フォト

著作

  • : ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

  • : ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)
    クソ田舎を舞台に駄喧嘩と駄セックスに明け暮れる男の駄冒険マンガです。簡単に言えば空手を習った男が通り魔活動を行ったり変な女とセックスしたりするマンガです。02年から07年くらいまでの生活実感をベースに取材と妄想を練りこんでひねり出しました。大した音も出ない屁みたいな男たちに捧げます。全2巻です。

  • : ピンクニップル

    ピンクニップル
     あんなに憧れたセックスが手に入っても、うっかりしていると砂が指の間からこぼれるようにそのありがたさや存在が失われてしまう。セックスなどという下劣な我欲そのものに一体なぜこんなに心を焦がして夢中になってしまうのか、冷静になるとどうかしているとしか思えないです。だからと言って尊いわけでもなんでもない。オレのこの醜く不潔な性器をその体内に受け入れてくださり、柔らかい肌や可愛らしい乳首をなめさせてくださった、奇跡のように心優しい女の皆さんに感謝とお詫びを込めて描いたマンガです。もっと精いっぱい優しくすればよかった。エロマンガ作品集なので、子供は大人になってから読んでね!

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
    まさかオレが描いたマンガが映画になるなんて! 日本映画のマンガ原作ブームに紛れ込む事に成功した奇跡の映画化です。一流の監督に一流の役者、一流のスタッフに恵まれまったくもったいない事でございます。身に余る光栄です。

  • : ライフ・イズ・デッド

    ライフ・イズ・デッド
    屁みたいな田舎を舞台にしたゾンビマンガです。噛み付き以外に、性感染でゾンビ化するという設定が災いし、とあるメジャー誌ではボツになってしまいこんなマンガは描いてはいけないのだろうかと途方に暮れていたところ漫画アクション編集部でも賛否両論真っ二つだったそうですが、どうにか掲載していただきました。ニートの青年がゾンビになって家族が迷惑するという内容です。ゾンビ研究の大家でいらっしゃる伊東美和さんよりかつてない和ゾンビものであるとご推薦をいただき、またゾンビ好きの人からの評判はいいみたいです。

  • : このマンガを読め! (2007)

    このマンガを読め! (2007)
    その年発売のマンガから特にお勧めのものを紹介する本です。楳図かずお先生と山松ゆうきち先生に挟まれるという光栄極まりない形で長いインタビューを掲載していただいております。

  • : エロ悲しい

    エロ悲しい
    自費で出版した『ピンクニップル』を収録していただいております。石原まこちん先生とエレキコミックの八井さんとの対談やマンガや読み物で充実したエロ悲しい内容です。

  • : これが未来だぜ!

    これが未来だぜ!
     新世紀を迎えて早6年?5年?となっておりますが、果たしてこれが夢見た21世紀なのだろうか。よもや無職の若者の大量発生や少子化、振り込め詐欺やプチ家出が社会問題となっているとは、これでいいのか。とは言え、核戦争後の暴力が支配する荒廃した世界になってなくてよかったと胸をなでおろす次第であり、アトムが生まれる時代を迎えたと思ったらasimoみたいなのしかなかったという思いを込めて描いたゆるいSF&ホラー麻雀マンガのエンターテイメント作品集です。

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
     初の映画化作品でありながら、ほぼ絶版状態というわが身の不徳の致すところとは言えあんまりな状況に青林工藝舎さんがまたも、助け舟を出して下さり、映画が完全に終わる前にどうにか再出版していただきました。版形が小さくなった分、お求めやすくなっております。どうにも誤魔化しきれない愚かさや気の小ささを、素直に適切に把握しておきさえすれば、こんな事にはならずに済んだのに……となる前にぜひともお読みいただければ、こんな本を描いた甲斐があったと言えます。つい自分を大きく見せたいと思ってしまったばかりにケチな犯罪に身をやつす事態に遭遇してしまう、そんなマンガ作品集です。どうあがいてもケチな人生は覆い隠せず、そこは認めて、そこから何ができるのか、現状でのベストを目指すより仕方がないと自戒を込めて言いたいのですが、とにかく生きて行こうではありませんか。そんな気持ちで描いた青春犯罪マンガ作品集です。秋田書店版よりおまけマンガが若干増えております。

  • : 転校生 オレのあそこがあいつのアレで

    転校生 オレのあそこがあいつのアレで
    高校生カップルの性器が入れ替わり女性器を持った男子、男性器を持った女子が珍騒動を繰り広げると言った変態マンガです。初のメジャー作品で、こんな飛び道具的な設定のお陰で連載時には読者アンケートで最高で3位を記録しました。このマンガを描くために池袋の肛門性感でカマを掘られてきた甲斐があったというものです!

