フォト

著作

  • : ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

  • : ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)
    クソ田舎を舞台に駄喧嘩と駄セックスに明け暮れる男の駄冒険マンガです。簡単に言えば空手を習った男が通り魔活動を行ったり変な女とセックスしたりするマンガです。02年から07年くらいまでの生活実感をベースに取材と妄想を練りこんでひねり出しました。大した音も出ない屁みたいな男たちに捧げます。全2巻です。

  • : ピンクニップル

    ピンクニップル
     あんなに憧れたセックスが手に入っても、うっかりしていると砂が指の間からこぼれるようにそのありがたさや存在が失われてしまう。セックスなどという下劣な我欲そのものに一体なぜこんなに心を焦がして夢中になってしまうのか、冷静になるとどうかしているとしか思えないです。だからと言って尊いわけでもなんでもない。オレのこの醜く不潔な性器をその体内に受け入れてくださり、柔らかい肌や可愛らしい乳首をなめさせてくださった、奇跡のように心優しい女の皆さんに感謝とお詫びを込めて描いたマンガです。もっと精いっぱい優しくすればよかった。エロマンガ作品集なので、子供は大人になってから読んでね!

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
    まさかオレが描いたマンガが映画になるなんて! 日本映画のマンガ原作ブームに紛れ込む事に成功した奇跡の映画化です。一流の監督に一流の役者、一流のスタッフに恵まれまったくもったいない事でございます。身に余る光栄です。

  • : ライフ・イズ・デッド

    ライフ・イズ・デッド
    屁みたいな田舎を舞台にしたゾンビマンガです。噛み付き以外に、性感染でゾンビ化するという設定が災いし、とあるメジャー誌ではボツになってしまいこんなマンガは描いてはいけないのだろうかと途方に暮れていたところ漫画アクション編集部でも賛否両論真っ二つだったそうですが、どうにか掲載していただきました。ニートの青年がゾンビになって家族が迷惑するという内容です。ゾンビ研究の大家でいらっしゃる伊東美和さんよりかつてない和ゾンビものであるとご推薦をいただき、またゾンビ好きの人からの評判はいいみたいです。

  • : このマンガを読め! (2007)

    このマンガを読め! (2007)
    その年発売のマンガから特にお勧めのものを紹介する本です。楳図かずお先生と山松ゆうきち先生に挟まれるという光栄極まりない形で長いインタビューを掲載していただいております。

  • : エロ悲しい

    エロ悲しい
    自費で出版した『ピンクニップル』を収録していただいております。石原まこちん先生とエレキコミックの八井さんとの対談やマンガや読み物で充実したエロ悲しい内容です。

  • : これが未来だぜ!

    これが未来だぜ!
     新世紀を迎えて早6年?5年?となっておりますが、果たしてこれが夢見た21世紀なのだろうか。よもや無職の若者の大量発生や少子化、振り込め詐欺やプチ家出が社会問題となっているとは、これでいいのか。とは言え、核戦争後の暴力が支配する荒廃した世界になってなくてよかったと胸をなでおろす次第であり、アトムが生まれる時代を迎えたと思ったらasimoみたいなのしかなかったという思いを込めて描いたゆるいSF&ホラー麻雀マンガのエンターテイメント作品集です。

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
     初の映画化作品でありながら、ほぼ絶版状態というわが身の不徳の致すところとは言えあんまりな状況に青林工藝舎さんがまたも、助け舟を出して下さり、映画が完全に終わる前にどうにか再出版していただきました。版形が小さくなった分、お求めやすくなっております。どうにも誤魔化しきれない愚かさや気の小ささを、素直に適切に把握しておきさえすれば、こんな事にはならずに済んだのに……となる前にぜひともお読みいただければ、こんな本を描いた甲斐があったと言えます。つい自分を大きく見せたいと思ってしまったばかりにケチな犯罪に身をやつす事態に遭遇してしまう、そんなマンガ作品集です。どうあがいてもケチな人生は覆い隠せず、そこは認めて、そこから何ができるのか、現状でのベストを目指すより仕方がないと自戒を込めて言いたいのですが、とにかく生きて行こうではありませんか。そんな気持ちで描いた青春犯罪マンガ作品集です。秋田書店版よりおまけマンガが若干増えております。

  • : 転校生 オレのあそこがあいつのアレで

    転校生 オレのあそこがあいつのアレで
    高校生カップルの性器が入れ替わり女性器を持った男子、男性器を持った女子が珍騒動を繰り広げると言った変態マンガです。初のメジャー作品で、こんな飛び道具的な設定のお陰で連載時には読者アンケートで最高で3位を記録しました。このマンガを描くために池袋の肛門性感でカマを掘られてきた甲斐があったというものです!

