フォト

著作

  • : ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

  • : ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)
    クソ田舎を舞台に駄喧嘩と駄セックスに明け暮れる男の駄冒険マンガです。簡単に言えば空手を習った男が通り魔活動を行ったり変な女とセックスしたりするマンガです。02年から07年くらいまでの生活実感をベースに取材と妄想を練りこんでひねり出しました。大した音も出ない屁みたいな男たちに捧げます。全2巻です。

  • : ピンクニップル

    ピンクニップル
     あんなに憧れたセックスが手に入っても、うっかりしていると砂が指の間からこぼれるようにそのありがたさや存在が失われてしまう。セックスなどという下劣な我欲そのものに一体なぜこんなに心を焦がして夢中になってしまうのか、冷静になるとどうかしているとしか思えないです。だからと言って尊いわけでもなんでもない。オレのこの醜く不潔な性器をその体内に受け入れてくださり、柔らかい肌や可愛らしい乳首をなめさせてくださった、奇跡のように心優しい女の皆さんに感謝とお詫びを込めて描いたマンガです。もっと精いっぱい優しくすればよかった。エロマンガ作品集なので、子供は大人になってから読んでね!

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
    まさかオレが描いたマンガが映画になるなんて! 日本映画のマンガ原作ブームに紛れ込む事に成功した奇跡の映画化です。一流の監督に一流の役者、一流のスタッフに恵まれまったくもったいない事でございます。身に余る光栄です。

  • : ライフ・イズ・デッド

    ライフ・イズ・デッド
    屁みたいな田舎を舞台にしたゾンビマンガです。噛み付き以外に、性感染でゾンビ化するという設定が災いし、とあるメジャー誌ではボツになってしまいこんなマンガは描いてはいけないのだろうかと途方に暮れていたところ漫画アクション編集部でも賛否両論真っ二つだったそうですが、どうにか掲載していただきました。ニートの青年がゾンビになって家族が迷惑するという内容です。ゾンビ研究の大家でいらっしゃる伊東美和さんよりかつてない和ゾンビものであるとご推薦をいただき、またゾンビ好きの人からの評判はいいみたいです。

  • : このマンガを読め! (2007)

    このマンガを読め! (2007)
    その年発売のマンガから特にお勧めのものを紹介する本です。楳図かずお先生と山松ゆうきち先生に挟まれるという光栄極まりない形で長いインタビューを掲載していただいております。

  • : エロ悲しい

    エロ悲しい
    自費で出版した『ピンクニップル』を収録していただいております。石原まこちん先生とエレキコミックの八井さんとの対談やマンガや読み物で充実したエロ悲しい内容です。

  • : これが未来だぜ!

    これが未来だぜ!
     新世紀を迎えて早6年?5年?となっておりますが、果たしてこれが夢見た21世紀なのだろうか。よもや無職の若者の大量発生や少子化、振り込め詐欺やプチ家出が社会問題となっているとは、これでいいのか。とは言え、核戦争後の暴力が支配する荒廃した世界になってなくてよかったと胸をなでおろす次第であり、アトムが生まれる時代を迎えたと思ったらasimoみたいなのしかなかったという思いを込めて描いたゆるいSF&ホラー麻雀マンガのエンターテイメント作品集です。

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
     初の映画化作品でありながら、ほぼ絶版状態というわが身の不徳の致すところとは言えあんまりな状況に青林工藝舎さんがまたも、助け舟を出して下さり、映画が完全に終わる前にどうにか再出版していただきました。版形が小さくなった分、お求めやすくなっております。どうにも誤魔化しきれない愚かさや気の小ささを、素直に適切に把握しておきさえすれば、こんな事にはならずに済んだのに……となる前にぜひともお読みいただければ、こんな本を描いた甲斐があったと言えます。つい自分を大きく見せたいと思ってしまったばかりにケチな犯罪に身をやつす事態に遭遇してしまう、そんなマンガ作品集です。どうあがいてもケチな人生は覆い隠せず、そこは認めて、そこから何ができるのか、現状でのベストを目指すより仕方がないと自戒を込めて言いたいのですが、とにかく生きて行こうではありませんか。そんな気持ちで描いた青春犯罪マンガ作品集です。秋田書店版よりおまけマンガが若干増えております。

