フォト

著作

  • : ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

  • : ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)
    クソ田舎を舞台に駄喧嘩と駄セックスに明け暮れる男の駄冒険マンガです。簡単に言えば空手を習った男が通り魔活動を行ったり変な女とセックスしたりするマンガです。02年から07年くらいまでの生活実感をベースに取材と妄想を練りこんでひねり出しました。大した音も出ない屁みたいな男たちに捧げます。全2巻です。

  • : ピンクニップル

    ピンクニップル
     あんなに憧れたセックスが手に入っても、うっかりしていると砂が指の間からこぼれるようにそのありがたさや存在が失われてしまう。セックスなどという下劣な我欲そのものに一体なぜこんなに心を焦がして夢中になってしまうのか、冷静になるとどうかしているとしか思えないです。だからと言って尊いわけでもなんでもない。オレのこの醜く不潔な性器をその体内に受け入れてくださり、柔らかい肌や可愛らしい乳首をなめさせてくださった、奇跡のように心優しい女の皆さんに感謝とお詫びを込めて描いたマンガです。もっと精いっぱい優しくすればよかった。エロマンガ作品集なので、子供は大人になってから読んでね!

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
    まさかオレが描いたマンガが映画になるなんて! 日本映画のマンガ原作ブームに紛れ込む事に成功した奇跡の映画化です。一流の監督に一流の役者、一流のスタッフに恵まれまったくもったいない事でございます。身に余る光栄です。

  • : ライフ・イズ・デッド

    ライフ・イズ・デッド
    屁みたいな田舎を舞台にしたゾンビマンガです。噛み付き以外に、性感染でゾンビ化するという設定が災いし、とあるメジャー誌ではボツになってしまいこんなマンガは描いてはいけないのだろうかと途方に暮れていたところ漫画アクション編集部でも賛否両論真っ二つだったそうですが、どうにか掲載していただきました。ニートの青年がゾンビになって家族が迷惑するという内容です。ゾンビ研究の大家でいらっしゃる伊東美和さんよりかつてない和ゾンビものであるとご推薦をいただき、またゾンビ好きの人からの評判はいいみたいです。

  • : このマンガを読め! (2007)

    このマンガを読め! (2007)
    その年発売のマンガから特にお勧めのものを紹介する本です。楳図かずお先生と山松ゆうきち先生に挟まれるという光栄極まりない形で長いインタビューを掲載していただいております。

  • : エロ悲しい

    エロ悲しい
    自費で出版した『ピンクニップル』を収録していただいております。石原まこちん先生とエレキコミックの八井さんとの対談やマンガや読み物で充実したエロ悲しい内容です。

  • : これが未来だぜ!

    これが未来だぜ!
     新世紀を迎えて早6年?5年?となっておりますが、果たしてこれが夢見た21世紀なのだろうか。よもや無職の若者の大量発生や少子化、振り込め詐欺やプチ家出が社会問題となっているとは、これでいいのか。とは言え、核戦争後の暴力が支配する荒廃した世界になってなくてよかったと胸をなでおろす次第であり、アトムが生まれる時代を迎えたと思ったらasimoみたいなのしかなかったという思いを込めて描いたゆるいSF&ホラー麻雀マンガのエンターテイメント作品集です。

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
     初の映画化作品でありながら、ほぼ絶版状態というわが身の不徳の致すところとは言えあんまりな状況に青林工藝舎さんがまたも、助け舟を出して下さり、映画が完全に終わる前にどうにか再出版していただきました。版形が小さくなった分、お求めやすくなっております。どうにも誤魔化しきれない愚かさや気の小ささを、素直に適切に把握しておきさえすれば、こんな事にはならずに済んだのに……となる前にぜひともお読みいただければ、こんな本を描いた甲斐があったと言えます。つい自分を大きく見せたいと思ってしまったばかりにケチな犯罪に身をやつす事態に遭遇してしまう、そんなマンガ作品集です。どうあがいてもケチな人生は覆い隠せず、そこは認めて、そこから何ができるのか、現状でのベストを目指すより仕方がないと自戒を込めて言いたいのですが、とにかく生きて行こうではありませんか。そんな気持ちで描いた青春犯罪マンガ作品集です。秋田書店版よりおまけマンガが若干増えております。

  • : 転校生 オレのあそこがあいつのアレで

    転校生 オレのあそこがあいつのアレで
    高校生カップルの性器が入れ替わり女性器を持った男子、男性器を持った女子が珍騒動を繰り広げると言った変態マンガです。初のメジャー作品で、こんな飛び道具的な設定のお陰で連載時には読者アンケートで最高で3位を記録しました。このマンガを描くために池袋の肛門性感でカマを掘られてきた甲斐があったというものです!

