フォト

著作

  • : ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

  • : ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)
    クソ田舎を舞台に駄喧嘩と駄セックスに明け暮れる男の駄冒険マンガです。簡単に言えば空手を習った男が通り魔活動を行ったり変な女とセックスしたりするマンガです。02年から07年くらいまでの生活実感をベースに取材と妄想を練りこんでひねり出しました。大した音も出ない屁みたいな男たちに捧げます。全2巻です。

  • : ピンクニップル

    ピンクニップル
     あんなに憧れたセックスが手に入っても、うっかりしていると砂が指の間からこぼれるようにそのありがたさや存在が失われてしまう。セックスなどという下劣な我欲そのものに一体なぜこんなに心を焦がして夢中になってしまうのか、冷静になるとどうかしているとしか思えないです。だからと言って尊いわけでもなんでもない。オレのこの醜く不潔な性器をその体内に受け入れてくださり、柔らかい肌や可愛らしい乳首をなめさせてくださった、奇跡のように心優しい女の皆さんに感謝とお詫びを込めて描いたマンガです。もっと精いっぱい優しくすればよかった。エロマンガ作品集なので、子供は大人になってから読んでね!

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
    まさかオレが描いたマンガが映画になるなんて! 日本映画のマンガ原作ブームに紛れ込む事に成功した奇跡の映画化です。一流の監督に一流の役者、一流のスタッフに恵まれまったくもったいない事でございます。身に余る光栄です。

  • : ライフ・イズ・デッド

    ライフ・イズ・デッド
    屁みたいな田舎を舞台にしたゾンビマンガです。噛み付き以外に、性感染でゾンビ化するという設定が災いし、とあるメジャー誌ではボツになってしまいこんなマンガは描いてはいけないのだろうかと途方に暮れていたところ漫画アクション編集部でも賛否両論真っ二つだったそうですが、どうにか掲載していただきました。ニートの青年がゾンビになって家族が迷惑するという内容です。ゾンビ研究の大家でいらっしゃる伊東美和さんよりかつてない和ゾンビものであるとご推薦をいただき、またゾンビ好きの人からの評判はいいみたいです。

  • : このマンガを読め! (2007)

    このマンガを読め! (2007)
    その年発売のマンガから特にお勧めのものを紹介する本です。楳図かずお先生と山松ゆうきち先生に挟まれるという光栄極まりない形で長いインタビューを掲載していただいております。

  • : エロ悲しい

    エロ悲しい
    自費で出版した『ピンクニップル』を収録していただいております。石原まこちん先生とエレキコミックの八井さんとの対談やマンガや読み物で充実したエロ悲しい内容です。

  • : これが未来だぜ!

    これが未来だぜ!
     新世紀を迎えて早6年?5年?となっておりますが、果たしてこれが夢見た21世紀なのだろうか。よもや無職の若者の大量発生や少子化、振り込め詐欺やプチ家出が社会問題となっているとは、これでいいのか。とは言え、核戦争後の暴力が支配する荒廃した世界になってなくてよかったと胸をなでおろす次第であり、アトムが生まれる時代を迎えたと思ったらasimoみたいなのしかなかったという思いを込めて描いたゆるいSF&ホラー麻雀マンガのエンターテイメント作品集です。

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
     初の映画化作品でありながら、ほぼ絶版状態というわが身の不徳の致すところとは言えあんまりな状況に青林工藝舎さんがまたも、助け舟を出して下さり、映画が完全に終わる前にどうにか再出版していただきました。版形が小さくなった分、お求めやすくなっております。どうにも誤魔化しきれない愚かさや気の小ささを、素直に適切に把握しておきさえすれば、こんな事にはならずに済んだのに……となる前にぜひともお読みいただければ、こんな本を描いた甲斐があったと言えます。つい自分を大きく見せたいと思ってしまったばかりにケチな犯罪に身をやつす事態に遭遇してしまう、そんなマンガ作品集です。どうあがいてもケチな人生は覆い隠せず、そこは認めて、そこから何ができるのか、現状でのベストを目指すより仕方がないと自戒を込めて言いたいのですが、とにかく生きて行こうではありませんか。そんな気持ちで描いた青春犯罪マンガ作品集です。秋田書店版よりおまけマンガが若干増えております。

