フォト

著作

  • : ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

  • : ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)
    クソ田舎を舞台に駄喧嘩と駄セックスに明け暮れる男の駄冒険マンガです。簡単に言えば空手を習った男が通り魔活動を行ったり変な女とセックスしたりするマンガです。02年から07年くらいまでの生活実感をベースに取材と妄想を練りこんでひねり出しました。大した音も出ない屁みたいな男たちに捧げます。全2巻です。

  • : ピンクニップル

    ピンクニップル
     あんなに憧れたセックスが手に入っても、うっかりしていると砂が指の間からこぼれるようにそのありがたさや存在が失われてしまう。セックスなどという下劣な我欲そのものに一体なぜこんなに心を焦がして夢中になってしまうのか、冷静になるとどうかしているとしか思えないです。だからと言って尊いわけでもなんでもない。オレのこの醜く不潔な性器をその体内に受け入れてくださり、柔らかい肌や可愛らしい乳首をなめさせてくださった、奇跡のように心優しい女の皆さんに感謝とお詫びを込めて描いたマンガです。もっと精いっぱい優しくすればよかった。エロマンガ作品集なので、子供は大人になってから読んでね!

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
    まさかオレが描いたマンガが映画になるなんて! 日本映画のマンガ原作ブームに紛れ込む事に成功した奇跡の映画化です。一流の監督に一流の役者、一流のスタッフに恵まれまったくもったいない事でございます。身に余る光栄です。

  • : ライフ・イズ・デッド

    ライフ・イズ・デッド
    屁みたいな田舎を舞台にしたゾンビマンガです。噛み付き以外に、性感染でゾンビ化するという設定が災いし、とあるメジャー誌ではボツになってしまいこんなマンガは描いてはいけないのだろうかと途方に暮れていたところ漫画アクション編集部でも賛否両論真っ二つだったそうですが、どうにか掲載していただきました。ニートの青年がゾンビになって家族が迷惑するという内容です。ゾンビ研究の大家でいらっしゃる伊東美和さんよりかつてない和ゾンビものであるとご推薦をいただき、またゾンビ好きの人からの評判はいいみたいです。

  • : このマンガを読め! (2007)

    このマンガを読め! (2007)
    その年発売のマンガから特にお勧めのものを紹介する本です。楳図かずお先生と山松ゆうきち先生に挟まれるという光栄極まりない形で長いインタビューを掲載していただいております。

  • : エロ悲しい

    エロ悲しい
    自費で出版した『ピンクニップル』を収録していただいております。石原まこちん先生とエレキコミックの八井さんとの対談やマンガや読み物で充実したエロ悲しい内容です。

  • : これが未来だぜ!

    これが未来だぜ!
     新世紀を迎えて早6年?5年?となっておりますが、果たしてこれが夢見た21世紀なのだろうか。よもや無職の若者の大量発生や少子化、振り込め詐欺やプチ家出が社会問題となっているとは、これでいいのか。とは言え、核戦争後の暴力が支配する荒廃した世界になってなくてよかったと胸をなでおろす次第であり、アトムが生まれる時代を迎えたと思ったらasimoみたいなのしかなかったという思いを込めて描いたゆるいSF&ホラー麻雀マンガのエンターテイメント作品集です。

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
     初の映画化作品でありながら、ほぼ絶版状態というわが身の不徳の致すところとは言えあんまりな状況に青林工藝舎さんがまたも、助け舟を出して下さり、映画が完全に終わる前にどうにか再出版していただきました。版形が小さくなった分、お求めやすくなっております。どうにも誤魔化しきれない愚かさや気の小ささを、素直に適切に把握しておきさえすれば、こんな事にはならずに済んだのに……となる前にぜひともお読みいただければ、こんな本を描いた甲斐があったと言えます。つい自分を大きく見せたいと思ってしまったばかりにケチな犯罪に身をやつす事態に遭遇してしまう、そんなマンガ作品集です。どうあがいてもケチな人生は覆い隠せず、そこは認めて、そこから何ができるのか、現状でのベストを目指すより仕方がないと自戒を込めて言いたいのですが、とにかく生きて行こうではありませんか。そんな気持ちで描いた青春犯罪マンガ作品集です。秋田書店版よりおまけマンガが若干増えております。

  • : 転校生 オレのあそこがあいつのアレで

    転校生 オレのあそこがあいつのアレで
    高校生カップルの性器が入れ替わり女性器を持った男子、男性器を持った女子が珍騒動を繰り広げると言った変態マンガです。初のメジャー作品で、こんな飛び道具的な設定のお陰で連載時には読者アンケートで最高で3位を記録しました。このマンガを描くために池袋の肛門性感でカマを掘られてきた甲斐があったというものです!