  • : チェリーボーイズ

    チェリーボーイズ
    始めて描いた長編マンガです。童貞の青年が三人集まって非合法的な手段で童貞を棄てようと作戦を企てるというお話です。いつも構成には気を使うのですが、自作の中で最も構成がうまくいった作品です。テーマは最低ですが、その中で友情、努力、勝利を描こうと思いました。こんなマンガを描いたせいで童貞だと思われているのが癪に障ります。

  • : 死んだ目をした少年

    死んだ目をした少年
    生きているとしんどいこともあるもので、30をとっくに過ぎて中学生の気持ちというか、自分が最も嫌々生きていた時代である中学くらいの気持ちとシンクロした時の感覚を逃さないように、マンガにしようと思いました。その感じを最大限表現できたら、破綻していたり作品としての完成度は低くても構わないくらいの気持ちで描いたのですが、案外すっきり構成できました。非常にスケールの小さいファイトクラブといった内容です。(2005年3月発売)

  • : ミルフィユ

    ミルフィユ
    20代に描いた恋愛とセックスのマンガ作品集です。30代後半の今、読み返して気恥ずかしいのは、よくも悪くも今よりももっと純粋だった頃の恋愛観が濃縮されているからであります。端的に言えば暗中模索しつつも今よりずっと女性を大切に思っておりました。タイトルは今は辞めてしまった家業のお菓子屋に対して当時抱いていた熱意の表れです。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.23)

    青林工芸舎: アックス (Vol.23)
    『チェリーボーイズ』最終回を記念しての小特集で、杉作J太郎先生と対談をさせていただきました。J太郎先生の童貞話は筋がビシッと通ったラジカルなものでとても面白いですよ。おまけで童貞大百科もついてます。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.14)

    青林工芸舎: アックス (Vol.14)
    ジンバルロックの発刊を記念して特集を組んでいただきました。マンガは短編『真夜中の聖火ランナー』(『青春★金属バット』収録)が掲載となっています。編集のSさんに新潟に来ていただいて、『ジンバルロック』の舞台となった母校やゲーセンなどの写真や、当時は実家の仕事をやっていることなど今読むと恥ずかしいインタビューも掲載されております。

  • 青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)

    青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)
    小特集で取り上げていただきました。ジンバルロックが始まったばかりで、まだ東京に住んでいる時の自宅取材とインタビューが掲載されております。汚い部屋でこたつでマンガを描いている写真や、仲間と作っていたフリーペーパー、大内アパート月報まで載っています。

  • : ジンバルロック

    ジンバルロック
    2000年発売の初めての単行本です。 高校時代を華々しい物語やなにやら叙情的なものとして捕らえたい風潮がありますが、そういうのに水をぶっかけるようなお話です。簡単に言えばしょぼくてせこい内容です。取るに足らない地味な内容でどれだけエンターテイメントを成立させられるかという試みでもありました。どのページも最低何か一つはどんなささいなことでも面白いことを盛り込もうと努めました。こんなマンガなのでどう紹介したらいいものか、簡単に言うと「普通の高校生がぐずぐずするマンガ」などと言ってしまい、全く読む気を殺いでしまいます。売り要素の伝わりづらさがオレのマンガの売れない原因だと思います。

   


  • あわせて読みたい

無料ブログはココログ

三平映画館

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

今年の年賀欠礼

 年賀状をマンガで出してるんですが、毎年パターンが一緒です。絵には全く自信がないのでマンガでお茶を濁しているのにこれですからね、でもあんまり気にしない方針です。日程もどんどん遅れて1月中ならOKというところまで緩くなってしまいました。

2008jpeg
(クリックすると大きくなります)