  • : 転校生 オレのあそこがあいつのアレで

    転校生 オレのあそこがあいつのアレで
    高校生カップルの性器が入れ替わり女性器を持った男子、男性器を持った女子が珍騒動を繰り広げると言った変態マンガです。初のメジャー作品で、こんな飛び道具的な設定のお陰で連載時には読者アンケートで最高で3位を記録しました。このマンガを描くために池袋の肛門性感でカマを掘られてきた甲斐があったというものです!

  • : チェリーボーイズ

    チェリーボーイズ
    始めて描いた長編マンガです。童貞の青年が三人集まって非合法的な手段で童貞を棄てようと作戦を企てるというお話です。いつも構成には気を使うのですが、自作の中で最も構成がうまくいった作品です。テーマは最低ですが、その中で友情、努力、勝利を描こうと思いました。こんなマンガを描いたせいで童貞だと思われているのが癪に障ります。

  • : 死んだ目をした少年

    死んだ目をした少年
    生きているとしんどいこともあるもので、30をとっくに過ぎて中学生の気持ちというか、自分が最も嫌々生きていた時代である中学くらいの気持ちとシンクロした時の感覚を逃さないように、マンガにしようと思いました。その感じを最大限表現できたら、破綻していたり作品としての完成度は低くても構わないくらいの気持ちで描いたのですが、案外すっきり構成できました。非常にスケールの小さいファイトクラブといった内容です。(2005年3月発売)

  • : ミルフィユ

    ミルフィユ
    20代に描いた恋愛とセックスのマンガ作品集です。30代後半の今、読み返して気恥ずかしいのは、よくも悪くも今よりももっと純粋だった頃の恋愛観が濃縮されているからであります。端的に言えば暗中模索しつつも今よりずっと女性を大切に思っておりました。タイトルは今は辞めてしまった家業のお菓子屋に対して当時抱いていた熱意の表れです。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.23)

    青林工芸舎: アックス (Vol.23)
    『チェリーボーイズ』最終回を記念しての小特集で、杉作J太郎先生と対談をさせていただきました。J太郎先生の童貞話は筋がビシッと通ったラジカルなものでとても面白いですよ。おまけで童貞大百科もついてます。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.14)

    青林工芸舎: アックス (Vol.14)
    ジンバルロックの発刊を記念して特集を組んでいただきました。マンガは短編『真夜中の聖火ランナー』(『青春★金属バット』収録)が掲載となっています。編集のSさんに新潟に来ていただいて、『ジンバルロック』の舞台となった母校やゲーセンなどの写真や、当時は実家の仕事をやっていることなど今読むと恥ずかしいインタビューも掲載されております。

  • 青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)

    青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)
    小特集で取り上げていただきました。ジンバルロックが始まったばかりで、まだ東京に住んでいる時の自宅取材とインタビューが掲載されております。汚い部屋でこたつでマンガを描いている写真や、仲間と作っていたフリーペーパー、大内アパート月報まで載っています。

  • : ジンバルロック

    ジンバルロック
    2000年発売の初めての単行本です。 高校時代を華々しい物語やなにやら叙情的なものとして捕らえたい風潮がありますが、そういうのに水をぶっかけるようなお話です。簡単に言えばしょぼくてせこい内容です。取るに足らない地味な内容でどれだけエンターテイメントを成立させられるかという試みでもありました。どのページも最低何か一つはどんなささいなことでも面白いことを盛り込もうと努めました。こんなマンガなのでどう紹介したらいいものか、簡単に言うと「普通の高校生がぐずぐずするマンガ」などと言ってしまい、全く読む気を殺いでしまいます。売り要素の伝わりづらさがオレのマンガの売れない原因だと思います。

   