  • : チェリーボーイズ

    チェリーボーイズ
    始めて描いた長編マンガです。童貞の青年が三人集まって非合法的な手段で童貞を棄てようと作戦を企てるというお話です。いつも構成には気を使うのですが、自作の中で最も構成がうまくいった作品です。テーマは最低ですが、その中で友情、努力、勝利を描こうと思いました。こんなマンガを描いたせいで童貞だと思われているのが癪に障ります。

  • : 死んだ目をした少年

    死んだ目をした少年
    生きているとしんどいこともあるもので、30をとっくに過ぎて中学生の気持ちというか、自分が最も嫌々生きていた時代である中学くらいの気持ちとシンクロした時の感覚を逃さないように、マンガにしようと思いました。その感じを最大限表現できたら、破綻していたり作品としての完成度は低くても構わないくらいの気持ちで描いたのですが、案外すっきり構成できました。非常にスケールの小さいファイトクラブといった内容です。(2005年3月発売)

  • : ミルフィユ

    ミルフィユ
    20代に描いた恋愛とセックスのマンガ作品集です。30代後半の今、読み返して気恥ずかしいのは、よくも悪くも今よりももっと純粋だった頃の恋愛観が濃縮されているからであります。端的に言えば暗中模索しつつも今よりずっと女性を大切に思っておりました。タイトルは今は辞めてしまった家業のお菓子屋に対して当時抱いていた熱意の表れです。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.23)

    青林工芸舎: アックス (Vol.23)
    『チェリーボーイズ』最終回を記念しての小特集で、杉作J太郎先生と対談をさせていただきました。J太郎先生の童貞話は筋がビシッと通ったラジカルなものでとても面白いですよ。おまけで童貞大百科もついてます。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.14)

    青林工芸舎: アックス (Vol.14)
    ジンバルロックの発刊を記念して特集を組んでいただきました。マンガは短編『真夜中の聖火ランナー』(『青春★金属バット』収録)が掲載となっています。編集のSさんに新潟に来ていただいて、『ジンバルロック』の舞台となった母校やゲーセンなどの写真や、当時は実家の仕事をやっていることなど今読むと恥ずかしいインタビューも掲載されております。

  • 青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)

    青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)
    小特集で取り上げていただきました。ジンバルロックが始まったばかりで、まだ東京に住んでいる時の自宅取材とインタビューが掲載されております。汚い部屋でこたつでマンガを描いている写真や、仲間と作っていたフリーペーパー、大内アパート月報まで載っています。

  • : ジンバルロック

    ジンバルロック
    2000年発売の初めての単行本です。 高校時代を華々しい物語やなにやら叙情的なものとして捕らえたい風潮がありますが、そういうのに水をぶっかけるようなお話です。簡単に言えばしょぼくてせこい内容です。取るに足らない地味な内容でどれだけエンターテイメントを成立させられるかという試みでもありました。どのページも最低何か一つはどんなささいなことでも面白いことを盛り込もうと努めました。こんなマンガなのでどう紹介したらいいものか、簡単に言うと「普通の高校生がぐずぐずするマンガ」などと言ってしまい、全く読む気を殺いでしまいます。売り要素の伝わりづらさがオレのマンガの売れない原因だと思います。

   


  • あわせて読みたい

無料ブログはココログ

三平映画館

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

立川談志さんは面白い

 以前から上岡龍太郎さんや、それこそビートたけしさん、太田光さん、伊集院光さんといった一癖も二癖もある気難しい皆さんをうならせる存在として落語家の立川談志さんがありました。そんなに言うのならどうだろうと、談志さんのテレビ番組を見るのですが、どうにも面白さが理解できなくてオレにはセンスがないのかなと寂しい気分でありました。

 去年BSハイビジョンで7時間くらいぶっ通しで立川談志さんの特番をしてました。密着ドキュメントの部分や太田光さんをはじめとした著名な皆さんが談志さんについて語るところは面白く見ていたのですが、いざ落語が始まるとどうにも退屈で部屋の片づけをしてしまいました。