  • : チェリーボーイズ

    チェリーボーイズ
    始めて描いた長編マンガです。童貞の青年が三人集まって非合法的な手段で童貞を棄てようと作戦を企てるというお話です。いつも構成には気を使うのですが、自作の中で最も構成がうまくいった作品です。テーマは最低ですが、その中で友情、努力、勝利を描こうと思いました。こんなマンガを描いたせいで童貞だと思われているのが癪に障ります。

  • : 死んだ目をした少年

    死んだ目をした少年
    生きているとしんどいこともあるもので、30をとっくに過ぎて中学生の気持ちというか、自分が最も嫌々生きていた時代である中学くらいの気持ちとシンクロした時の感覚を逃さないように、マンガにしようと思いました。その感じを最大限表現できたら、破綻していたり作品としての完成度は低くても構わないくらいの気持ちで描いたのですが、案外すっきり構成できました。非常にスケールの小さいファイトクラブといった内容です。(2005年3月発売)

  • : ミルフィユ

    ミルフィユ
    20代に描いた恋愛とセックスのマンガ作品集です。30代後半の今、読み返して気恥ずかしいのは、よくも悪くも今よりももっと純粋だった頃の恋愛観が濃縮されているからであります。端的に言えば暗中模索しつつも今よりずっと女性を大切に思っておりました。タイトルは今は辞めてしまった家業のお菓子屋に対して当時抱いていた熱意の表れです。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.23)

    青林工芸舎: アックス (Vol.23)
    『チェリーボーイズ』最終回を記念しての小特集で、杉作J太郎先生と対談をさせていただきました。J太郎先生の童貞話は筋がビシッと通ったラジカルなものでとても面白いですよ。おまけで童貞大百科もついてます。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.14)

    青林工芸舎: アックス (Vol.14)
    ジンバルロックの発刊を記念して特集を組んでいただきました。マンガは短編『真夜中の聖火ランナー』(『青春★金属バット』収録)が掲載となっています。編集のSさんに新潟に来ていただいて、『ジンバルロック』の舞台となった母校やゲーセンなどの写真や、当時は実家の仕事をやっていることなど今読むと恥ずかしいインタビューも掲載されております。

  • 青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)

    青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)
    小特集で取り上げていただきました。ジンバルロックが始まったばかりで、まだ東京に住んでいる時の自宅取材とインタビューが掲載されております。汚い部屋でこたつでマンガを描いている写真や、仲間と作っていたフリーペーパー、大内アパート月報まで載っています。

  • : ジンバルロック

    ジンバルロック
    2000年発売の初めての単行本です。 高校時代を華々しい物語やなにやら叙情的なものとして捕らえたい風潮がありますが、そういうのに水をぶっかけるようなお話です。簡単に言えばしょぼくてせこい内容です。取るに足らない地味な内容でどれだけエンターテイメントを成立させられるかという試みでもありました。どのページも最低何か一つはどんなささいなことでも面白いことを盛り込もうと努めました。こんなマンガなのでどう紹介したらいいものか、簡単に言うと「普通の高校生がぐずぐずするマンガ」などと言ってしまい、全く読む気を殺いでしまいます。売り要素の伝わりづらさがオレのマンガの売れない原因だと思います。

   


  • あわせて読みたい

無料ブログはココログ

三平映画館

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

近況みたいなあれこれ

 ツイッターがあんまり気軽なせいで、ブログが億劫になってしまいがちで、非常によくないです。とは言え、そうそうお伝えするような出来事や事柄もあんまりないのも事実なわけです。重く考えるとますますキータッチが重くなるのでここは気軽に適当にやらせていただこうと思います! オレも読む立場として一番よくないのが更新がない事じゃないですか。せっかくアクセスしてちょっとでも何か新しい記事があったら、すくなくとも前に見た記事のままよりかは損した気分がしないですよね。ツイッターに書いたこととの重複も気にしないぞ。

・吉田秀彦選手引退
 吉田秀彦選手の引退興行アストラをPPVで買って見ました。吉田選手の引退を飾るためか、吉田選手にゆかりの深い選手がたくさん出ていてみんな気合の入った好勝負を繰り広げていました。吉田選手の試合の前には、名倉純さん藤川ゆりさんなどなど著名な人が花束を渡していました。全部の試合が終わった後はかつて見たこともないくらいの豪華で長い引退式があって、よく考えてみたら引退試合のために新しい興行を起こすのも異例でした。解説の秋山選手がこれまた熱くて面白かったです。いい大会でしたよ。