  • : チェリーボーイズ

    チェリーボーイズ
    始めて描いた長編マンガです。童貞の青年が三人集まって非合法的な手段で童貞を棄てようと作戦を企てるというお話です。いつも構成には気を使うのですが、自作の中で最も構成がうまくいった作品です。テーマは最低ですが、その中で友情、努力、勝利を描こうと思いました。こんなマンガを描いたせいで童貞だと思われているのが癪に障ります。

  • : 死んだ目をした少年

    死んだ目をした少年
    生きているとしんどいこともあるもので、30をとっくに過ぎて中学生の気持ちというか、自分が最も嫌々生きていた時代である中学くらいの気持ちとシンクロした時の感覚を逃さないように、マンガにしようと思いました。その感じを最大限表現できたら、破綻していたり作品としての完成度は低くても構わないくらいの気持ちで描いたのですが、案外すっきり構成できました。非常にスケールの小さいファイトクラブといった内容です。(2005年3月発売)

  • : ミルフィユ

    ミルフィユ
    20代に描いた恋愛とセックスのマンガ作品集です。30代後半の今、読み返して気恥ずかしいのは、よくも悪くも今よりももっと純粋だった頃の恋愛観が濃縮されているからであります。端的に言えば暗中模索しつつも今よりずっと女性を大切に思っておりました。タイトルは今は辞めてしまった家業のお菓子屋に対して当時抱いていた熱意の表れです。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.23)

    青林工芸舎: アックス (Vol.23)
    『チェリーボーイズ』最終回を記念しての小特集で、杉作J太郎先生と対談をさせていただきました。J太郎先生の童貞話は筋がビシッと通ったラジカルなものでとても面白いですよ。おまけで童貞大百科もついてます。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.14)

    青林工芸舎: アックス (Vol.14)
    ジンバルロックの発刊を記念して特集を組んでいただきました。マンガは短編『真夜中の聖火ランナー』(『青春★金属バット』収録)が掲載となっています。編集のSさんに新潟に来ていただいて、『ジンバルロック』の舞台となった母校やゲーセンなどの写真や、当時は実家の仕事をやっていることなど今読むと恥ずかしいインタビューも掲載されております。

  • 青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)

    青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)
    小特集で取り上げていただきました。ジンバルロックが始まったばかりで、まだ東京に住んでいる時の自宅取材とインタビューが掲載されております。汚い部屋でこたつでマンガを描いている写真や、仲間と作っていたフリーペーパー、大内アパート月報まで載っています。

  • : ジンバルロック

    ジンバルロック
    2000年発売の初めての単行本です。 高校時代を華々しい物語やなにやら叙情的なものとして捕らえたい風潮がありますが、そういうのに水をぶっかけるようなお話です。簡単に言えばしょぼくてせこい内容です。取るに足らない地味な内容でどれだけエンターテイメントを成立させられるかという試みでもありました。どのページも最低何か一つはどんなささいなことでも面白いことを盛り込もうと努めました。こんなマンガなのでどう紹介したらいいものか、簡単に言うと「普通の高校生がぐずぐずするマンガ」などと言ってしまい、全く読む気を殺いでしまいます。売り要素の伝わりづらさがオレのマンガの売れない原因だと思います。

   


  • あわせて読みたい

無料ブログはココログ

三平映画館

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月29日 (日)

最近の音楽あれこれ

 先週はミドリカワ書房のライブ、銀杏BOYZのDVD、それから今月に入ってずっとやっていたituneにある曲を4769曲を全部聴く運動がようやく区切りのつくところまで来たので、そんなこんなについて作文をしてみたいと思います。

続きを読む "最近の音楽あれこれ" »

2007年4月27日 (金)

亀田周辺田中登ガイド

 最近はすっかり田中登監督作品及び日活ロマンポルノにドはまり中で、それと『仁義なき戦い』シリーズを交互に見ているところです。田中登監督作品はなかなかレンタルでないので、アマゾンで買ったのですが、オレが買った先から置いてある店を発見するので衝撃とダメージを受けるわけです。そこで、これから田中登監督作品を楽しもうという、新潟市や亀田に近い人にはぜひ参考にしていただきたい。最近はすっかりアクセス件数が下降線をたどっていて、それは一説によると格闘技やラジオなど読者さんのニーズが全くない記事ばかりを連発していると言われているのですが、今回は更に問題ありです。