 そもそも落語自体親しみが全くなく、『深夜の馬鹿力』で伊集院さんがデビットリンチっぽい落語のネタコーナーがオレの中では一番面白い落語でした。純粋な落語をほとんど聞いたことがなかったわけです。落語音痴ですよ。ラジオと言えば、月曜日のオールナイトニッポンで春風亭昇太さんが担当されていた時に、落語を披露されてましたが全く面白いと思えず聴くのが苦痛でした。


続きを読む "立川談志さんは面白い" »

2008年11月26日 (水)

今年はまだまだボンクラに嬉しい映画がたくさん

 このところ1ヶ月くらい、あんまり見たい映画が上映されなかったのですが、今年はこれからが本番かという勢いで面白そうな映画が公開されます。特に注意したいのはシネコンでも県内で単館でしかやらない映画です。うっかりしていると見逃してしまいますからね!

『僕らの未来へ逆回転』TJOY万代 11月29日から
『ハロウィン』ワーナー新潟 11月29日から

 今週はもう注目作が始まってるし、来週以降もどんどん来ますので、早目に消化してないと後から焦る事になってしまいます。ユナイテッドは月曜が男の人1,000円なので、それに合わせて……なんて考えていると見切れなくなって大変な事になりかねません。

『ブラインドネス』
『トロピックサンダー』
『ウォーリー』
『デスレース』
『ウォーリー』
『地球が静止する日』
『ワールドオブライズ』

 中には大丈夫かなとちょっと心配なのも混じってますが、大傑作だったら困るので一応見ます。

続きを読む "今年はまだまだボンクラに嬉しい映画がたくさん" »

2008年11月25日 (火)

モンスターハンターが面白すぎて最悪だ

 久しぶりに何かゲームでもやろうかなと、買ったきりろくに触っていなかったPSPをいじり倒してよがり声を上げさせてやろうかと、PSの『メタルギアソリッド』の1作目をダウンロードしてやっていたのですが、シナリオが長くて飽きました。拷問されてジュースで吐血を偽装して敵をおびき寄せて脱出したあたりです。もうそのずっと前から謎が全然解けず、いちいちネットで検索してやっていたわけです。書き物や読書や考え事などしながら、アピタのフードコートで連日1時間くらいやっていたんですけど、だんだん難しくなるし、謎とかストーリーとか鬱陶しいんですよね。ボス戦がやたら強くなってすぐやられちゃうし、変な声でセリフを言われて聴いてないといけないし、まあいいかなと、その世界観的なものは理解したような気もするし、これで「メタルギアソリッドみたいだね」なんて誰かが言っても「うんそうだね!」と答えられると思います。

 それで、予約して買ったはいいけど、練習のミッションを2つくらいやって面倒になってほったらかしていた『モンスターハンター2G』を試しにちょっとやってみました。前にやった事はすべてすっかり忘れていたので、はじめからやりました。キャラクターを作るのがまた面倒だったので、そこは前のままにしました。オレのは黒人でウィリーウィリアムスっぽい男です。

 メタルギアでゲームのアクション性や操作感にちょっと慣れたせいか割とすんなり、操作できて、説明書もどこか見当たらないままやっていたのに、けっこうやれて、しかもちょっとなんだか面白いぞ!なんて思いました。

続きを読む "モンスターハンターが面白すぎて最悪だ" »

2008年11月22日 (土)

これを買おうか具合が悪くなるくらい悩んでいます

P_area

 タッチパネル式のモニターのノートパソコンなんですが、あれこれスペックをいいのに変更すると13万円くらいになってしまうんですよ。そうは言ってもオレはこれでマンガを描きたいと考えていて、商売の道具にケチるなんてのも間違いだと思うのですが、ちょっとおいそれと気軽に買える値段でないわけです。ノートパソコンだったら5万円くらいでそこそこ満足のいく製品がいくらでもあるじゃないかというご時世です。

 オレが最初にウィンドウズを勝ったのは2002年でソーテックのノートパソコンで14万円くらいでした。CPUが2Gで、ザクザク作業してくれたのはよかったのですが、ファンが壊れた換気扇並みに轟いていたのがちょっと嫌でした。HDDが40Gだったのを120Gの高速なのに交換したら、熱暴走するようになって15分しか起動しなくなって困りました。

 どうやらこの製品もファンがうるさいとの苦情がクチコミ情報で描かれています。そこがまず不安なんですよね。

続きを読む "これを買おうか具合が悪くなるくらい悩んでいます" »

2008年11月20日 (木)

