フォト

著作

  • : ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

  • : ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)
    クソ田舎を舞台に駄喧嘩と駄セックスに明け暮れる男の駄冒険マンガです。簡単に言えば空手を習った男が通り魔活動を行ったり変な女とセックスしたりするマンガです。02年から07年くらいまでの生活実感をベースに取材と妄想を練りこんでひねり出しました。大した音も出ない屁みたいな男たちに捧げます。全2巻です。

  • : ピンクニップル

    ピンクニップル
     あんなに憧れたセックスが手に入っても、うっかりしていると砂が指の間からこぼれるようにそのありがたさや存在が失われてしまう。セックスなどという下劣な我欲そのものに一体なぜこんなに心を焦がして夢中になってしまうのか、冷静になるとどうかしているとしか思えないです。だからと言って尊いわけでもなんでもない。オレのこの醜く不潔な性器をその体内に受け入れてくださり、柔らかい肌や可愛らしい乳首をなめさせてくださった、奇跡のように心優しい女の皆さんに感謝とお詫びを込めて描いたマンガです。もっと精いっぱい優しくすればよかった。エロマンガ作品集なので、子供は大人になってから読んでね!

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
    まさかオレが描いたマンガが映画になるなんて! 日本映画のマンガ原作ブームに紛れ込む事に成功した奇跡の映画化です。一流の監督に一流の役者、一流のスタッフに恵まれまったくもったいない事でございます。身に余る光栄です。

  • : ライフ・イズ・デッド

    ライフ・イズ・デッド
    屁みたいな田舎を舞台にしたゾンビマンガです。噛み付き以外に、性感染でゾンビ化するという設定が災いし、とあるメジャー誌ではボツになってしまいこんなマンガは描いてはいけないのだろうかと途方に暮れていたところ漫画アクション編集部でも賛否両論真っ二つだったそうですが、どうにか掲載していただきました。ニートの青年がゾンビになって家族が迷惑するという内容です。ゾンビ研究の大家でいらっしゃる伊東美和さんよりかつてない和ゾンビものであるとご推薦をいただき、またゾンビ好きの人からの評判はいいみたいです。

  • : このマンガを読め! (2007)

    このマンガを読め! (2007)
    その年発売のマンガから特にお勧めのものを紹介する本です。楳図かずお先生と山松ゆうきち先生に挟まれるという光栄極まりない形で長いインタビューを掲載していただいております。

  • : エロ悲しい

    エロ悲しい
    自費で出版した『ピンクニップル』を収録していただいております。石原まこちん先生とエレキコミックの八井さんとの対談やマンガや読み物で充実したエロ悲しい内容です。

  • : これが未来だぜ!

    これが未来だぜ!
     新世紀を迎えて早6年?5年?となっておりますが、果たしてこれが夢見た21世紀なのだろうか。よもや無職の若者の大量発生や少子化、振り込め詐欺やプチ家出が社会問題となっているとは、これでいいのか。とは言え、核戦争後の暴力が支配する荒廃した世界になってなくてよかったと胸をなでおろす次第であり、アトムが生まれる時代を迎えたと思ったらasimoみたいなのしかなかったという思いを込めて描いたゆるいSF&ホラー麻雀マンガのエンターテイメント作品集です。

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
     初の映画化作品でありながら、ほぼ絶版状態というわが身の不徳の致すところとは言えあんまりな状況に青林工藝舎さんがまたも、助け舟を出して下さり、映画が完全に終わる前にどうにか再出版していただきました。版形が小さくなった分、お求めやすくなっております。どうにも誤魔化しきれない愚かさや気の小ささを、素直に適切に把握しておきさえすれば、こんな事にはならずに済んだのに……となる前にぜひともお読みいただければ、こんな本を描いた甲斐があったと言えます。つい自分を大きく見せたいと思ってしまったばかりにケチな犯罪に身をやつす事態に遭遇してしまう、そんなマンガ作品集です。どうあがいてもケチな人生は覆い隠せず、そこは認めて、そこから何ができるのか、現状でのベストを目指すより仕方がないと自戒を込めて言いたいのですが、とにかく生きて行こうではありませんか。そんな気持ちで描いた青春犯罪マンガ作品集です。秋田書店版よりおまけマンガが若干増えております。

