フォト

著作

  • : ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

  • : ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)
    クソ田舎を舞台に駄喧嘩と駄セックスに明け暮れる男の駄冒険マンガです。簡単に言えば空手を習った男が通り魔活動を行ったり変な女とセックスしたりするマンガです。02年から07年くらいまでの生活実感をベースに取材と妄想を練りこんでひねり出しました。大した音も出ない屁みたいな男たちに捧げます。全2巻です。

  • : ピンクニップル

    ピンクニップル
     あんなに憧れたセックスが手に入っても、うっかりしていると砂が指の間からこぼれるようにそのありがたさや存在が失われてしまう。セックスなどという下劣な我欲そのものに一体なぜこんなに心を焦がして夢中になってしまうのか、冷静になるとどうかしているとしか思えないです。だからと言って尊いわけでもなんでもない。オレのこの醜く不潔な性器をその体内に受け入れてくださり、柔らかい肌や可愛らしい乳首をなめさせてくださった、奇跡のように心優しい女の皆さんに感謝とお詫びを込めて描いたマンガです。もっと精いっぱい優しくすればよかった。エロマンガ作品集なので、子供は大人になってから読んでね!

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
    まさかオレが描いたマンガが映画になるなんて! 日本映画のマンガ原作ブームに紛れ込む事に成功した奇跡の映画化です。一流の監督に一流の役者、一流のスタッフに恵まれまったくもったいない事でございます。身に余る光栄です。

  • : ライフ・イズ・デッド

    ライフ・イズ・デッド
    屁みたいな田舎を舞台にしたゾンビマンガです。噛み付き以外に、性感染でゾンビ化するという設定が災いし、とあるメジャー誌ではボツになってしまいこんなマンガは描いてはいけないのだろうかと途方に暮れていたところ漫画アクション編集部でも賛否両論真っ二つだったそうですが、どうにか掲載していただきました。ニートの青年がゾンビになって家族が迷惑するという内容です。ゾンビ研究の大家でいらっしゃる伊東美和さんよりかつてない和ゾンビものであるとご推薦をいただき、またゾンビ好きの人からの評判はいいみたいです。

  • : このマンガを読め! (2007)

    このマンガを読め! (2007)
    その年発売のマンガから特にお勧めのものを紹介する本です。楳図かずお先生と山松ゆうきち先生に挟まれるという光栄極まりない形で長いインタビューを掲載していただいております。

  • : エロ悲しい

    エロ悲しい
    自費で出版した『ピンクニップル』を収録していただいております。石原まこちん先生とエレキコミックの八井さんとの対談やマンガや読み物で充実したエロ悲しい内容です。

  • : これが未来だぜ!

    これが未来だぜ!
     新世紀を迎えて早6年?5年?となっておりますが、果たしてこれが夢見た21世紀なのだろうか。よもや無職の若者の大量発生や少子化、振り込め詐欺やプチ家出が社会問題となっているとは、これでいいのか。とは言え、核戦争後の暴力が支配する荒廃した世界になってなくてよかったと胸をなでおろす次第であり、アトムが生まれる時代を迎えたと思ったらasimoみたいなのしかなかったという思いを込めて描いたゆるいSF&ホラー麻雀マンガのエンターテイメント作品集です。

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
     初の映画化作品でありながら、ほぼ絶版状態というわが身の不徳の致すところとは言えあんまりな状況に青林工藝舎さんがまたも、助け舟を出して下さり、映画が完全に終わる前にどうにか再出版していただきました。版形が小さくなった分、お求めやすくなっております。どうにも誤魔化しきれない愚かさや気の小ささを、素直に適切に把握しておきさえすれば、こんな事にはならずに済んだのに……となる前にぜひともお読みいただければ、こんな本を描いた甲斐があったと言えます。つい自分を大きく見せたいと思ってしまったばかりにケチな犯罪に身をやつす事態に遭遇してしまう、そんなマンガ作品集です。どうあがいてもケチな人生は覆い隠せず、そこは認めて、そこから何ができるのか、現状でのベストを目指すより仕方がないと自戒を込めて言いたいのですが、とにかく生きて行こうではありませんか。そんな気持ちで描いた青春犯罪マンガ作品集です。秋田書店版よりおまけマンガが若干増えております。

  • : 転校生 オレのあそこがあいつのアレで

    転校生 オレのあそこがあいつのアレで
    高校生カップルの性器が入れ替わり女性器を持った男子、男性器を持った女子が珍騒動を繰り広げると言った変態マンガです。初のメジャー作品で、こんな飛び道具的な設定のお陰で連載時には読者アンケートで最高で3位を記録しました。このマンガを描くために池袋の肛門性感でカマを掘られてきた甲斐があったというものです!