 不謹慎なのが好きなんです。こればっかりはどうしようもないです。おっかないおじさんに怒られたりしないと止められないです。

 パソコンを去年変えてデータがなくなってしまったので、今年は取り急ぎいただいた分だけ返信しました。80枚くらいです。年賀状のやりとりしか続いていない大学の時の仲間とかいるから止めたくないんですが、どんどんだらしなくなって実に申し訳ありません。

2008年1月30日 (水)

新潟の県知事も有名な人がいいな

 大阪はタイタン所属の橋下弁護士が県知事選挙に当選してテレビに出て盛り上がっているじゃないですか。たけし軍団の東国原知事にしても、有名な人が知事になると注目を集めるのでどんな仕事をしているのか伝わるからいいと思います。新潟の泉田知事はきちんと仕事しているかと思いますが、何の仕事しているのか積極的に調べないと分からないからあんまり盛り上がらないし、全国ニュースにもならないです。田中真紀子さんでもいいんじゃないでしょうか。

 新潟出身の有名人と言えば山本五十六さんも相当な人物ですが、もうとっくに死んでしまっているので、上杉謙信さんも同様なので現役で活躍している人気のある人にお願いしたいです。

・新潟出身の有名人

続きを読む "新潟の県知事も有名な人がいいな" »

2008年1月29日 (火)

テレビを買いました

 今月は三が日が終わってからずっと働きづめで、こんな事なら去年のうちに仕事をしておくんだったと後悔しているんですが、母が地デジを見ているのが羨ましくなって発作的に通販でテレビを買いました。10万を超える高額商品ですよ。どうなんですか。

 なんかこう、高い買い物をしようとすると気が大きくなって10万だったら11万でも一緒だというような感覚があるじゃないですか。それって大間違いだと思うんですよね。だって、普段メディアパワーでCDをレンタルしようとする時に普段200円のが水曜日100円で、だったら2時を過ぎれば水曜日だからもうちょっと待とうなんて事してるわけじゃないですか。ガソリンが25円安くなるってそんなせこい額で解散なんてねププッって自民党の議員が言っていたとかいないとか、25円じゃねえよ、リッター25円でも一回あたり40リットル入れたら千円で、毎月3回給油していたら、1年で3万6千円も違うっての!なんて腹を立てている自分と矛盾するわけです。なので、こんな亀田くんだりまで出店してくれて、地元の人を雇用してくれているヤマダ電気などでお金を使いたい気持ちもなくはないのですが、そこは目をつぶってカカコムで一番安くて送料もタダのところに発注しました。だって3万円くらい値段が違うんですよ。3万円あったらPSPやipodのいいやつ買えるじゃないですか、反則ですよね。

 ヤマダ電気ではどこもさっぱり値引きのないipodを買おうと思います。

続きを読む "テレビを買いました" »

2008年1月25日 (金)

当たった!

 BSアニメ夜話『伝説巨神イデオン』の公開録画が当たった! 岡田斗司夫さんや加藤夏希ちゃんが生で見れます!!うれしい! 『発動編』を見返さなくちゃ。

Dscn0338

 『伝説巨神イデオン』にはちょっと思うところがあります。初回の放送は『ガンダム』の後だったじゃないですか、それであんなすごい最終回の後に、格段に進化したロボットアニメを見せられた後にはどんなすごいのが始まるのかと期待していたわけです。それでいざ始まったら、真っ赤なアフロヘアの主人公がやたらと悪態をついて、周りの軍人や科学者とも非常に雰囲気が悪いわけです。何よりロボットがかっこ悪かった。なんか大味って言うかガンダムより全然ダサいと思いました。オレが中1くらいだったと思うんですが、途中で嫌になって見るのを止めました。それから何度か夏休みなどで再放送もされて、見始めるのですが途中で嫌になって止めるを繰り返してました。そうこうしているうちに映画になってアニメ雑誌などでそれが大いに盛り上がっているわけです。途中で見るのを止めたオレには見に行く資格がないと思って見ませんでした。そんな心のしこりがありました。順番は狂っているかもしれないですが、とにかくオレはその盛り上がりから外れた場所にいて、羨ましく思っていました。