にいがた映画塾講座・実習コース募集中です

 誰からも求められていないと言われている僕の自主映画活動ですが、実際何の結果も出ていないので反論の余地もないところで、でもいいじゃないですか趣味ってそういうもんでしょう! そんな自主映画活動ですが、この度にいがた映画塾の講座の運営をする事になりました。それというのも6年も初心者講座を受講していていい加減にしろと別に誰も言ってないですが、講座の運営方針にあれこれ希望を出すのですが、あんまり通らず、人様が仕切ってやってくれているだけで感謝しないといけないので、それはそれでいいのですが、だったら自分でやってみたらいいじゃないかとそれが一番すっきりするだろうと誰に言われるわけでもなく自分でそう思いました。

 それで、こういう感じでやったらいいのではという方式を、プレ講座という形で先月試してみたところ、けっこう良かったんですよ。大きく出るとするなら、もしかしたらこれを追及して行けば、面白い作品を連発とまではいかないまでもそこそこの水準の作品を安定的に制作するシステムが構築されるのではないかとすら錯覚しかねないほど良かったんですよ。それも、でもプレ講座にご参加くださった人の才能が素晴らしかったせいというのはあるので、実際講座が始まったらどうなるのか、それも楽しみです。

にいがた映画塾講座・初心者コース
日程:1月11日(日)13時~19時
      18日(日)
      25日(日)
     2月1日(日)
      15日(日)
     3月1日(日)
会場:にいがた映画塾事務所
定員:10名
受講料:8千円(映画塾会費3千円を含みます)
申し込み締め切り:12月20日
お申し込み、お問い合わせ:UGK39188@nifty.com(古泉まで)

 詳細はオレがこのブログ以上に気合を入れて更新している実習コースブログを御覧いただけたらと思います。

2008y11m19d_012744687

続きを読む "にいがた映画塾講座・実習コース募集中です" »

2008年11月18日 (火)

元厚生官僚殺人と警視庁幹部の酒酔い運転

 酒気帯び運転などの罰則が強化されて久しく、それに呼応するかのようにひき逃げや引きずり殺人事件が発生しています。『ミヤネ屋』を見ていたら、罰則が厳しすぎるせいでみんな逃げてしまうのでなんとかするべきだという論調の意見が出るかと思ったら、ひき逃げの罰則をもっと厳しくすべきであると言う意見が宮根さんをはじめとしてみんなそれ一色で魂消たわけです。モラルの低下、人命軽視がひどい状況であるとも言われていました。そういう問題なのでしょうか。

 罰金が何十万円とか、免許が取り消しになるとか、特に田舎で生活している場合免許がなかったら全く生活しづらいったらありません。オレはそうなったら困ると言う事で、飲み会に行ってもお酒飲まない方針ですし、それだとさっぱり面白くないので、飲み会に行く事がめっきり減ってしまいました。インディーズムービーフェスティバルの打ち上げも参加しませんでした。特にお酒が好きでなかったので助かってますが、お酒が好きな人は本当につらいと思います。

 罰を厳しくすれば良くなると思っている人に言いたいです。みんなそんなに貴方ほど立派じゃないって! それは立派な人格が確率されている人は素晴らしいですよ確かに、オレはそういうの諦めているので、立派に生きたい気持ちはありますが、無理なんです。立派な人だって魔が差す場合だってあるじゃないですか。そんな立派な人でもたまたまちょっと魔が差してしまったら途端に失業です。厳しすぎやしませんか。大丈夫だと言い切れますか。

続きを読む "元厚生官僚殺人と警視庁幹部の酒酔い運転" »

2008年11月13日 (木)

今年の自主映画

 今年は連載があったので自主映画にあんまり時間を割く事ができなかったですが、今年も受講したにいがた映画塾初心者講座の課題や何かでほんの2分くらいのを何本か作成しました。初心者講座の卒業制作では吉原悠博さんの作品の脚本でお手伝いしました。これも4分くらいの非常にささやかな作品なのですが、何しろ撮影のプロですし、ハイビジョンというかつてない劇場映画レベルの作品となりました。『めまい』という作品です。

 その『めまい』が今週、にいがたインディーズムービーフェスティバルで上映されます。めまいは朝10時30分からのブロックの最初の作品となります。

にいがたインディーズムービーフェスティバル
11月16日(日)10時30分~21時
前売り1000円(当日1200円)
会場:市民映画館シネウィンド

 このイベントでは山形の佐藤広一監督の『透視せよ!タケオ』も上映されます。これはオレのマンガの『新しい絶望』をベースに映画化してくださったものです。先日行われた、うえだ城下町映画祭第六回自主制作映画コンテストで大林千茱萸賞を受賞という素晴らしい評価を獲得しております。本当のいい作品なのでぜひ皆さんに御覧いただきたい! こちらは最後のブロックで大体20時30分くらいからの上映です。オレが関わった作品が冒頭と結末にやるとは、なんだかオセロで勝ったみたいな気分になりますね。

 メールでご連絡いただきましたら、チケットご用意いたします。前売り料金でご入場いただけます!