  • あわせて読みたい

無料ブログはココログ

三平映画館

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

『ライフ・イズ・デッド』届きました

 『ライフ・イズ・デッド』の単行本が本日発売となり、うちにも先ほど著者分が届きました。Imgp1029
 今回も井上則人さんによる怖くてエロくてポップなデザインをいただき、日本一のゾンビ研究家でいらっしゃる伊東美和さんにご推薦いただきました。タコシェの店員でもある伊東さんにはネームの段階からご意見いただき、本当にお世話になりました。

 伊藤さんは古今東西のありとあらゆるゾンビ映画を見尽くしてこのようなすごい本をまとめていらっしゃいます。しかもその9割が駄作であったという頭の下がるリサーチの鬼っぷり! まさしく偉業です。

続きを読む "『ライフ・イズ・デッド』届きました" »

2007年2月27日 (火)

『ライフ・イズ・デッド』明日発売です!

 昨年は丸々『ライフ・イズ・デッド』だったと言っても過言ではなく、それがようやく本という形となってお読みいただける事となりました。9冊目の単行本です。表紙は、こんな場面ないので後からクレームが来そうですが、そこは商売!売り場で注目されんがためであります。以前こちらのブログで勝手に紹介させていただき、瞬く間に去年を代表する大ヒットマンガとなった『鈴木先生』の2巻も同時に発売となります。現在も漫画アクション誌上で大好評連載中で、『鈴木先生』は中身が激烈に面白ければ地味な表紙(すみません)でも売れる事を完全に証明しており、全く恥ずかしい。でもこっちは恥も外聞も知ったことではないです。本当はそんなの気にしない、だって商売人のせがれだもん。

 Photo_4
 という事で実家の「お菓子の古泉」では昨日より売り出し中で、いろいろお買い得な商品取り揃えております。お近くの皆さんぜひ買い物にいらして下さいね。日替わりサービスを3月5日までやってます。以前はこういうチラシをオレは作っていたんですけど、その際はパソコンを使ってカラーで写真もたっぷり使ってました。当時は今と違って店ももう一店舗あって、従業員も倍以上いたんですよ。マンガ専業にしてからよっぽど手が足りない時以外は手伝わなくなって、母も気を使ってくれてます。ですが、一色刷りのシンプルなチラシを見るにつけ申し訳ない気持ちになります。こんなのは単なる感傷で、だったらチラシくらい作ればいいじゃんという話なのですが、いざとなるとこっちの仕事との兼ね合いもあり腰が上がりません。なんかいい方法ないかな。真剣に考えてないので何も思いつかない。うちのお菓子おいしいですよ。

 とにかく売れないことには明日がないじゃないですか。今までさっぱり売れてないのでこれまでやって来れているのが不思議! 赤字にならない程度には売れているという話は聴いた事があるのですが、これでは背中が冷たくて仕方がない。ゾンビみたいにしぶとく生き残りたいですね。ゾンビは死んでるんですけどね。

2007年2月26日 (月)

PRIDE 33 second coming

 プライドアメリカ第2回大会をスカパーPPVで見ました。いつも高額な料金を払って録画して編集してDVDにダビングしても、見返しもせずその後何がどうだったのか跡形もなく忘れてしまうので、今回より試合の感想を記録する事とします。そう思って見ると、どう文章にしようかなといつもと違う神経を使って見るので見方が変わって面白かったです。試合結果を含みますので、これから試合を見ようという人は絶対に読まないで下さいね。

続きを読む "PRIDE 33 second coming" »

2007年2月23日 (金)

フィーバーズのライブだよ!