 東京に住んで、20代の後半の事です。下北沢のドラマで『イデオン』のビデオが全巻揃っていました。これまた見ていなかった『戦闘メカ・ザブングル』を全部通して見た後で、『イデオン』を見始めました。やっぱりしんどかったです。大人になって改めて見ても印象が同じでビックリしました。でも根性で最後まで見ていよいよ映画版も見ました。『接触編』はテレビのダイジェストで、きつかったです。ところが『発動編』のテンションの高さには本当に圧倒されて、「なるほどこれか」と大いに納得し、心のしこりも取れました。はっきり言うと内容はあんまり覚えていないのですが、圧倒されて恍惚とした気持ちになった印象はすごくよく覚えています。あのしんどいテレビシリーズを全部見た人へのご褒美でした。同じご褒美感は『ツインピークス』にもありました。『ローラパーマー最後の7日間』と『イデオン発動編』は内容は違えどオレの中では同じようなご褒美感とトランス感が味わえる映画です。

 なので、これから『発動編』を見直すのが楽しみだし、公開録画も何年越しかのご褒美です。絶対にあのしんどい思いをして見た人にしか理解できない内容である事は間違いないはず。

続きを読む "当たった!" »

2008年1月22日 (火)

『映画秘宝』3月号

 送本していただいた『映画秘宝』3月号のベスト&トホホ10が楽しすぎる。去年の後半を仕事をほとんど省みず、公開された映画を具合が悪くなるほど見たからこそ面白いんですが、ずっと見ていて見飽きる事がないです。気がついたら3時間経っていた、仕事しないとまずいのに!

続きを読む "『映画秘宝』3月号" »

2008年1月20日 (日)

ipod nano 1Gでは物足りない

 作画をずっとしていると、溜まっていたラジオのMDやデータをどんどん消化するので、運転中は音楽を聴こうと思って、サン電子のとFMトランスミッターを買って、ipodに聴こうと思う音楽をアルバム単位で入れて持ち出して聴いています。すんごく調子いいです。ipodは運動をする時用に買って、そんな使い方していると壊れるじゃないですか、消耗品だと思って安いの買って雑に扱ってました。幸い全然壊れないですし、電池も爆発しません。もう2年くらい使っているんでしたっけ? 運動で使う分には全然不満はないです。しょっちゅう落としてますしね、いつ壊れても納得します。

 ところが、運転中に聴こうとなるとすぐ聴き終わって他の聴きたくなってそういう場合、一々取り外してパソコンにつなげて入れ替えてって面倒ですね。以前は80メガのボイスレコーダーで音楽を聴いて走っていたことを考えるとなんという贅沢な、という話ですが大容量の欲しくなって来ました。いまやipod nanoも4Gが一番小さい容量で、それだけあれば充分な気もするんですが、そうは言ってもオレのパソコンに入っている音楽は36Gで、そのうち、再び聴きたいと思うのは3分の1くらいだと思うんですよね。てことは12Gくらいのが調度いいんじゃないでしょうか。

続きを読む "ipod nano 1Gでは物足りない" »

2008年1月17日 (木)

大槻ケンヂさんはかっこいい

 大槻ケンヂさんのオールナイトニッポンの『ボヨヨンロック』のコーナーがすごく好きで、当時CDも買いました。それから筋肉少女帯も聴いて、渋谷公会堂のライブにも行ったりしてました。映画『鉄男』はインクスティック芝浦で、ケラさんや大槻さんがステージにいて、シーツみたいなスクリーンへの映写で見ました。会場は床に体育座りでみんな見てました。その後、アメリカやイギリスのインディーレーベルなど興味を持って聴くようになったら、そんな経験がかっこ悪く思えて、音楽好きの友達にも言わないようになっておりました。こうして思い返してもサブカルどっぷりな感じで恥ずかしいです。後にアックスでマンガ描くようになるんだから、全然間違ってなかったのですが。

 大槻ケンヂさんを一度、千代田線か丸の内線か地下鉄でお見かけした事があります。髪を一部白くメッシュを入れていらして、目がチラチラ合ったのですが「大槻ケンヂの真似している人がいる、かっこわるい」と思っていて、しばらくしてテレビで見たら、髪の一部が白くなっていて本人だったと判明しビックリしました。

 
ボヨヨンロック

 こうして、大槻さんのどこが好きだったのかもすっかり忘れていたのですが、改めて映像を見ると声が色っぽいしパフォーマンスもかっこいいですよね。今見ても全然かっこよくてビックリしました。