・うえだ城下町映画祭

続きを読む "今年の自主映画" »

2008年11月11日 (火)

『ストーリー創作のための鑑賞入門』

 今週の木曜日に新潟大学の吉原先生の授業で『ストーリー創作のための鑑賞入門』というちょろっと講義みたいな感じのものをやらせていただく事になりました。小さい教室なのですが、聴講はOKなようなので新潟大学に在学中の読者の皆さん、お時間の都合がよろしかったらぜひご出席ください。

 3年位前までずっとテレビドラマをアホみたいに見ていたんですよ。面白くないを見ると本当に腹が立って腹が立って、夜道を全裸で叫びながら走り回ったりしたものです。それで、しつこく見ていたら、面白いストーリーとそうでないのの違いがあれこれ見えてきました。それで自分のマンガの創作にも役立つ面もあり、そういった内容をお話したいと思います。現時点での結論は非常にシンプルな幼稚な方法なのですが、オレにしか役に立たないかもしれないですし、数ある方法論の一つとしてみていただければなと思います。

 パワーポイントなんて使ったことないのですが、持ってもいないので、オープンオフィスのパワーポイント的なソフトを初めて使ってプレゼン素材を作ってます。クリックするたびに文字が出るというのにしたいのですが、やりかたがよく分かりません。めくりなしの状態です。支障はないですからね。ノートパソコンが15分で熱暴走のために止まると言う困った状況なので、USBメモリに入れて先生のパソコンでやらせてもらおうと思っているのですが、互換しなかった場合は画像なしです。こんな事で大丈夫でしょうかね。上手にできたら、よるのひるねさんでもやらせていただきたいなーと野望を抱いております。

 詳しい位置づけはよく分からないのですが、教育学部芸術科の『映像表現論』という授業です。何棟の何教室とか今分からないので、後ほどお知らせします。13日の12時50分からです。食堂の近くの建物です。食堂と言ってもいろいろあるのかな。

続きを読む "『ストーリー創作のための鑑賞入門』" »

2008年11月 7日 (金)

時代

 アメリカでは黒人大統領が誕生し、小室哲哉さんは詐欺で逮捕と、時代の流れのダイナミズムを痛感せずにはいられないですね。

 黒人大統領なんて『24』みたいっていうニュースが配信されてます。

 てことは、奥さんがすごく悪いやつだったりなんて想像が湧いて人聞き悪いような感じもします。

 小室哲哉さんが逮捕も衝撃でした。それで準備していた自伝本が出版差し止めになったり、音楽が掛からなくなったりするそうで、それってむしろ逆じゃないですか。詐欺で被害者がいるわけだし、借金も相当なものらしいじゃないですか、その返済に稼いでもらった方がいいですよね。

 大人しく家で曲を作っていればよかったのに、海外事業なんかに手をだすから、気の毒で仕方がないです。日本で頂点を極めたから海外に進出するというのはスポーツ以外あんまり成功例がないのではないでしょうか。外国で成功する人は日本であんまりぱっとしなかったケースが多いように思います。日本でも外国でもすごいのなんて坂本龍一さんくらいじゃないですか。


続きを読む "時代" »

2008年11月 5日 (水)

大阪で上映イベント終わりました

 ライブハウスでの上映なので、音響が大変素晴らしくかつてないほどのド迫力音声での上映となりましたが、全く音響の処理が適当なので、非常に気まずかったです。音声は大事!を身につまされました。次回以降の映像製作では録音に全神経を注入していく所存です。ご来場いただいたお客さまに「面白かったですか?」なんて尋ねても「面白かったです!」なんてお返事を無理強いする図式以外何物でもないので、単行本をお持ちいただいた方には精一杯サインをさせていただきました。中には栃木からわざわざいらして下さる、銀杏ファンのお兄さんもいらっしゃって本当にどうもありがとうございました。交通費がもったいないですよ!