 亀田近辺ではビデオ1の品揃えが凄すぎて他の店の追随を許しません。かつてはメディアパワーも相当なものでしたが、VHSを大量処分してコミックレンタルに力を入れ始めてからというもの、映像ソフトでは普通になってしまいました。あくまで駅南店で青山店の事情は分かりません。なのでとにかくビデオ1です。

続きを読む "亀田周辺田中登ガイド" »

2007年4月24日 (火)

WOWOWとは相性が悪い

 UFCにミルコが出る事になっておくればせながらWOWOWに加入しました。以前にも入っていた時期があって、それはRINGSを見るためで、見始めた途端RINGSが終わってしまい、失意のまま契約も止めました。その時そのまま継続していれば相当なUFC通になれていただろうに惜しいことをしました。それでこの度再契約したのですが、UFCを3大会見たきりで、その放送が終了してしまうとの事で、頭に来てまた契約を解除しました。

 スカパーにはプロレス格闘技セットというのがあって、これだとWOWOWの視聴料より安い値段で、2990円で、4チャンネルも見れます。以前、パンクラスを追いかけていた時にあまりに試合が溜まって見切れなくて止めた経験があり、この番組の多さが逆につらいです。とは言え、契約しましたけどね。いついつ何があって、録画しないといけない、忘れたどうしよう、まだ見てなくて辛い、なんてのがすでに憂鬱です。

続きを読む "WOWOWとは相性が悪い" »

2007年4月23日 (月)

5ページマンガ描きました

 ここのところDVDが大好調の銀杏BOYZが自らの歴史をたどるガイド本『ギンナンショック』を2冊同時に出版されます。『GOING STEADYの思い出』というオレとGOING STEADYとの出会いのマンガを5ページで描かせていただきました。上巻の方です。DVD『僕たちは世界を変えることができない』もサンプルで頂戴しているのですが、ここのところヤクザ映画と田中登映画ブームが吹き荒れていて、申し訳ない事に未見でおりました。物事には流れというものがあるなと薄々感づいているのですが、その流れが来たということでこれから、本を読みつつDVDも見ます。デビューのいきさつも面白いですが、GOING STEADY解散の辺りも面白いですね。激動期は面白い。

続きを読む "5ページマンガ描きました" »

2007年4月20日 (金)

これは行った方がいいですよ

『SPIRAL LIFE・吉原家の130年 映像作品上映会at BOOK OF DAYS』
・日時 4月21日(土) 会場19:00~ 開演19:30~
・入場料 300円
・会場 BOOK OF DAYS
新潟市中央区古町通2番町669-2 ダイアパレス古町1F

 新発田で130年の歴史をもつ吉原写真館の秘蔵写真を、映像で公開するイベントです。発売中の雑誌『風の旅人』で巻頭特集されております。僕は先日東京で見てきました。地域や家族について感じ入ってしまうような写真展でしたよ。因縁というと重苦しい言葉ですが、どう目を背けようとしても逃れがたいものじゃないですか。

続きを読む "これは行った方がいいですよ" »

2007年4月17日 (火)

読み切り前後編『時をかける男』

 オレがどれほど大林監督を敬愛しているのか、それはもう大変なものなのであります。『転校生』こそ、初めて見たのはテレビでしたが、『時をかける少女』『さびしんぼう』は直撃で高校生の時見ました。ついでに『愛情物語』や『天国に一番近い島』『野ゆき山ゆき海辺ゆき』(鷲尾いさ子のおっぱい!)や『異人たちとの夏』など大体見てました。DVDでも買ってます。それで、一昨年『転校生』のパロディでマンガを描いたりもしたわけです。

続きを読む "読み切り前後編『時をかける男』" »

2007年4月16日 (月)

映画をたくさん見ました

 去年までは上京の中心となる用件はハロプロ関係のイベントでそれに近い日程のものを予定に組み入れていっておりましたが、それは止めました。人に会う用事もあったりでキツキツの予定だったのですが、今回は初代トークマスターを知人の宅に設置させていただき、ビビる大木さんのTBSラジオの番組を録音するというのがメインの用件で、展覧会を2件回って来ました。ちょうど会おうと思っていた人との予定が合わなくなって時間が空いたので普段しない事をしようと思い、ちょうど阿佐ヶ谷で田中登さんの映画の上映があったので3本見て、大越孝太郎さんの『猟奇刑事マルサイ』出版記念でタコシェでサイン会に行って、バーホーヴェン監督の新作『ブラックブック』を見て帰りました。映画についてこれから書こうと思うのですが、ネタばれに対する配慮はないので、気になる人は読まないでください。

続きを読む "映画をたくさん見ました" »

2007年4月13日 (金)

ラジオを録音するならどれ?