続きを読む "大槻ケンヂさんはかっこいい" »

2008年1月15日 (火)

ガソリンの暫定税率って

 レギュラーガソリンが1リットルで150円もするじゃないですか。給油が怖いです。でもこのうち25円が暫定税率で、これが廃止してもらえれば125円とちょっと前くらいの値段に戻ります。暫定税率の維持か廃止かで与野党で大いにもめている状況です。オレとしては大いに廃止して欲しいですが、道路を作る財源がなくなるから困るという地方の東国原知事も言ってました。オレは道路には困っていないので廃止でいいですが、実際困っている人がいると思うとちょっとトーンが落ちます。

ウィキペディアではこんな風に書いてました
『ガソリン税 税率
1970年代のオイルショックを機に、暫定措置として「租税特別措置法」が成立、租税特別措置法第八十九条第2項により、 揮発油1キロリットルにつき、揮発油税が48600円となった。この項目は、30年間以上延長されており、2008年3月31日をもって失効する。

ガソリン1リットルあたり53.8円となっている。
内訳は揮発油税48.6円、地方道路税5.2円

租税特別措置法第八十九条第2項制定前の税額はガソリン1リットルあたり28.7円である。
内訳は揮発油税24.3円、地方道路税4.4円

 150円のガソリンのうち、82.5円税金なんですね。78円くらいがガソリンそのものの値段です。半分以上が税金って……。

続きを読む "ガソリンの暫定税率って" »

2008年1月14日 (月)

土曜日のイオンは最高だ

 亀田にイオンができたのが10月でそれから全く気づかずにいたのですが、毎週土曜日ゲームセンターのfamiuと吉本興業が共催のBSNラジオの公開生放送をやっていました。『famiu×ヨシモトにいがた生radio』という山田かおりさんが司会の番組です。先週は井上マーさんがやってくると言うので行ってみると、ネゴシックスさんも一緒で大変面白かったです。井上マーさんの尾崎豊ネタがオレは大好きでしたので、それを2本やってくださって、さらにお正月に実家に帰った時にお父さんが警察に捕まった実話がすごく面白かったです。しかも生放送が終わると、famiuのお姉さんがコインの引換券をくれてコインゲームで遊ばせてもくれるという至れり尽くせりぶりでした。

 それで、今週はなんと、あのダイノジさんがいらっしゃるとの事で、『ところでここどこ』でオレは以前対談させていただいた縁もあり、仲間を引き連れて行ってきました。

続きを読む "土曜日のイオンは最高だ" »

2008年1月11日 (金)

NEXT!に出ます

 新年一発目の『NEXT!』の放送に出させていただける事になって収録に行って来ました。今回は「新潟ひな壇芸人王決定戦」という企画で、審査委員長という大役を仰せつかりました。NAMARA芸人がたくさんいてわいわいやっていてとても面白かったです。特に、人がうじゃうじゃいる時の脳性まひブラザースは動きが面白くてたまらないです。negiccoのなおさんのソロ曲も聴けますよ。新潟にお住まいの皆さん、ぜひ御覧下さい。オレは大して仕事してないです。今日の深夜0時55分からの放送です。

2008年1月10日 (木)

地デジっていいですね

 居間のテレビがワイド画面なのに、地上波アナログ放送では両脇が黒く映らなくして使っていて、母はどうもそれが気に入らないみたいでしきりに「地上波デジタルだと全部映るんだよね」と何度も繰り返し言っていたので、地デジ対応のHDDレコーダーを買って取り付けました。安くなったもので250Gで約5万円でした。母には恩着せがましくしておきましたが、本当はオレがBS11の伊集院さんの番組を録画したかったからでもあります。

 せっかくなので接続をD端子ケーブルにしました。ケーブルだけで3千円近くしました。そうすると、まずテレビの入力をD端子接続のコンポーネント2に切り替えて、HDDレコーダーのリモコンで「放送」と言うボタンでBSデジタルと地上波デジタルを切り替えて、更にチャンネルを切り替えるという非常に複雑な操作が必要で、VHSも満足に使えない母にできるだろうかと不安でしたが、地デジ見たさに頑張って覚えてあれこれ見ています。