  • : 転校生 オレのあそこがあいつのアレで

    転校生 オレのあそこがあいつのアレで
    高校生カップルの性器が入れ替わり女性器を持った男子、男性器を持った女子が珍騒動を繰り広げると言った変態マンガです。初のメジャー作品で、こんな飛び道具的な設定のお陰で連載時には読者アンケートで最高で3位を記録しました。このマンガを描くために池袋の肛門性感でカマを掘られてきた甲斐があったというものです!

  • : チェリーボーイズ

    チェリーボーイズ
    始めて描いた長編マンガです。童貞の青年が三人集まって非合法的な手段で童貞を棄てようと作戦を企てるというお話です。いつも構成には気を使うのですが、自作の中で最も構成がうまくいった作品です。テーマは最低ですが、その中で友情、努力、勝利を描こうと思いました。こんなマンガを描いたせいで童貞だと思われているのが癪に障ります。

  • : 死んだ目をした少年

    死んだ目をした少年
    生きているとしんどいこともあるもので、30をとっくに過ぎて中学生の気持ちというか、自分が最も嫌々生きていた時代である中学くらいの気持ちとシンクロした時の感覚を逃さないように、マンガにしようと思いました。その感じを最大限表現できたら、破綻していたり作品としての完成度は低くても構わないくらいの気持ちで描いたのですが、案外すっきり構成できました。非常にスケールの小さいファイトクラブといった内容です。(2005年3月発売)

  • : ミルフィユ

    ミルフィユ
    20代に描いた恋愛とセックスのマンガ作品集です。30代後半の今、読み返して気恥ずかしいのは、よくも悪くも今よりももっと純粋だった頃の恋愛観が濃縮されているからであります。端的に言えば暗中模索しつつも今よりずっと女性を大切に思っておりました。タイトルは今は辞めてしまった家業のお菓子屋に対して当時抱いていた熱意の表れです。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.23)

    青林工芸舎: アックス (Vol.23)
    『チェリーボーイズ』最終回を記念しての小特集で、杉作J太郎先生と対談をさせていただきました。J太郎先生の童貞話は筋がビシッと通ったラジカルなものでとても面白いですよ。おまけで童貞大百科もついてます。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.14)

    青林工芸舎: アックス (Vol.14)
    ジンバルロックの発刊を記念して特集を組んでいただきました。マンガは短編『真夜中の聖火ランナー』(『青春★金属バット』収録)が掲載となっています。編集のSさんに新潟に来ていただいて、『ジンバルロック』の舞台となった母校やゲーセンなどの写真や、当時は実家の仕事をやっていることなど今読むと恥ずかしいインタビューも掲載されております。

  • 青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)

    青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)
    小特集で取り上げていただきました。ジンバルロックが始まったばかりで、まだ東京に住んでいる時の自宅取材とインタビューが掲載されております。汚い部屋でこたつでマンガを描いている写真や、仲間と作っていたフリーペーパー、大内アパート月報まで載っています。

  • : ジンバルロック

    ジンバルロック
    2000年発売の初めての単行本です。 高校時代を華々しい物語やなにやら叙情的なものとして捕らえたい風潮がありますが、そういうのに水をぶっかけるようなお話です。簡単に言えばしょぼくてせこい内容です。取るに足らない地味な内容でどれだけエンターテイメントを成立させられるかという試みでもありました。どのページも最低何か一つはどんなささいなことでも面白いことを盛り込もうと努めました。こんなマンガなのでどう紹介したらいいものか、簡単に言うと「普通の高校生がぐずぐずするマンガ」などと言ってしまい、全く読む気を殺いでしまいます。売り要素の伝わりづらさがオレのマンガの売れない原因だと思います。

   