 ラジオ番組の録音失敗は、テレビの録画失敗に並ぶかそれ以上の痛恨の痛手であります。ありとあらゆる手段を尽くしてJUNK2『スピードワゴンのキャラメル on the beach』最終回(4月28日放送)を入手しようとしているのですが全く解決に至っておらず、こんな思いをするのは二度と御免こうむりたいので、本腰を入れてラジオの録音手段に向き合おうと思い至りました。

 今は、基本的にMDラジカセで録音しています。MDLPの4倍モードで320分の録音ができます。これがまた中途半端で困りものです。なぜかというと、新潟はオールナイトニッポンのあとにJUNK2を放送していて、両方録音すると180分となり、二日分録音するには40分不足します。また、MDラジカセはビデオデッキのような細かな設定をいくつもすることができないため、毎日1時から4時まで録音する設定と、土曜日11時半から1時までの2種類しか設定してません。MDを入れ替え忘れると即失敗となりかねません。

 そのため、補助的にサン電子のトークマスターⅡも使ってます。これはSDカードに録音できて、うちの場合はトータル48時間録音する設定にして使ってます。ところが、今回起こったエラーでは、入れ替えた時点から全く動いておらず、そのため録音に失敗してしまいました。こんな悲劇は二度と繰り返したくありません。

 最新のラジオサーバーの購入も含めてじっくり検討してみたいと思います。

続きを読む "ラジオを録音するならどれ?" »

2007年4月 9日 (月)

PRIDE.34見ました

 仕事が差し迫っているというのに、結果を知ってしまうと面白くないのでPRIDE.34見てしまいました。また選挙も盛り上がっていたせいで、桜花賞とwowowのUFCの放送をすっかりスルーしてしまいました。

 PRIDEは榊原代表の退陣ということで、あたかもPRIDEが最終回であるかのようなお葬式みたいなムードでした。ほぼ全選手が榊原代表にはなむけの言葉を述べてましたが、こんなの紙プロ読んでない人には理解できるんでしょうか。裏方の事情がこんなに表に出るとは、反選手会同盟みたいに解釈すればいいんですかね。

続きを読む "PRIDE.34見ました" »

2007年4月 8日 (日)

東京に展覧会見に行きます

 来週は偶然にもお世話になっている人の展覧会が東京で同時期に開催されているので、足を運ぼうと思います。

・『形而上学のカタチ』平尾始個展
 もう20年も前ですが、新潟予備校に通っていた浪人の時に英語を教えていただいた先生が、いつの間にか芸術家になっておられ、ビックリしました。先生とは東京ドームでプロレスを見た後に焼肉をご馳走になったことやご自宅でカレーをご馳走になった事があります。ざっと検索したら武蔵野美術大学で講師もされているようで、哲学の研究をしていたと思っていたので、何か大きな出来事があったのでしょうか。招待状を拝見したところ、CGなんでしょうか、シュールレアリスティックな作品展みたいです。

・『SPIRAL LIFE・吉原家の130年』
 こちらは、昨年新潟のレコード好きの集いであるレコケン君というイベントでお会いした吉原写真館の吉原さんという方の写真展です。吉原写真館は、新潟の新発田という町にあって、日本に写真が伝来した直後から営業されている歴史のあるお店です。吉原さんはニューヨークでナム・ジュン・パイクさんと一緒に芸術活動をされ、坂本龍一さんともメル友であるという、一体なんでそんな人が新潟なんかにいるのかというような方です。それというのもご実家が新潟なんですけど、そのご実家に秘蔵されていた歴史的な写真を東京で公開されるそうです。ちらっと拝見しましたが、昔の映画女優が出てきたりしてすごく素敵でした。『風と旅人』という雑誌で巻頭特集されております。

続きを読む "東京に展覧会見に行きます" »

2007年4月 6日 (金)

石原候補の再選はマジで迷惑

 オレは都民じゃないから投票はできないんだけど、石原候補の再選は死活問題なので、本当に止めて欲しい。というのも、石原候補のエロ本いじめは本当にひどい。東京に出版社があって、東京から配本されるせいで東京での規則はは日本中の規則というのが出版業界なのです(調べてないので違うかもしれません)。石原都知事になってからというもの、エロ雑誌は青少年が立ち読みできないように、テープで止めないといけなくなって、それが1箇所止めるのに35円掛かると聞きました。最初は一箇所だったのが今は2箇所です。それで多くのエロ雑誌がバタバタと休刊や廃刊になってます。オレの大好きなトップスピードもなくなってしまいました。デラべっぴんでおなじみの英知出版も破産の手続きをしている状況です。『デラべっぴん』も『Beppin School』ももう見れないんですよ。