 我がフィーバーズに所属しているドラムのたかべえさんが、ライブを企画してくれて、オレなんかも出演させていただける事になりました。

「馬馬虎虎 vol.1」
3月3日 渋谷屋根裏
24:00~ 1500円+1drink

00:00~00:30 DJ
00:30~01:10 モノアイ(新潟) 
01:10~01:30 DJ 
01:30~0:2:10 フィーバーズ(新潟/東京)
02:10~03:10 Ozmzo aka Sammy(Real Grooves)
03:10~03:50 ground cover(東京)
03:50~04:10 DJ
04:10~04:50 かならズ
04:50~07:00 DJ とか

 38歳のおじちゃんにはちょっと厳しいオールナイトイベントですがここは気合の見せ所、頑張ります! ご来場を予定されている皆さんはぜひともお昼寝をたっぷり取っていらしてね。1番最初のバンドのモノアイは新潟が誇るジャズバンドでかっこいいですよ。この度CDの発売となり、ライナーに2ページマンガを描かせていただいております。4時からのバンド、かならズはたかべえさんのバンドなので絶対見ましょう。眠いからって帰っちゃダメですよ!

続きを読む "フィーバーズのライブだよ!" »

2007年2月21日 (水)

質より機能

 大画面テレビや地デジなんてまだ2年は早いと常に警戒しているのですが、テレビの調子が悪くなって来た。95年製のシャープ、28型ワイド、テレビデオです。28型!ワイド!とそれまで使っていた25型から変えたところ、実際3:4画面をワイドで見ると、横広がりで気持ち悪いじゃないですか、それでスタンダードにすると左右が4センチずつ黒いバーとなり、結果的に25型より小さい画面になってしまいます。なんだかな。

 両親が離れに置いていて、あまり使ってなかったのを貰い受けたのですが、当時はけっこうな値段がしたはずです。フラット画面が一般化されるちょっと前でぼっこりしてます。かれこれ6年くらい酷使してます。オフタイマーがないので、寝てる間つけっぱなしなんてこともしょっちゅうです。電気ももったいないですよね。

 そんな28型ワイド画面テレビデオですが音声が時折片方からしか出ていないようなブツブツと広がったり狭まったりするようになりました。これを買い換えるとなるとVHSのデッキもまだまだ使うので、別に必要になるし、何かと面倒です。コンセントも必要になるし、それになによりいろいろ配線してますからね、それをやり直すと思うと億劫で仕方がない。一日掛りの仕事になります。今のテレビの修理にしてもお金と配線手続きの手間を考えると買い替えたくなります。

続きを読む "質より機能" »

2007年2月19日 (月)

昨日TBSラジオ『日曜日の秘密基地』に出た

 日曜日午後1時から放送している伊集院光さんの番組です。そうは言っても、関東ローカル番組なのでオレはまだ聴けてません。それに、リスナークイズになっているコーナーへの一般申し込みで出させていただいたので、事前に自慢も宣伝もできず実に苦しかったです。

 伊集院光さんには以前、昨年絶交を解いた友達と一緒にTBSラジオで『深夜の馬鹿力』の出待ちを試みて、敢え無く伊集院さんの乗ったタクシーが目の前を通り過ぎていくという失敗があって、その後リスナーとして地道な贈り物などして『チェリーボーイズ』の帯で照会文を頂戴し、更にその後日大芸術学部の学園祭で出待ちをしてお礼を述べつつ自己紹介したら移動の車に乗せていただいたというのが確か2002年の事であったと思います。当時はまだリスナー暦も3年くらいのにわかファンでした。今はもう丸6年と、『深夜の馬鹿力』初回から2000年の7月まで聞き込んでいるので、そんなに恥ずかしいものでもないですよ。それになんと言っても昨年『渡辺校長の平成ハレンチ学園』で投稿が読まれて、番組特製トレーディングカードもいただきました!

 要は、『日曜日の秘密基地』における『打った勝ったで大売出し』のコーナーで『青春★金属バット』のDVD発売を宣伝させていただくのに、かこつけて伊集院さんにお会いしたいと、それがメインの目的でした。単なるキモリスナーがどうにか口実をこしらえて、いろいろな人に協力をお願いして東京まで出かけて行ったというのが本当のところです。

続きを読む "昨日TBSラジオ『日曜日の秘密基地』に出た" »

2007年2月18日 (日)

『青春★金属バット』DVDの見本が届いた

Imgp1027
 左がレンタル用で、右が特典たっぷりのDVDもついた2枚組みの販売用です。いよいよ21日に発売、レンタル開始です! どうぞよろしくお願いいたします!!