  • あわせて読みたい

無料ブログはココログ

三平映画館

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

今年も半分終わりだ

 まいりましたね、この前今年になったと思ったらもう半分終わり!なんでしょうね。さっぱり仕事してないせいですかね。そう思っていたのですが、久しぶりに18枚のマンガを大慌てで描いております。だらだらしていたら急に描かないといけなくなって、こんな事なら『僕はセックスがうまい』を先に進めておけばよかったと、大後悔している最中です。でもですね、『童貞の教室』に描かせていただいた14枚が今年の一番長い仕事だったので、いいですね18枚だと、ラジオがたくさん聞けます。『深夜の馬鹿力』が全然進まなくなって困っていたんですよ。話題についていけないですから、リスナー仲間に会っても気まずいのです。やっと去年の9月が終わって今日から毎日2本ずつ聞くので半年遅れくらいまで追いつきたいですね。

続きを読む "今年も半分終わりだ" »

2009年6月27日 (土)

『エヴァンゲリヲン新劇場版・破』を見た

 水曜日にユナイテッドでチケットを買って、見てきましたよ! 『序』の時は夜中の回でも満席で見れなかった経験があって、新潟の映画館でそんな状況はかつてなかったのでとてもビックリしました。どんな話題作でも楽勝で見れるのが新潟の映画館です。なので、今回はそういうように、前売り指定席を溜まりに溜まったポイントでタダで見ようとしたわけですが、初日の昼間の回なのに、ほぼ満席でしたがあれれ?空席もチラホラありました。やっぱり続編なので『序』で熱狂した人も時間の経過で興味がなくなったりした人もいたのかもしれませんね。初回は完売のシールが貼られていましたよ。たまにはブロガーらしく最新の話題に食いついたっていいじゃない!

 それで、作品はというと、これが!いろいろな意味ですごかったです。自慢ですが、ガイナックスのHPのトップページイラストを描かせていただいたこともある男ですよ、そんなオレとしてもビックリするような映像体験でした! 圧倒されました。『序』で抱いた、結局テレビを焼きなおすだけなのではないかという懸念は見事に払拭されました。物語としても、そう来るか!と骨格としては同じでも違う展開や見せ方による攻めの姿勢をすごく感じました。見た方がいいと思います。

 ここから先はネタバレなので、これから見に行くという人は、絶対に読まないでください!絶対に読んではダメですよ!! 一言だけ、最後の最後まで席を立ってはいけないですよ。

続きを読む "『エヴァンゲリヲン新劇場版・破』を見た" »

2009年6月26日 (金)

アックス69号

アックス69<br />
 号
 アックス最新号の山田花子さん特集で林静一さんと対談させていただいております。山田さんの妹である高市さんにも同席していただいていたのでその場でどんどん疑問にも答えていただけるというすごい状況でした。林さんの素晴らしいお言葉の数々、ぜひ皆さんにもお読みいただきたいです。山田さんの再録マンガもとても面白いです!

続きを読む "アックス69号" »

2009年6月22日 (月)

村上賢司監督が新潟に来た

 村上賢司監督に、にいがた映画塾14期講座日曜日コースのゲスト講師にいらしていただきました。村上監督は大学の時のゼミの一年後輩で、当時から8ミリカメラをしょっちゅう回していて、映画研究会の人かと思っていました。そしたら、実は映研には所属していなかったという事実が発覚してビックリしました。村上君の計算によるとなんと15年ぶりの再会でした。多分、村上君がイメージフォーラムの卒業制作の上映会で、オレがそれを見に行って以来だと思うのです。その時、「村上くんのが一番面白くて、他のは全然面白くないね!」と言ったら、村上君が血相を変えて「しっ!」と口に指を立てて言っていたのが記憶に鮮明です。しばらくして村上君の作品がイメージフォーラム大賞を受賞していました。とにかくそれ以来だったと思います。

 どっちが先か分からないのですが、新宿御苑に住んでいた村上君のアパートを訪ねた事があります。素敵なボロアパートで天井から8ミリフィルムが何本もぶら下がっていました。そのあまりのコマの小ささに、オレにはこれは絶対にも無理だと思いました。お金も掛かるし、オレはマンガがでよかったなあと思いました。それから何年も経って、デジタルビデオカメラがとても安くなってパソコンでの編集が一般化して、やっとオレの出番が来たと思ったわけです。村上君は、当時と比較して「今はタダで映画が作れる」と言っていました。極端かもしれないですが、当時と比べたら本当にタダみたいな感じだと思います。それはね、高い機材を欲しがったら切りがないですが、オレが使っているような粗末な機材だったらタダみたいなものです。当時は何十分かの作品を作ろうとしたら、それこそ何十万円も掛ける必要があったのです。一本の制作費がそれですもんね。