 石原候補は勃起したポコチンで障子を破る小説を書いていた男で、我々の味方だと思っていたら大間違いでした。なんでこうなってしまったのか、考えてみるとカジノをするとかF1を開催するとか派手な構想がことごとく頓挫して、なんかしないと沽券に関わるということで、いじめても文句の来なそうな、手っ取り早いところでエロ本をいじめているとしか思えません。PTAに喜んでもらえると思ってるんじゃないでしょうか。

 身内に仕事を発注したとか、さっぱり都庁に出勤しないとか、取り巻きを引き連れて海外視察をしたとか批判されて、柄にもなく反省したそぶりをしてますがそんなの今だけに決まってます。当選なんかしたらまた絶対に調子こくに決まってんですよ。オレはまあ、そんなのはともかく別にどうでもいいんですよ。とにかくエロ本いじめがこれ以上進まないように早々に退陣していただきたい。ここでまたオリンピックが中止になったらもっとエロ本をいじめ出すに決まってます。石原の失敗=エロ本いじめです。

 なので、東京都民の皆さん、是非とも石原都知事を当選させないでください。オレは黒川候補が一番よさそうだと思ってるんですが、全然人気がないようなので、石原以外で当選しそうな浅野候補に投票するのがいいと思います。とにかくストップ・石原でどうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む "石原候補の再選はマジで迷惑" »

2007年4月 3日 (火)

モーニング娘。と野狐禅

 土曜日に新潟県民会館でモーニング娘。のコンサート、月曜日は古町JUNKBOXで野狐禅のライブを見てきました。

続きを読む "モーニング娘。と野狐禅" »

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

連載・活動など

  • メンズエッグユース
    『盛れ鏡』というギャル男マンガ2ページを連載させていただいております。不細工なギャル男が、鏡の中の盛れてるオレにダメ出しされるという変なマンガです。ダメなギャル男でもがんばれ!
  • 難波ロックライダー
    大阪・難波のライブハウス、ロックライダーのフライヤーに四コママンガ『これがロックだぜ!』を毎月掲載や!読んでや! むっちゃええバンドがぎょうさん出とるライブハウスやで!
  • 決定版!XX
    アイドルヲタの妄想四コママンガを毎月掲載していただいております。一時は5ページマンガにまで昇格したのですが、四コマに戻ってしまいました……5ページ昇格目指して頑張ろう!
  • アックス
    毎号さまざまな内容でちょっとしたマンガを描かせていただいております!
  • パスマガジン
    新潟のファッション・サブカル月刊誌です。『ところでここどこ』という2ページの連載を創刊からやらせていただいており、単行本にもなりました!そしていよいよ10年目に突入しております。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitter

おすすめサイト

  • Book of days
     新潟の古町にある輸入雑貨や洋書屋さんです。青林工藝舎のマンガも扱ってくださってます。時折展示や演奏イベントもあります。経営されている帰山さんは私財を投げ打って新潟の文化の発展・向上に貢献されております。ぜひクリスマスや誕生日の贈り物はこのお店で買ってください!!
  • 大内アパート月報
     大内アパートは東京で最後に住んだ下北沢のアパートで西口徒歩1分という立地条件で和室6畳2間キッチン1畳トイレ付き、1階はガレージと書道教室と、騒ぐには格好の物件で、徐々に仲間で占拠して行きました。そんな住人でフリーペーパーを毎月発行して遊んでいたんですよね。アパートは取り壊されて、なくなってしまったのですが、マンガ家のじぇんじぇんが三代目編集長として今も中野で大内アパート月報を半年に一度くらいのペースで発行しています。このサイトはじぇんじぇんが運営していて、僕の大昔のショートマンガも読めますよ。創刊が1994年で、今もこうして存続しているというのは奇跡です。オレも当時は現在と違って仲間とわいわいやるのが好きだったんですね。
  • 青林工藝舎
    隔月漫画誌アックスを出版しています。 『ジンバルロック』を始めたくさん本を作っていただいております。社員のみなさんは自分たちの生活を省みずマンガ出版に命を懸けています。こんなすごい出版社は他にありません。

last.fm

  • last.fm
  • 再生回数