続きを読む "近況みたいなあれこれ" »

2010年4月25日 (日)

英語の勉強法

 先々週のナイナイのオールナイトニッポンを聴いていたら岡村さんが、6年も勉強したのに英語が全く喋れないというのはどういうことだと憤っていました。発売中のスペリオールで『AZUMI』を読んだら、あづみの弟が勝海舟の愛人に英語を習っていて、その彼女は話す事ができるのに、書き取りはできないと言っていました。ここに、英語の勉強法のすごいヒントがあるんじゃないかと、気づいちゃいました。

 そもそも日本語の発音が英語と隔たりがありすぎるのが問題だと思うんですよ。日本語の音声はカクカクしていて、英語はグニャグニャしていて、我々は英語を流暢に話すのがなんか恥ずかしい感じがあるじゃないですか。グニャグニャした言葉を繰り出す事に恥ずかしいのでそれで、学校の先生もカクカクした英語を話すし、オレらも言うが恥ずかしいからカクカク話して、まるでどこの誰のための言語か分からないまま学んで中学高校の6年間やっつけで終えてしまうんですよ。言語をツールとして覚えるんじゃなくて、いきなり学問から入るのが問題なんですよ。これぞ英語のガラパゴス化です。


続きを読む "英語の勉強法" »

2010年4月24日 (土)

胸が熱くなるな、事業仕分け

 熱心に政治ニュースを見始めたのは小泉郵政選挙の前くらいからだと思うんだけど、近頃毎日映画を見るようになってから、じゃなくてモンスターハンターに熱中しだした辺りからあんまり熱中しなくなったんだけど、今回も事業仕分けを面白いなあと思っていろいろなニュースを録画して朝のワイドとかも見ています。始まったばっかりなんだけど。

 オレがすごく気になって仕方がないのは独立行政法人には理事が何人もいてみんな1800万円とかの年収を得ているじゃないですか。理事を減らすように方針を枝野さんとかが言ってるように見えるけど、給料を毎月20万円にしなさいというふうにはできないんですか。それで一発解決だと思うんだけど、そこまでの権限や法律が政治家にはないのかな。「20万円ならじゃあいいです。よそで働きます」ってなるじゃないですか。それか、理事とかそんなポストを無くしちゃえばいいじゃないですか。天下りをなくすと、「官僚がみんな退職しなくて官僚だらけになるから余計に人件費が掛かる」などとふざけた理屈があるけど、法人を作っても厚生労働省の職員のまま出向させて、仕切ってもらえばいちいち退職金も払わなくていいですよね。だってね、町役場や消防署や学校の先生も年を取ったからって転職しないでしょ、なんで省庁ばっかりそんなことになってんの?おかしいよ。真面目にやれよバカ。なんてね。


続きを読む "胸が熱くなるな、事業仕分け" »

2010年4月23日 (金)

キンボ・スライス

 WOWOWで放送が始まっている『ジ・アルティメット・ファイター』のシーズン10を見ています。今回はヘビー級バトルということで、ランペイジ・ジャクソンとラシャード・エヴァンスの軍に分かれて対抗戦をしていて、中でもランペイジ軍のキンボ・スライスという選手が注目されております。

 先週までランペイジ軍が2連敗でもう負けられない状況に追い込まれてランペイジは目玉であるキンボ・スライスを早くも投入することにしました。毎回両軍から1人ずつ選手を選んで試合をさせているんです。キンボ・スライスはyoutubeに自分のストリートファイトの動画を上げてそれで有名になった、神聖かまってちゃんみたいな選手なんですよ。すごいヒゲとすごいハゲと筋肉の塊みたいなすごい体の黒人選手です。しかも、「今までオレは敵と戦ってきた、しかし本当の敵は自分自身だったと気づいたのさ」と、喧嘩動画で出世した割りにやたらと謙虚でナイスガイなのでした。

 一方対戦相手のロイ・ネルソンはブヨブヨのビール腹でコーチの言う事には口答えばかりして、ずっとチームやジムに所属しないまま自宅でトレーニングしてどこかの王者にもなったという変わり者でした。

続きを読む "キンボ・スライス" »

2010年4月17日 (土)