続きを読む "村上賢司監督が新潟に来た" »

2009年6月19日 (金)

Tシャツ展とマンガ掲載のお知らせ

 ジンバルロックやガロハロのTシャツを作っていただいているyonpoさんの展覧会があります。アックスでお馴染みのマンガ家さんのTシャツがたくさんあります。青林工芸舎の書籍販売もあります。どうみてもオレのTシャツが群を抜いてあんまりかっこよくないという残念なところではありますが、それはまさしくオレの画力とセンスの問題なので、他の人はかっこいいなあ、特に羽生生さんやキクチヒロノリさんすごくいいです。かっこいいTシャツたくさんあるので、ぜひ足をお運びください!


yonpo展~お気に入りを着て、いつもより遠くへ~

場所:にじ画廊
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-2-10
http://www12.ocn.ne.jp/~niji/

開催期間:2009.6.18 thu - 6.30 tue(水曜日はお休みです)
     12:00~20:00(最終日~19:00) 

レセプションパーティー
6.20 sat 18:00~20:00

「お気に入りを着て、いつもより遠くへ」をコンセプトにさまざまな
ジャンルの作家さんたちがTシャツにデザインを発表しています。
yonpo専属デザイナーからサブカル的人気を誇る漫画家さんなど
個性的なデザインが数多くあります。
きっと、お気に入りのデザインを見つけることができると
思いますのでぜひ、お立ち寄りください。

-参加アーティスト-
たま、アサミ、ムラオ、ハギヤマタカヒロ、高幹雄、宮本康太(comix)
-参加漫画家-
駕籠真太郎、河井克夫、川崎タカオ、キクチヒロノリ、古泉智浩、
ダーティ・松本、羽生生純、早見純、堀道広、本秀康、田房永子

yonpo:http://www.yonpo.info

 それから、『DVDマジ!』というミリオン出版のエロマンガ雑誌で3ページマンガを描かせていただいております。

続きを読む "Tシャツ展とマンガ掲載のお知らせ" »

2009年6月17日 (水)

『レスラー』を見た

 『レスラー』はすごい映画でした。ミッキーロックが単にムキムキじゃなくて、見事に肉のたるんだ中年レスラーの体になっていて、ブロンドの長髪も中年のレスラーっぽく汚らしかった。常に肘が痛そうで、呼吸が何もしていない時もゼーハー言っていて、補聴器も付けていて、見るからに全身ボロボロでした。小さい団体でもメインイベンターなのに、スーパーで仕事をしないといけない境遇にありました。

 ミッキーロークは元スーパースターのレスラーだったので、ちょっと違うかもしれないけど、安田忠夫さんを思い出しました。安田忠夫さんは2001年のの大晦日にMMAでジェロム・レ・バンナと対戦して、誰もが秒殺KOされると思っていたのに、渾身のギロチンチョークでタップアウトさせ、一夜にしてヒーローになったのでした。別居していた娘もリングに上がって肩車していました。娘さんはとても困った感じでしたが素晴らしい場面でした。

 そんな安田選手は借金で問題があったとかで、数年後引退して自殺未遂騒動を経て古町のパチンコ屋でも一時期働いていたという話を聞きました。声を掛けると写真も撮らせてくれていたそうで、訪ねてみればよかったなと思っていました。今はどうしているんでしょう。

 ここから先はネタバレですので、映画を楽しみにしているという人は絶対に読まないでくださいね!!