 それでまあ、映画はほんの短編なので、花くまゆうさくさん、しまおまほさん、急遽ゲスト出演をお願いした松永豊和さんでトークショーもさせていただきました。

 ご来場の皆さんどうもありがとうございました!


続きを読む "大阪で上映イベント終わりました" »

2008年11月 3日 (月)

最近あったこと

 スカパーの日本映画専門チャンネルに申し込みました。相米慎二監督の特集があるので、レンタルにない『ションベンライダー』と『とんだカップル』が見たかったんですよ。それできちんと受信できているかなとチャンネルを合わせてみると、はて?これ見たぞ、なんだっけ?なにかで見たような映画がやってるぞ、と思ったら『青春★金属バット』でした。途中からだったんですが、やっぱり素晴らしく作っていただいた面白い映画です。レンタル屋さんにもたいてい並んでいるし、DVDも発売中なので是非御覧いただけたらと思います!!

 母が携帯の着メロを変更すると言うので操作をしてメニュー画面を出してやりました。次々着メロを鳴らして選んでいると「ドラゴンリクエスト……」と「ドラゴンクエスト」に「リ」を付け足して言ってました。お昼のFMか。

 ようやく部屋の片付けと掃除をしました。ここ何年かで多分今が一番きれいな部屋です。何年かぶりで掃除機かけましたもんね。普段の掃除はほこりを集めてウエットティッシュで取る方式です。ストーブも出しました。あと机とHDDのデータの片づけをすれば完璧です。今年は元日に届くように年賀状を出すのが目標です。

 大阪の日程とCool Transの締め切りがかち合ってしまい、今週はトレーニングもできなかった。こんなことなら掃除なんて後回しにすればよかった。先日1年半ぶりくらいに加圧の調整をしていただいたところ、腕が1,5センチ足が3センチくらい太くなってました。わずか週1のトレーニングですが地道に続けていたことが形に表れると嬉しいです!! なので大阪から戻って原稿が終わったら絶対にトレーニングする。しなかったらアイスピックで腿を突く。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

連載・活動など

  • メンズエッグユース
    『盛れ鏡』というギャル男マンガ2ページを連載させていただいております。不細工なギャル男が、鏡の中の盛れてるオレにダメ出しされるという変なマンガです。ダメなギャル男でもがんばれ!
  • 難波ロックライダー
    大阪・難波のライブハウス、ロックライダーのフライヤーに四コママンガ『これがロックだぜ!』を毎月掲載や!読んでや! むっちゃええバンドがぎょうさん出とるライブハウスやで!
  • 決定版!XX
    アイドルヲタの妄想四コママンガを毎月掲載していただいております。一時は5ページマンガにまで昇格したのですが、四コマに戻ってしまいました……5ページ昇格目指して頑張ろう!
  • アックス
    毎号さまざまな内容でちょっとしたマンガを描かせていただいております!
  • パスマガジン
    新潟のファッション・サブカル月刊誌です。『ところでここどこ』という2ページの連載を創刊からやらせていただいており、単行本にもなりました!そしていよいよ10年目に突入しております。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitter

おすすめサイト

  • Book of days
     新潟の古町にある輸入雑貨や洋書屋さんです。青林工藝舎のマンガも扱ってくださってます。時折展示や演奏イベントもあります。経営されている帰山さんは私財を投げ打って新潟の文化の発展・向上に貢献されております。ぜひクリスマスや誕生日の贈り物はこのお店で買ってください!!
  • 大内アパート月報
     大内アパートは東京で最後に住んだ下北沢のアパートで西口徒歩1分という立地条件で和室6畳2間キッチン1畳トイレ付き、1階はガレージと書道教室と、騒ぐには格好の物件で、徐々に仲間で占拠して行きました。そんな住人でフリーペーパーを毎月発行して遊んでいたんですよね。アパートは取り壊されて、なくなってしまったのですが、マンガ家のじぇんじぇんが三代目編集長として今も中野で大内アパート月報を半年に一度くらいのペースで発行しています。このサイトはじぇんじぇんが運営していて、僕の大昔のショートマンガも読めますよ。創刊が1994年で、今もこうして存続しているというのは奇跡です。オレも当時は現在と違って仲間とわいわいやるのが好きだったんですね。
  • 青林工藝舎
    隔月漫画誌アックスを出版しています。 『ジンバルロック』を始めたくさん本を作っていただいております。社員のみなさんは自分たちの生活を省みずマンガ出版に命を懸けています。こんなすごい出版社は他にありません。

last.fm

  • last.fm
  • 再生回数