18日山形新聞『ピストルズ』

 山形県の皆様、18日(日)の山形新聞の書評欄で阿部和重さんの最新刊『ピストルズ』の書評を書かせていただきました。オレのヘボで長い文章を随分と丁寧に修正いただいたお陰でなんだかすごくいい文章をオレが書いたみたいになっております。作品の位置づけのような文章を書いて、あんまり作品そのものの魅力を語っていないような感じがしたので、書き直したのですが、書き直す前の方を採用していただきました。せっかく書いたのでボツにした方をこっちに掲載します。こっちは誰も直してくれないのでヘボなままです。

 先月の末から今月の頭にかけて『シンセミア』から読み直していたんですよ。こんな名誉なせっかくの機会はまたとないわけですが、新聞はブログと違って文字数に制限があって、840字前後にまとめないといけないので、書きたい事がちっとも入らないですね。ちょっとした脱線もできない感じです。

 それから18日は午後3時から阿佐ヶ谷のよるのひるねで岸川真さんとのイベントもあるので、東京の皆さんはこちらもぜひお願いいたします。

続きを読む "18日山形新聞『ピストルズ』" »

2010年4月14日 (水)

野暮な話・岸川真著『蒸発父さん』

 今週の日曜日、作者本人をお迎えして著作について裏話や余計な話をあれこれ尋ねる『野暮な話』というイベントを開催いたします。今回は小説家で編集者でもあり、今度映画を監督する予定でもある岸川真さんの小説『蒸発父さん』で行います。

 生まれたときから一度も会ったことのない実父を探すドキュメンタリー映画を製作しようとする実体験を元にした小説で、青春小説であり、ものづくり小説であり、ミステリーでありサスペンスでもあるとても面白い小説です。待ち合わせの時に読んでいたのですが、突っ立ったまま最後まで読み終わるくらい面白かったです。イベントに向けてもう一回読み返そう!

4月18日(日) 15時~
阿佐ヶ谷 よるのひるね
予約1000+1drink500 当日1300+1drink500
・よるのひるねHP


続きを読む "野暮な話・岸川真著『蒸発父さん』" »

2010年4月12日 (月)

『1989 人妻・由美子』最終回

 2007年から人妻エロ雑誌マガジン・バンで連載させていただいていた『1989 人妻・由美子』が今月号をもって最終回となりました。「80年代を舞台にした人妻マンガを」というご依頼で、オレの記憶が割りとしっかりしている1984年から始めて、なんとなくだったのですが、84年を4話、85年を3話、86年を5話、87年を6話、88年が5話、89年の昭和の終わりで最終回となりました。全24話で3年ちょっとという長きに渡る連載をさせていただきました。

 サン出版さまとは、2004年からウォーA組で連載させていただいたのが最初で、それが『ピンクニップル』に収録の『こころ』というシリーズです。それが終わって『さすらいのピンクローター』(単行本未収録)というのを連載させていただいて雑誌のリニューアルに伴って終了となりました。最初にその、『こころ』シリーズはオレの初めてのまとまった枚数の連載で、これなら食っていけるじゃんと思いました。当時はまだお菓子屋で働いていました。すごく嬉しかったです。

 足掛け6年間も! 本当に長い間ありがとうございました!

続きを読む "『1989 人妻・由美子』最終回" »

2010年4月 9日 (金)

気が付くと友達が

 同世代の友達が周りにいなくなってきた。このところずっと5こも10こも下のフリーター達と映画を見てその後サイゼリヤで喋って、時に説教したり泣かせたり威張ったりして、オレはジャイアンか。かっこ悪いなあと気が付いた。そうは言っても同級生も回りにいないし、職場も一人で仕事仲間はゼロ人だし、家庭もないから親同士の付き合いもないし、何かのクライシスを迎えてないのか不安になりました。やっぱり仕事場とかいいですよね。仕事を一緒にするってだけのつながりでも毎日顔を合わせていると、親しくなるじゃないですか。趣味とか丸っきり違う人と仲良くするのは世界が広がるし、いいですよね。

 全く友達がいないなんて事でもないから、今のその年下の連中をもっと大事にして嫌われないようにしないとなと改めて思いました。ちょっとぐらい嫌味を言われても気にしちゃいけないのです。あんまり意地悪もしないように気をつけよう。

続きを読む "気が付くと友達が" »

2010年4月 6日 (火)

殿堂入り『バッド・ルーテナント』

 新潟では土曜日から公開中の映画『バッド・ルーテナント』が大傑作なので、ぜひ皆さんにお伝えしたいです! こんな映画好きじゃないっていう人もいるというか、道徳的には大間違いな映画なのは間違いないですが、でも素晴らしいんですよ、主人公はヤク中の刑事で、そんな彼をはじめとしてヤク中はヤク中として、黒人の売人は売人として、ヤクザはヤクザとして、童貞の子供は童貞として、売春婦は売春婦として精一杯生きていると、ここにいるぜ!とどうしようもなく感じてしまう映画です。言い訳や誤魔化しや嘘臭さが微塵もない美しい映画です。新潟は一週間限定で今週の金曜日までなので、新潟の映画野郎どもはぜひとも駆けつけてください!