続きを読む "『レスラー』を見た" »

2009年6月14日 (日)

三沢光晴さんまでが……

 80年代の人妻マンガを描いているので、そういった資料を調べる事が多いのですが、今年の状況が1989年になんだか似ているような気がするんですよ。昭和が終わって平成になった年で、この年は昭和天皇が亡くなって、時代が変わったと思ったら美空ひばりさんが亡くなって手塚治虫さんも亡くなって松田優作さんも松下幸之助さんも亡くなってと次々超大物が逝ってしまったのです。これが時代の節目というものかと振り返って思います。偶然の一言で片付けてもいいかもしれないですが、オレはそういう風には捕らえないです。

 四天王プロレスと言われたあの激しい試合を、それこそ脳天から真っ逆さまに落ちているようにしか見えない試合を生き抜いた三沢さんが、試合も見ていないのでなんとも言えないですが呆気なく亡くなってしまいました。ウソだ!と思いました。オレなんかもうプロレスはほとんど見なくなってしまい、なんか言えるようなファンでもなんでもないですが、呆然としてしまいます。

続きを読む "三沢光晴さんまでが……" »

2009年6月11日 (木)

普段接しているだけでは分からない

 一緒に自主映画作ったり、映画を一緒に見たり、講座の運営をしたりしているUくんという友達がいるんですよ。Uくんとはそんな関係で話す機会も多く、映画を見た後は感想を述べ合ったりもしていて、Uくんの作る自主映画も面白くて人柄も誠実で真面目に仕事もしているし、乗っている車もエコカーだったりと、まあとにかくナイスガイなわけです。

 そんなUくんはロックを愛好している面もあって、この度ロッキンオンジャパンに投稿した文章が見開き2ページものサイズで採用されるという快挙をなしとげました。その文章がまた本当に素晴らしい文章で胸をえぐられるような内容でした。本人にさっそく電話をしたら随分と照れくさそうだったので、ここではイニシャルにさせていただいております。今発売中のジャパンの二百八十何ページだかに掲載されている、『ジョゼと虎と魚たち』と上松秀実さんの『トラウマ』という曲について考察した文章です。

続きを読む "普段接しているだけでは分からない" »

2009年6月 8日 (月)

17年のオレです

 竹熊健太郎さんのブログを毎回楽しみに拝見しているのですが、マンガ家についての記事が載っていました。

・「担当がつきました」とはどういうことか(たけくまメモ)

 新人マンガ家が雑誌に投稿したり持込すると担当編集者が着いて、それで大喜びしている、でもそれはほんのスタート地点に立っただけで大変なのはこれからなのだと叱咤激励して下さっています。その記事で「マンガ家は、10年続いて一人前、20年続けば天才、30年やってる人はバケモノだ」と、とある編集者の言葉が引用されていました。先日、山田花子さんの資料を調べていたら、お亡くなりになったのは1992年の5月で、オレが初めてマンガが掲載されたのもその年の12月でした。なので、93年だと思っていたら92年で、オレのマンガ家生活は今年で17年目だったのでした。

 でも、この10年続いて1人前という話は、新人賞かなにかでデビューして、その後連載作家になって、単行本出してそれが継続しているというケースが想定されての話だと思うのです。オレはずっと他の仕事したり失業保険もらったり、実家の手伝いしながらやっていたので、あんまり当てはまらないのではないかと思いました。そのケースに当てはまるのは、すぎむらしんいちさんや山本英夫さんや小林まことさんやの場合です。他にも大勢いらっしゃいますが、なんとなく思いついたので。
 


続きを読む "17年のオレです" »

2009年6月 4日 (木)

4月5月に見た映画

 こんな報告をして意味があるのか分からないですが、自分で後から一年を振り返る時などにとても役に立ちます。テレビドラマを見るのを止めてから映画を見る本数が飛躍的に増えて、DVDも毎週2枚ずつレンタルして、最新作以外で興味のあって目ぼしいところは大体見終わって来た様な感じです。明らかに評判の悪い失敗映画とかそういうのはあんまり見たくないんですよ。見るべきかもしれないですが、そういうのテレビドラマ研究で散々見ました。