 これで映画『青春★金属バット』絡みの行事は全部終わりになると思うと寂しいものがあります。確定申告の計算していたんですけど、去年は映画もあって19回も上京してました。新幹線代もったいない! 何かいい方法を考えないと良くないです。3回上京した月も2回ありましたよ。東京に住むよりは断然お金は掛かってないですが、それでもちょっと半端じゃないです。

 アマゾンで予約も始まってますよ!

続きを読む "『青春★金属バット』DVDの見本が届いた" »

2007年2月15日 (木)

小林邦明対斉藤彰俊 大田区体育館

 ミスター高橋本でも三大ガチンコ試合として上げられていたと思う試合ですが、オレは当時東京で働いていて、新日本プロレスに乗り込んで来た青柳館長率いる誠心会館軍団の不穏な雰囲気がとても気になって、いても立ってもいられず、職場の伊崎さんと一緒にバイクで仕事の後、大田区体育館に行ったものでした。

 ノーTVでしたからね、これは見に行かなければならないと強く思いました。今ほどざっと調べてみたら92年の冬だったみたいです。

続きを読む "小林邦明対斉藤彰俊 大田区体育館" »

2007年2月13日 (火)

スカパーのセット

 総合格闘技とプロレスのファン層は被っているようで、現に『kamipro』はプロレス雑誌で総合の比率も高い。オレは元はと言えば、小林邦明と斉藤明俊の初の一騎打ち試合をノーTVだからと大田区体育館に見に行った程のプロレス好きだった。しかしオレはミスター高橋の暴露本のせいでプロレスに興味がすっかりなくなってしまい、今ではプロレスの記事は読みません。それで、スカパーのお得なチャンネルのセットで、プロレスと格闘技が一緒になっているのがとても困る。プロレス格闘技セットなんですけど、プロレス11団体に対して格闘技3団体なので、契約しづらいです。

 以前はもっと熱心に総合格闘技を見ていて、パンクラスのためにスカイAに入ったりもしてました。録画がたまって辛くなったので止めました。リングスみるためにWOWOWにも加入してたのですが、加入直後にリングスがなくなってしまい、3試合くらいしか見ませんでしたが。

 今ではボクシングやK-1のテレビ中継はなるべく漏れなく見てます。ただ、新潟は東京と番組編成が違って、放送されない試合もあって困ります。

続きを読む "スカパーのセット" »

2007年2月12日 (月)

『個性を捨てろ!型にはまれ!』三田紀房

 『ドラゴン桜』でおなじみの三田先生執筆によるビジネス本で、オレはビジネス本なんて買った事ないのですが、思わずタイトル買いしてしまいました。そういう三田先生のマンガは思いっきり他に類を見ない個性的な絵がらなんですけど、それは個性ではなく、単に不器用さによる結果で、自由自在に思い通りに描けていたらあんまりオリジナリティがなかったのではないでしょうか。三田先生は初めてマンガを描くに当たって、自分に真似できそうなプロの絵を徹底して真似したと書いてありました。どれだけ似てたのかすごく気になります。

続きを読む "『個性を捨てろ!型にはまれ!』三田紀房" »

2007年2月 9日 (金)

『どうにもならない夜』

 発売中の漫画アクション4号に読みきりマンガ『どうにもならない夜』を掲載していただいております。『新しい絶望』に始まる竹夫シリーズ第3弾で、やっぱりひどい話となっております。Imgp1025Imgp1024

続きを読む "『どうにもならない夜』" »

2007年2月 5日 (月)

オレには夢がある

 皆さんはその昔一世を風靡したサン出版発行の『投稿写真』という雑誌を覚えておられるでしょうか。アイドルの写真投稿や、目撃情報、男子の初体験やエロ体験などのレポート、面白いエロ企画記事、文章の面白いライターさんの記事などなどで構成された本当に楽しい雑誌でした。84年創刊で99年か00年くらいに『トップスピード』と雑誌名が版形が変わって(A5から変形のA4に)、2~3年前くらいに休刊になってしまったような記憶であるのですが、何しろ物覚えが悪いので違っているかもしれません。去年あたり、サン出版発行で全く違う普通の投稿エロ本として『投稿写真』をエロ書店で見かけたのですが、今も出ているのでしょうか。