 これまでもオレの中ではこの映画を見れて良かった、生きていてよかったと思えるダメ男映画あって、オレの中での殿堂入りを果たしてきた映画が3本ありました。『マイアミブルース』『蜘蛛女』『リービングラスベガス』の3つで前にもブログに書いたことあったと思うんですが、この2010年4月に4本目が現れて、スクリーンで見る事ができた喜びに大いに浸っております。殿堂とかいいながらテレビやVHSでの体験でしかなかったですからね!

 ネタバレするので、まだ見ていない人は読まないでね!


続きを読む "殿堂入り『バッド・ルーテナント』" »

2010年4月 3日 (土)

メンズエッグ・ユース

 ギャル男雑誌『メンズエッグ』の中高生版『メンズエッグ・ユース』で2ページマンガの連載を始めさせていただいております。『盛れ鏡』というタイトルのマンガです。

 ギャル用語の「盛る」とか「盛れてる」っていうのが、過度な装飾をするという意味から「すごい」とか「かっこいい」という意味に発展しているそうで、不細工なギャルDK(男子高校生)が、ある日鏡の中の自分に話しかけられる、その鏡の中の自分は随分盛れているという設定です。

 116ページに掲載されております。探してね!全部カラーの雑誌ですが、オレのマンガは白黒です。


続きを読む "メンズエッグ・ユース" »

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

連載・活動など

  • メンズエッグユース
    『盛れ鏡』というギャル男マンガ2ページを連載させていただいております。不細工なギャル男が、鏡の中の盛れてるオレにダメ出しされるという変なマンガです。ダメなギャル男でもがんばれ!
  • 難波ロックライダー
    大阪・難波のライブハウス、ロックライダーのフライヤーに四コママンガ『これがロックだぜ!』を毎月掲載や!読んでや! むっちゃええバンドがぎょうさん出とるライブハウスやで!
  • 決定版!XX
    アイドルヲタの妄想四コママンガを毎月掲載していただいております。一時は5ページマンガにまで昇格したのですが、四コマに戻ってしまいました……5ページ昇格目指して頑張ろう!
  • アックス
    毎号さまざまな内容でちょっとしたマンガを描かせていただいております!
  • パスマガジン
    新潟のファッション・サブカル月刊誌です。『ところでここどこ』という2ページの連載を創刊からやらせていただいており、単行本にもなりました!そしていよいよ10年目に突入しております。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitter

おすすめサイト

  • Book of days
     新潟の古町にある輸入雑貨や洋書屋さんです。青林工藝舎のマンガも扱ってくださってます。時折展示や演奏イベントもあります。経営されている帰山さんは私財を投げ打って新潟の文化の発展・向上に貢献されております。ぜひクリスマスや誕生日の贈り物はこのお店で買ってください!!
  • 大内アパート月報
     大内アパートは東京で最後に住んだ下北沢のアパートで西口徒歩1分という立地条件で和室6畳2間キッチン1畳トイレ付き、1階はガレージと書道教室と、騒ぐには格好の物件で、徐々に仲間で占拠して行きました。そんな住人でフリーペーパーを毎月発行して遊んでいたんですよね。アパートは取り壊されて、なくなってしまったのですが、マンガ家のじぇんじぇんが三代目編集長として今も中野で大内アパート月報を半年に一度くらいのペースで発行しています。このサイトはじぇんじぇんが運営していて、僕の大昔のショートマンガも読めますよ。創刊が1994年で、今もこうして存続しているというのは奇跡です。オレも当時は現在と違って仲間とわいわいやるのが好きだったんですね。
  • 青林工藝舎
    隔月漫画誌アックスを出版しています。 『ジンバルロック』を始めたくさん本を作っていただいております。社員のみなさんは自分たちの生活を省みずマンガ出版に命を懸けています。こんなすごい出版社は他にありません。

last.fm

  • last.fm
  • 再生回数