  • : チェリーボーイズ

    チェリーボーイズ
    始めて描いた長編マンガです。童貞の青年が三人集まって非合法的な手段で童貞を棄てようと作戦を企てるというお話です。いつも構成には気を使うのですが、自作の中で最も構成がうまくいった作品です。テーマは最低ですが、その中で友情、努力、勝利を描こうと思いました。こんなマンガを描いたせいで童貞だと思われているのが癪に障ります。

  • : 死んだ目をした少年

    死んだ目をした少年
    生きているとしんどいこともあるもので、30をとっくに過ぎて中学生の気持ちというか、自分が最も嫌々生きていた時代である中学くらいの気持ちとシンクロした時の感覚を逃さないように、マンガにしようと思いました。その感じを最大限表現できたら、破綻していたり作品としての完成度は低くても構わないくらいの気持ちで描いたのですが、案外すっきり構成できました。非常にスケールの小さいファイトクラブといった内容です。(2005年3月発売)

  • : ミルフィユ

    ミルフィユ
    20代に描いた恋愛とセックスのマンガ作品集です。30代後半の今、読み返して気恥ずかしいのは、よくも悪くも今よりももっと純粋だった頃の恋愛観が濃縮されているからであります。端的に言えば暗中模索しつつも今よりずっと女性を大切に思っておりました。タイトルは今は辞めてしまった家業のお菓子屋に対して当時抱いていた熱意の表れです。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.23)

    青林工芸舎: アックス (Vol.23)
    『チェリーボーイズ』最終回を記念しての小特集で、杉作J太郎先生と対談をさせていただきました。J太郎先生の童貞話は筋がビシッと通ったラジカルなものでとても面白いですよ。おまけで童貞大百科もついてます。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.14)

    青林工芸舎: アックス (Vol.14)
    ジンバルロックの発刊を記念して特集を組んでいただきました。マンガは短編『真夜中の聖火ランナー』(『青春★金属バット』収録)が掲載となっています。編集のSさんに新潟に来ていただいて、『ジンバルロック』の舞台となった母校やゲーセンなどの写真や、当時は実家の仕事をやっていることなど今読むと恥ずかしいインタビューも掲載されております。

  • 青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)

    青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)
    小特集で取り上げていただきました。ジンバルロックが始まったばかりで、まだ東京に住んでいる時の自宅取材とインタビューが掲載されております。汚い部屋でこたつでマンガを描いている写真や、仲間と作っていたフリーペーパー、大内アパート月報まで載っています。

  • : ジンバルロック

    ジンバルロック
    2000年発売の初めての単行本です。 高校時代を華々しい物語やなにやら叙情的なものとして捕らえたい風潮がありますが、そういうのに水をぶっかけるようなお話です。簡単に言えばしょぼくてせこい内容です。取るに足らない地味な内容でどれだけエンターテイメントを成立させられるかという試みでもありました。どのページも最低何か一つはどんなささいなことでも面白いことを盛り込もうと努めました。こんなマンガなのでどう紹介したらいいものか、簡単に言うと「普通の高校生がぐずぐずするマンガ」などと言ってしまい、全く読む気を殺いでしまいます。売り要素の伝わりづらさがオレのマンガの売れない原因だと思います。

   


  • あわせて読みたい

無料ブログはココログ

三平映画館

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

『スペースバンパイア』を見た

 林静一さんの真似をしてWOWOWで映画を見る事にしたんですが、するとまあタダなもんで、オレはUFCを見るために加入したのでタダみたいなもんなんです、これまで気に掛かっていたけどわざわざレンタルしてまで見る気もないような映画や、前に見てたいそう面白かった映画も見る事になってしまい大変なんです。忙しくてブログなんて更新している暇がない(堀道広さんの真似)!