 その『投稿写真』と『トップスピード』の編集長であられた堀川編集長が現在お作りになっている『マガジンバン』という人妻・熟女系エロ本にマンガを描かせていただく事になりまして、現在発売中の3月号で掲載となってます。『セミ・筆下ろし 1984謎の人妻・由美子』という6ページマンガです。Imgp1010_1Imgp1011_1
 現在、人妻・熟女系のエロ雑誌では業界で1・2を争う売り上げだそうです。DVDの付録も付いて580円という安さ! 売り場ではテープで貼り付けて中が確認できないですが、興味のある方はぜひお買い上げください!

  そんな偉大極まりない堀川編集長の下で、お仕事を仰せつかるという光栄をいただき、この仕事を続けていて本当によかったと心から思った次第であります。

続きを読む "オレには夢がある" »

2007年2月 3日 (土)

改めまして、あけましておめでとうございます。

07_2

 なんとか1月中には発送したかったのですが、もう2月ですね。旧正月までにということで、年賀状を発送しました。来年は元日に到着するようにしたいと思います!

続きを読む "改めまして、あけましておめでとうございます。" »

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

連載・活動など

  • メンズエッグユース
    『盛れ鏡』というギャル男マンガ2ページを連載させていただいております。不細工なギャル男が、鏡の中の盛れてるオレにダメ出しされるという変なマンガです。ダメなギャル男でもがんばれ!
  • 難波ロックライダー
    大阪・難波のライブハウス、ロックライダーのフライヤーに四コママンガ『これがロックだぜ!』を毎月掲載や!読んでや! むっちゃええバンドがぎょうさん出とるライブハウスやで!
  • 決定版!XX
    アイドルヲタの妄想四コママンガを毎月掲載していただいております。一時は5ページマンガにまで昇格したのですが、四コマに戻ってしまいました……5ページ昇格目指して頑張ろう!
  • アックス
    毎号さまざまな内容でちょっとしたマンガを描かせていただいております!
  • パスマガジン
    新潟のファッション・サブカル月刊誌です。『ところでここどこ』という2ページの連載を創刊からやらせていただいており、単行本にもなりました!そしていよいよ10年目に突入しております。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitter

おすすめサイト

  • Book of days
     新潟の古町にある輸入雑貨や洋書屋さんです。青林工藝舎のマンガも扱ってくださってます。時折展示や演奏イベントもあります。経営されている帰山さんは私財を投げ打って新潟の文化の発展・向上に貢献されております。ぜひクリスマスや誕生日の贈り物はこのお店で買ってください!!
  • 大内アパート月報
     大内アパートは東京で最後に住んだ下北沢のアパートで西口徒歩1分という立地条件で和室6畳2間キッチン1畳トイレ付き、1階はガレージと書道教室と、騒ぐには格好の物件で、徐々に仲間で占拠して行きました。そんな住人でフリーペーパーを毎月発行して遊んでいたんですよね。アパートは取り壊されて、なくなってしまったのですが、マンガ家のじぇんじぇんが三代目編集長として今も中野で大内アパート月報を半年に一度くらいのペースで発行しています。このサイトはじぇんじぇんが運営していて、僕の大昔のショートマンガも読めますよ。創刊が1994年で、今もこうして存続しているというのは奇跡です。オレも当時は現在と違って仲間とわいわいやるのが好きだったんですね。
  • 青林工藝舎
    隔月漫画誌アックスを出版しています。 『ジンバルロック』を始めたくさん本を作っていただいております。社員のみなさんは自分たちの生活を省みずマンガ出版に命を懸けています。こんなすごい出版社は他にありません。

last.fm

  • last.fm
  • 再生回数