 地上波もBSも両方番組表で簡単に録画予約できるし、画面がワイドを全部使って見れるのもいいですね。地デジには懐疑的な立場でいたのですが、不満を感じながらもこれだけオレはテレビを必死で見ているんだから、便利だったり気持ちよく見れるんだったらさっさと乗り換えておくべきだったのではないかと、自分の頑固さに疑問が生じて来ました。毎日、しかも長時間使うものだったらいくらか高くても気分として減価償却できるじゃないですか。そんなに贅沢じゃないんじゃないですか。去年みたいにアホほどDVDで映画見ていたらそれこそ、むしろ得なんじゃないかとすら思います。

続きを読む "地デジっていいですね" »

2008年1月 8日 (火)

本当に頭に来る

 うちの給湯システムの頭の悪さには本当に頭に来ます。これ一台あれば、お風呂も洗面台も洗い物も全部OKですよという貧乏臭い発送で取り付けられたと思うんだけど、それがどこかの壁に埋まって作動しているんだけど、多分そこから配水の距離が長いか、機械の動作が遅いかでお湯を出そうとしても全然出ない。冷水が延々出続けて、冷たい水でひーひー言いながら石鹸を流し終わろうとしている頃にようやくちょっぴりぬるい水が出るってわけですよ。なんだこりゃ。

続きを読む "本当に頭に来る" »

2008年1月 6日 (日)

最近考えたこと

 コンビニやマクドやガストなど、時折ハッとするほどきれいだったり、かわいい女の子が働いているじゃないですか。低賃金のアルバイトで、仕事も決して楽ではないです。頑張っていて偉いなーと感動する度に、オレが大金持ちだったら、芸能事務所を開いて所属させて、どうにかして愛人にしたいと本気で考えております。確かに、しんどいアルバイトをせっせとこなすのは、人生において大切な場面です。なので、別に問題でもなんでもないです。でもオレが余計なところに気を回しすぎるせいで気になるだけなのですが、気になるのは「美人だからってそれだけで金が儲かるわけではないんだなー」と言う事です。でも逆に、頑張って美人になろうとすると偉く金が掛かって大変なんですよ。可愛らしい素敵な洋服を買うのもアホほどお金が掛かるし、お化粧の道具も大変なものだと言うじゃないですか、あんまり知らないですが。とにかく、美人だったらそれだけで食えるわけじゃないのに、美人になろうとしたり、美人を維持するのは経済を大変圧迫するという、ある意味世の複雑さの一面を物語っているように感じます。

続きを読む "最近考えたこと" »

2008年1月 4日 (金)

仕事始め

 まだ掲載の予定の決まっていない長編の作画を始めました。それで、いざ描き始めたら今回は資料で写真をたっぷり撮る予定であった事を思い出し、ちょっと描いて止めて撮影に行って帰ってまた作画しました。まだほんのちょっとの触りの部分でしかないのに、始めたばかりだからか、楽しい。ラジオ聴きながら仕事するのが久しぶりだからか、年末の『カンニング竹山・生はダメラジオ』はエロ1グランプリと題して、リスナーからのエロメールを募集して発表してました。変態夫婦のメールなど、最近『生ダメ』はあんまり面白くないなーと感じていたところガツンと大変面白かったです。クリスマスのリスナーお見合いみたいなのは全く面白くなかったです。年末の『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』も面白いです。

 この長編を描き始めるまで伊集院さんの『深夜の馬鹿力』をオレはずっと聴くの我慢してました。去年の3月から溜まってます。いよいよこれを解禁できると思うと震えが来そうです。

 年末は24日にパスマガジンの作画が終わってから、ちょろちょろと雑用はしてましたが、原稿はそれ以来なので、ラジオを聴きながら原稿をやりたい欲が高まっていたわけです。10日ぶりですか、そんなに休むものじゃないです。いやー楽しい! きちんと営業をしてないで描き始めてしまい、最悪の場合は自費出版になってしまうかもしれないという薄ら寒さもあるので、喜んでる場合じゃないですが、ラジオを聴きながらできる商売に就けて本当によかった。これが文章を書く仕事だったら、ラジオなんて聴いてられないですもんね。オレが何か転職しなければならなかったら、一人で運転する仕事か、部屋で工作か何かする仕事がいいです。