 それで『スペースバンパイア』を見ました。こんなしょっちゅうテレビで、それこそ毎年夏になるとやっているような映画なのですが、オレはこれまで見ていませんでした。これには理由があります。多分公開当時高校生だったと思うんですが、熱心に映画館に通っていて予告を見たんです。宇宙で全裸の美女の宇宙人に遭遇して地球に連れてきたらなんとバンパイアだったとそんな内容で、いくら子供だからってバカにすんじゃねえ!と思いました。


続きを読む "『スペースバンパイア』を見た" »

2009年7月29日 (水)

vistaは諦めた

 しょっちゅう、突然画面がブルーになって勝手に再起動をしてしまいながらも騙し騙し、ウィンドウズ7が出るまで!と心に言い聞かせながら使っていたうちのvistaパソコンなのですが、とうとうまともに起動しなくなりました。OSの再インストールをしようとにも再起動になると、再起動を繰り返すためにっちもさっちも行かないのです。仕方がない、いったんHDDを取り出してフォーマットして再インストールするしかないと思いました。ついでになんだったら1TのHDDに載せかえるのもいいかなと思っていました。ところがパーツ屋のショップパソコンで小型のケースがあまりに複雑でHDDの取り出し方が分かりません。店に持っていってその場でHDDを買えば、快く取り出し方を教えてくれるかなと思いました。

 ふと、OSを使っていないノートパソコンのシリアルナンバーだったら、XPをインストールできるかもしれないと思いつきました。XPはドライブをフォーマットしてからインストールする機能があったので簡単にうまくいきました。改めてXPは大傑作OSだったのだと実感しました。

続きを読む "vistaは諦めた" »

2009年7月26日 (日)

細田幹事長

 原因不明の頭痛に襲われて、脳に腫瘍ができて今眠ったらこのまま死んでしまうんじゃないかと思いながらイブを飲んで寝たら、すっきり治りました。

 麻生総理の事をよく考えるのですが、麻生さんが不人気な理由のひとつは細田幹事長があまりに頼りないからだと思いました。総理大臣が批判されると、幹事長がビシっと火消しをしていたという印象があります。ところが細田幹事長ときたら、いつもフニャフニャ喋ってばかりで、人の好さばかりが目に付きます。先週のサンデープロジェクトで、民主の岡田幹事長と一騎打ちという図式で向かい合って討論していた時も「詰めが甘いんだよ詰めが」と厳しい口調で追い込もうとしていたのですが、丸っきり迫力がなく、負け惜しみを言っているようにしか聞こえなかったです。


続きを読む "細田幹事長" »

2009年7月23日 (木)

最近思ったこと

 衆議院解散で感無量です。麻生総理の解散の挨拶も涙目で詫びるという、なんかかっこよかったです。長くて待ちくたびれたのですが、でも議員の皆さんは当選したらそれは任期の4年務めたいわけですよね。選挙はお金が掛かるので回収するまで辞めたくない気持ちも分かります。でもそんなのどうでもいいです。また選挙当日まで、開票日まで、組閣までと見所たっぷりじゃないですか。また40日間も選挙まであるのも長いですが、その分たっぷり楽しませてもらいましょう! 選挙当日が、阿佐ヶ谷よるのひるねでイベントなので、まいったな。中継が盛り上がるのは夜なので大丈夫かな。オレは期日前投票します。

続きを読む "最近思ったこと" »

2009年7月20日 (月)

『あんにょん由美香』を見た

 先日、松江哲明監督作品『あんにょん由美香』という映画の上映イベントで、トークイベントに出させていただきました。当日いいそびれた事や後から思いついた事など書かせていただきたいと思います。ご来場いただいた皆様、松江監督、プロデューサーの直井さん、ありがとうございました。パニックセブンゴールドの宣伝までさせていたき、本当にありがとうございました。

 この映画は亡くなったAV女優の林由美香さんが、人知れず日韓合作の変なAVとピンク映画の中間のような作品に出演されていて、果たして一体どんな経緯でそのような作品が作られたのかをレポートするとともに、林由美香さんの足跡をたどるといった内容でした。林さんの太いとしか言いようのない生き様や、謎の作品『東京の人妻・純子』を巡る人々の生き様が浮き彫りになっていき、不思議なドラマが展開します。

 ここから先はネタバレありあり進行なので、これから映画をお楽しみになりたいという皆さんは絶対に読まないでくださいね! 『あんにょん由美香』は毎日20時30分からポレポレ東中野で上映中です。大好評につき、8月1日からは6時15分からも合わせて一日2回上映となります。終電の早い人も大丈夫です!