 最近は新作映画を見るに当たってその関連作品を見て点と点が線になるようなそういう見方ができないだろうかと実験しています。例えばいよいよ来週から『レスラー』が公開されるじゃないですか。ダーレンアルロフスキー監督作品の『レクイエムフォードリーム』を見て、ミッキーローク主演の『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』を見て、それで『レスラー』に臨むと、そういう具合です。映画に詳しい人はみんなとっくにやっていると思いますが、そうやって見るととても感慨深いものがあるわけです。先日は『グラントリノ』を見て感激して『許されざる者』を見たら、『許されざる者』で馬にも上手に乗れないお爺ちゃん役のクリント・イーストウッドが、それでも『グラントリノ』よりずっと若々しかったので驚きました。そういう具合で面白いのです。


続きを読む "4月5月に見た映画" »

2009年6月 1日 (月)

近況です

 友達が誰もつきあってくれなくなったPSPのモンスターハンター2Gですが、未だにしつこくやってます。ナルガクルガを楽に倒せるようになって、それで作った防具で横っ飛びで避ける幅が大きくなるスキルが発動して、やたらと有利になりました。それで下位クエストに戻ってナナテスカトリを何匹もやっつけて、火系統の武器を作っております。頑張ればG級に手が届くのですが、そんなやって遊んでいるのが楽しくて仕方がないです。弱いもの虐めですけどね。そういうわけで8月1日発売のモンスターハンター3を予約しました。wii持ってないんですが!

 この今使っているデスクトップPCの調子がすこぶる悪く、うっかりするとブルースクリーンからの再起動という事態になって、こうして文章を打つのも冷や冷やです。長文を書いて保存してない時にブルースクリーンが現れたときには本当に通り魔の気持ちがちょっと理解できます。なので、windows7の導入を真剣に検討しております。


続きを読む "近況です" »

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

連載・活動など

  • メンズエッグユース
    『盛れ鏡』というギャル男マンガ2ページを連載させていただいております。不細工なギャル男が、鏡の中の盛れてるオレにダメ出しされるという変なマンガです。ダメなギャル男でもがんばれ!
  • 難波ロックライダー
    大阪・難波のライブハウス、ロックライダーのフライヤーに四コママンガ『これがロックだぜ!』を毎月掲載や!読んでや! むっちゃええバンドがぎょうさん出とるライブハウスやで!
  • 決定版!XX
    アイドルヲタの妄想四コママンガを毎月掲載していただいております。一時は5ページマンガにまで昇格したのですが、四コマに戻ってしまいました……5ページ昇格目指して頑張ろう!
  • アックス
    毎号さまざまな内容でちょっとしたマンガを描かせていただいております!
  • パスマガジン
    新潟のファッション・サブカル月刊誌です。『ところでここどこ』という2ページの連載を創刊からやらせていただいており、単行本にもなりました!そしていよいよ10年目に突入しております。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitter

おすすめサイト

  • Book of days
     新潟の古町にある輸入雑貨や洋書屋さんです。青林工藝舎のマンガも扱ってくださってます。時折展示や演奏イベントもあります。経営されている帰山さんは私財を投げ打って新潟の文化の発展・向上に貢献されております。ぜひクリスマスや誕生日の贈り物はこのお店で買ってください!!
  • 大内アパート月報
     大内アパートは東京で最後に住んだ下北沢のアパートで西口徒歩1分という立地条件で和室6畳2間キッチン1畳トイレ付き、1階はガレージと書道教室と、騒ぐには格好の物件で、徐々に仲間で占拠して行きました。そんな住人でフリーペーパーを毎月発行して遊んでいたんですよね。アパートは取り壊されて、なくなってしまったのですが、マンガ家のじぇんじぇんが三代目編集長として今も中野で大内アパート月報を半年に一度くらいのペースで発行しています。このサイトはじぇんじぇんが運営していて、僕の大昔のショートマンガも読めますよ。創刊が1994年で、今もこうして存続しているというのは奇跡です。オレも当時は現在と違って仲間とわいわいやるのが好きだったんですね。
  • 青林工藝舎
    隔月漫画誌アックスを出版しています。 『ジンバルロック』を始めたくさん本を作っていただいております。社員のみなさんは自分たちの生活を省みずマンガ出版に命を懸けています。こんなすごい出版社は他にありません。

last.fm

  • last.fm
  • 再生回数