続きを読む "仕事始め" »

2008年1月 2日 (水)

2008年、年賀欠礼

 昨年は母方の祖父が亡くなったので、新年の挨拶は控えさせていただきます。ともあれ、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 2008っていうのにまず驚きなんですけど!オレが実家にもどったのが30歳で1999年なので、今年で新潟在住10年目です。なんじゃこりゃ。ネットを始めたのも10年目で、ウィンドウズは6年目です。ずっとXPです。マンガの仕上げをパソコンにして5年目になります。未だにフォトショップ5.5です。ぼちぼちシステムを変えてみたい気もしますが、あまりに慣れて不満がありません。自主映画は6年目に入ります。単行本が初めて出たのが2000年、オレも40目前! 年のせいか、時間が経った気がしません。空手始めて4年目、もう稽古は出なくなり一人でサンドバッグを相手に突き蹴りと筋トレしかしなくなりました。古泉流ダラケ拳、腰痛予防の効果しかないです。このブログも3年目に入ります。自分の車を乗り始めて4年目になります。それまでは店の軽ワゴンをボコボコにして乗り回してました。自分の車になってもボコボコです。伊集院さんのラジオ聴き始めて8年目。ナイナイのオールナイトニッポンは10年以上聞いてます。テレビ番組録画をHDDレコーダーにしてから7年目。これら結構な年数が経っていて、それこそ中学や高校は3年で卒業するくらいの年数じゃないですか、それ以上が過ぎているのに、どれもこれもついこの間感覚です。気がつくと10年前に買ったTシャツを今だに着ています。

続きを読む "2008年、年賀欠礼" »

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

連載・活動など

  • メンズエッグユース
    『盛れ鏡』というギャル男マンガ2ページを連載させていただいております。不細工なギャル男が、鏡の中の盛れてるオレにダメ出しされるという変なマンガです。ダメなギャル男でもがんばれ!
  • 難波ロックライダー
    大阪・難波のライブハウス、ロックライダーのフライヤーに四コママンガ『これがロックだぜ!』を毎月掲載や!読んでや! むっちゃええバンドがぎょうさん出とるライブハウスやで!
  • 決定版!XX
    アイドルヲタの妄想四コママンガを毎月掲載していただいております。一時は5ページマンガにまで昇格したのですが、四コマに戻ってしまいました……5ページ昇格目指して頑張ろう!
  • アックス
    毎号さまざまな内容でちょっとしたマンガを描かせていただいております!
  • パスマガジン
    新潟のファッション・サブカル月刊誌です。『ところでここどこ』という2ページの連載を創刊からやらせていただいており、単行本にもなりました!そしていよいよ10年目に突入しております。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitter

おすすめサイト

  • Book of days
     新潟の古町にある輸入雑貨や洋書屋さんです。青林工藝舎のマンガも扱ってくださってます。時折展示や演奏イベントもあります。経営されている帰山さんは私財を投げ打って新潟の文化の発展・向上に貢献されております。ぜひクリスマスや誕生日の贈り物はこのお店で買ってください!!
  • 大内アパート月報
     大内アパートは東京で最後に住んだ下北沢のアパートで西口徒歩1分という立地条件で和室6畳2間キッチン1畳トイレ付き、1階はガレージと書道教室と、騒ぐには格好の物件で、徐々に仲間で占拠して行きました。そんな住人でフリーペーパーを毎月発行して遊んでいたんですよね。アパートは取り壊されて、なくなってしまったのですが、マンガ家のじぇんじぇんが三代目編集長として今も中野で大内アパート月報を半年に一度くらいのペースで発行しています。このサイトはじぇんじぇんが運営していて、僕の大昔のショートマンガも読めますよ。創刊が1994年で、今もこうして存続しているというのは奇跡です。オレも当時は現在と違って仲間とわいわいやるのが好きだったんですね。
  • 青林工藝舎
    隔月漫画誌アックスを出版しています。 『ジンバルロック』を始めたくさん本を作っていただいております。社員のみなさんは自分たちの生活を省みずマンガ出版に命を懸けています。こんなすごい出版社は他にありません。

last.fm

  • last.fm
  • 再生回数