続きを読む "『あんにょん由美香』を見た" »

2009年7月17日 (金)

ここ最近の『ワイルドナイツ』

 2月の発売なのに、とてもありがたい事にここ最近『ワイルド・ナイツ』を週刊アスキーさまとTVブロスさまでご紹介いただきました。

 週刊アスキーは新幹線に乗るときはほぼ必ず買って読んでおります。オレはパソコンが本当に好きで、しかしもっとハードな専門誌ではついて行けない程度なので、とても調度いいです。唐沢なをきさんや岡田斗司夫さんの連載も面白いですし、特にオレが注目しているのはSSDの値段の下がり方で最新情報に胸が躍ります。ビデオカメラや動画編集ソフトの特集もちょいちょいしてくれるので、自主映画に興味のある人は絶対に読んだ方がいいと思います。パソコンの自作に更に詳しい別冊アスキーもとても面白いです。

 TVブロスは東京に住んでいた時は毎号買っておりました。一時新潟長野版も出て、とうとう時代が来たかと思って大喜びで買っていたら間違って関東版を買ってしまい、あれ?と思いつつ次号を待っていたら、いつの間にか新潟長野版はなくなっていました。あんまり新潟では流行らなかったみたいでした。東京で読んでいた頃は石丸元章さんが連載されていた時期もあり、すぐクレームだらけで終わってしまったんですが、本当に面白かったです。

続きを読む "ここ最近の『ワイルドナイツ』" »

2009年7月16日 (木)

隣県の映画祭

 去年、なんとなく気まぐれで訪れたカナザワ映画祭があまりに面白く大変な衝撃だったため、毎年絶対に行くことを決心しました。去年は宿も取らず、変な感じの日帰りみたいだったので、今年はもう前乗りするくらいに宿も抑えて、しゃぶり尽くす勢いで行こうかと思っています。カナザワはそんな調子でいいのですが、こうなってくると以前から評判だった山形映画祭も気になります。仕事もあるので、そんなにだらだらしているわけにはいかないですが、山形や山形の皆さんにはただならぬ縁を感じるところでもあり、2年に一度の開催でもあり、機は完全に熟していると見ても間違いないはず。

カナザワ映画祭
9月18日(金)~25日(金)

山形ドキュメンタリー映画祭
10月8日(木)~15日(木)

 まだどっちも情報は上がってないようです。山形ドキュメンタリー映画祭は、松江哲明監督がデビュー作『あんにょんキムチ』を上映した映画祭でもあるのです。そんな松江監督の最新作『あんにょん由美香』の上映が始まっていて17日(金)のトークイベントに呼んでいただきました。なんとか動員に貢献したいので、皆さんぜひご来場ください! サンプルDVDを見せていただいたのですが、すごくよかったんです。鎮魂歌と呼ぶにふさわしい、ほろ苦さを含んだ笑いといったなんだかとても慰められるような味わいがありました。出てくる人がみんな、虚飾がなく、安全な場所にいない人ばかりなのもかっこよかったです。ぜひとも大画面でお楽しみいただきたいです。

・7月17日(金)20時30分から
『あんにょん由美香』ポレポレ東中野
トークイベントは上映の後です

続きを読む "隣県の映画祭" »

2009年7月14日 (火)

匿名なのに伏字

 オレはもちろん、波風起こすような変な発言を申し上げるつもりは一切ないわけなのですが、ハンドルネームなど偽名のブログや、2ちゃんねるなど匿名掲示板での書き込みで伏字での発言って一体どんな意味があるのか、不思議な気持ちになります。ミクシィの見る人が限定の日記でもそうなのですが、有名人や商品の名前の一部を伏せて、でもそれが何かは丸分かりなような記述って、面白いシャレなんですか。批判を恐れて伏字を用いているわけでもないように思うんですよ。なぜなら偽名や匿名や身内に向けての発言なので。

 「言いたい事も言えないこんな世の中じゃ、ポイズン」と反町隆志さんも歌っていたわけですが、そんなシャレだかなんだかよく分からない自主規制ムードが、どんどん世の中を息苦しくさせる一因になっているような気もします。

続きを読む "匿名なのに伏字" »

2009年7月10日 (金)

今月はwiiを買う

 来月1日の『モンスターハンター3』に備えて、今月のうちにwiiを買います。それからADSLがうちは8メガで、それでゲームの通信として大丈夫なのかどうか調べて、もし足りないなら48メガに上げようと思うのです。光ケーブルも今はどうやらすごく安いらしいのですが、設定の変更とか面倒なので、それはまた今度でいいかなと思います。ADSLで通信速度を上げるだけなら3000円で済んで、こっちは何にもしなくていいそうです。

