました。

 前から、友達や従兄弟が山形大学に進学したり、後藤真希ちゃんのコンサートで山形県民会館に行ったら隣のヲタが飴をくれたり、銀杏BOYZや阿部和重さんの出身地と言った事があり、山形には興味があったのですが、こうなって来るとますます関心が広がりました。峯田電気の周りや佐藤さんちのあたりは本当に、スカスカな田舎でオレはそういう景色が本当に落ち着く。うちから150キロくらいしか離れてないのに、高速がないから3時間も掛かります。何かあったらなるべく足を運んでみたいところです。

« 実話ナックルズ1月号 | トップページ | 『このマンガがすごい! 2007年オトコ版』 »

コメント

 遅ればせながら、「ところでここどこ」を福岡市内のビレッジバンガードで購入しました。
 峯田さんをはじめ、対談が充実していて、古泉先生の他の単行本よりも読み終わるまで時間がかかり、お得な感じがしました。もちろん、マンガも面白かったです。
 世の中にはマンガをまったく読まない人もいるでしょうから、PASマガジンの読者の中には、読んでいるマンガは「ところでここどこ」だけという人が、何人かはいるかもしれません。そういう人がどんな感想を持っているのか、大変興味深いです。
 ダイノジとの対談の写真で、若作りをしている姿に衝撃を受けたことを最後に付け加えさせてもらいます。

 どうもありがとうございます。新潟にはこれしか見ないなんて人もいるかもしれません。アンチコミック的なものばかりなので、大丈夫でしょうか。むしろ辺境のマンガです。ダイノジの対談の時は今よりずっと若かったんですよ。メロン記念日のタンクトップは全くどうかしてました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162107/13038078

この記事へのトラックバック一覧です: 山形に行って来た:

« 実話ナックルズ1月号 | トップページ | 『このマンガがすごい! 2007年オトコ版』 »

連載・活動など

  • メンズエッグユース
    『盛れ鏡』というギャル男マンガ2ページを連載させていただいております。不細工なギャル男が、鏡の中の盛れてるオレにダメ出しされるという変なマンガです。ダメなギャル男でもがんばれ!
  • 難波ロックライダー
    大阪・難波のライブハウス、ロックライダーのフライヤーに四コママンガ『これがロックだぜ!』を毎月掲載や!読んでや! むっちゃええバンドがぎょうさん出とるライブハウスやで!
  • 決定版!XX
    アイドルヲタの妄想四コママンガを毎月掲載していただいております。一時は5ページマンガにまで昇格したのですが、四コマに戻ってしまいました……5ページ昇格目指して頑張ろう!
  • アックス
    毎号さまざまな内容でちょっとしたマンガを描かせていただいております!
  • パスマガジン
    新潟のファッション・サブカル月刊誌です。『ところでここどこ』という2ページの連載を創刊からやらせていただいており、単行本にもなりました!そしていよいよ10年目に突入しております。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitter

おすすめサイト

  • Book of days
     新潟の古町にある輸入雑貨や洋書屋さんです。青林工藝舎のマンガも扱ってくださってます。時折展示や演奏イベントもあります。経営されている帰山さんは私財を投げ打って新潟の文化の発展・向上に貢献されております。ぜひクリスマスや誕生日の贈り物はこのお店で買ってください!!
  • 大内アパート月報
     大内アパートは東京で最後に住んだ下北沢のアパートで西口徒歩1分という立地条件で和室6畳2間キッチン1畳トイレ付き、1階はガレージと書道教室と、騒ぐには格好の物件で、徐々に仲間で占拠して行きました。そんな住人でフリーペーパーを毎月発行して遊んでいたんですよね。アパートは取り壊されて、なくなってしまったのですが、マンガ家のじぇんじぇんが三代目編集長として今も中野で大内アパート月報を半年に一度くらいのペースで発行しています。このサイトはじぇんじぇんが運営していて、僕の大昔のショートマンガも読めますよ。創刊が1994年で、今もこうして存続しているというのは奇跡です。オレも当時は現在と違って仲間とわいわいやるのが好きだったんですね。
  • 青林工藝舎
    隔月漫画誌アックスを出版しています。 『ジンバルロック』を始めたくさん本を作っていただいております。社員のみなさんは自分たちの生活を省みずマンガ出版に命を懸けています。こんなすごい出版社は他にありません。

last.fm

  • last.fm
  • 再生回数