 聞くところによると任天堂はwiiが一台売れても500円しか利益がないそうです。だから何ということもないのですが、だったら定価で買わないといけないんじゃないかという気分になります。実際あんまり値引き販売も聞かないので、中古もそんなに安いわけでもないのでここは新品を買った方がいいと思います。岡田斗司夫さんがギャオのテレビで、おっしゃっていたのですが、現代の日本における投票行為でかなり有効なのはお金の払い方であるとのことです。

続きを読む "今月はwiiを買う" »

2009年7月 8日 (水)

お知らせ

・『あんにょん由美香』トークショー
7月17日 ポレポレ東中野

 松江哲明監督の傑作と名高い『あんにょん由美香』のトークショーに呼んでいただきました。映画は7月11日から上映です。試写会が結局日程が合わなくて行けなかったのですが、サンプルDVDをいただいたのでこれから見ます。楽しみ~! 時間など詳細が決定したらまた連絡しますね。

・7月17日発売
パニックセブンゴールド(白夜書房)
『からっぽのホール』18ページ

 『パニックセブンゴールド』というパチンコ、パチスロ雑誌で『からっぽのホール』というマンガを描かせていただきました。今ほど描き終わったところなのですが、締め切りを1日延ばしていただいてご迷惑おかけしたのですが、発売日を聞いたら7月17日とのことで、確かに申し訳ない日程でした。

続きを読む "お知らせ" »

2009年7月 4日 (土)

映画上半期ベストテン

 映画系のブログでみんなやってるのでオレもやります。今年は楽しみな映画なんて全然ないなと思っていたら、どんどん出てくるので嬉しい悲鳴をあげております。それでも見逃した映画もあって『ミルク』とか、DVDで見たいなと思っています。新潟ではTジョイでの上映で、あそこは駐車が面倒で行くのが億劫なんですよね。でも『ミスト』も『ノーカントリー』も上映してくれたありがたい映画館なので、積極的に足を運ばないといけないのです。次からは気をつけます!

続きを読む "映画上半期ベストテン" »

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

連載・活動など

  • メンズエッグユース
    『盛れ鏡』というギャル男マンガ2ページを連載させていただいております。不細工なギャル男が、鏡の中の盛れてるオレにダメ出しされるという変なマンガです。ダメなギャル男でもがんばれ!
  • 難波ロックライダー
    大阪・難波のライブハウス、ロックライダーのフライヤーに四コママンガ『これがロックだぜ!』を毎月掲載や!読んでや! むっちゃええバンドがぎょうさん出とるライブハウスやで!
  • 決定版!XX
    アイドルヲタの妄想四コママンガを毎月掲載していただいております。一時は5ページマンガにまで昇格したのですが、四コマに戻ってしまいました……5ページ昇格目指して頑張ろう!
  • アックス
    毎号さまざまな内容でちょっとしたマンガを描かせていただいております!
  • パスマガジン
    新潟のファッション・サブカル月刊誌です。『ところでここどこ』という2ページの連載を創刊からやらせていただいており、単行本にもなりました!そしていよいよ10年目に突入しております。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitter

おすすめサイト

  • Book of days
     新潟の古町にある輸入雑貨や洋書屋さんです。青林工藝舎のマンガも扱ってくださってます。時折展示や演奏イベントもあります。経営されている帰山さんは私財を投げ打って新潟の文化の発展・向上に貢献されております。ぜひクリスマスや誕生日の贈り物はこのお店で買ってください!!
  • 大内アパート月報
     大内アパートは東京で最後に住んだ下北沢のアパートで西口徒歩1分という立地条件で和室6畳2間キッチン1畳トイレ付き、1階はガレージと書道教室と、騒ぐには格好の物件で、徐々に仲間で占拠して行きました。そんな住人でフリーペーパーを毎月発行して遊んでいたんですよね。アパートは取り壊されて、なくなってしまったのですが、マンガ家のじぇんじぇんが三代目編集長として今も中野で大内アパート月報を半年に一度くらいのペースで発行しています。このサイトはじぇんじぇんが運営していて、僕の大昔のショートマンガも読めますよ。創刊が1994年で、今もこうして存続しているというのは奇跡です。オレも当時は現在と違って仲間とわいわいやるのが好きだったんですね。
  • 青林工藝舎
    隔月漫画誌アックスを出版しています。 『ジンバルロック』を始めたくさん本を作っていただいております。社員のみなさんは自分たちの生活を省みずマンガ出版に命を懸けています。こんなすごい出版社は他にありません。

last.fm

  • last.fm
  • 再生回数