  • : 転校生 オレのあそこがあいつのアレで

    転校生 オレのあそこがあいつのアレで
    高校生カップルの性器が入れ替わり女性器を持った男子、男性器を持った女子が珍騒動を繰り広げると言った変態マンガです。初のメジャー作品で、こんな飛び道具的な設定のお陰で連載時には読者アンケートで最高で3位を記録しました。このマンガを描くために池袋の肛門性感でカマを掘られてきた甲斐があったというものです!

  • : チェリーボーイズ

    チェリーボーイズ
    始めて描いた長編マンガです。童貞の青年が三人集まって非合法的な手段で童貞を棄てようと作戦を企てるというお話です。いつも構成には気を使うのですが、自作の中で最も構成がうまくいった作品です。テーマは最低ですが、その中で友情、努力、勝利を描こうと思いました。こんなマンガを描いたせいで童貞だと思われているのが癪に障ります。

  • : 死んだ目をした少年

    死んだ目をした少年
    生きているとしんどいこともあるもので、30をとっくに過ぎて中学生の気持ちというか、自分が最も嫌々生きていた時代である中学くらいの気持ちとシンクロした時の感覚を逃さないように、マンガにしようと思いました。その感じを最大限表現できたら、破綻していたり作品としての完成度は低くても構わないくらいの気持ちで描いたのですが、案外すっきり構成できました。非常にスケールの小さいファイトクラブといった内容です。(2005年3月発売)

  • : ミルフィユ

    ミルフィユ
    20代に描いた恋愛とセックスのマンガ作品集です。30代後半の今、読み返して気恥ずかしいのは、よくも悪くも今よりももっと純粋だった頃の恋愛観が濃縮されているからであります。端的に言えば暗中模索しつつも今よりずっと女性を大切に思っておりました。タイトルは今は辞めてしまった家業のお菓子屋に対して当時抱いていた熱意の表れです。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.23)

    青林工芸舎: アックス (Vol.23)
    『チェリーボーイズ』最終回を記念しての小特集で、杉作J太郎先生と対談をさせていただきました。J太郎先生の童貞話は筋がビシッと通ったラジカルなものでとても面白いですよ。おまけで童貞大百科もついてます。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.14)

    青林工芸舎: アックス (Vol.14)
    ジンバルロックの発刊を記念して特集を組んでいただきました。マンガは短編『真夜中の聖火ランナー』(『青春★金属バット』収録)が掲載となっています。編集のSさんに新潟に来ていただいて、『ジンバルロック』の舞台となった母校やゲーセンなどの写真や、当時は実家の仕事をやっていることなど今読むと恥ずかしいインタビューも掲載されております。

  • 青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)

    青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)
    小特集で取り上げていただきました。ジンバルロックが始まったばかりで、まだ東京に住んでいる時の自宅取材とインタビューが掲載されております。汚い部屋でこたつでマンガを描いている写真や、仲間と作っていたフリーペーパー、大内アパート月報まで載っています。

  • : ジンバルロック

    ジンバルロック
    2000年発売の初めての単行本です。 高校時代を華々しい物語やなにやら叙情的なものとして捕らえたい風潮がありますが、そういうのに水をぶっかけるようなお話です。簡単に言えばしょぼくてせこい内容です。取るに足らない地味な内容でどれだけエンターテイメントを成立させられるかという試みでもありました。どのページも最低何か一つはどんなささいなことでも面白いことを盛り込もうと努めました。こんなマンガなのでどう紹介したらいいものか、簡単に言うと「普通の高校生がぐずぐずするマンガ」などと言ってしまい、全く読む気を殺いでしまいます。売り要素の伝わりづらさがオレのマンガの売れない原因だと思います。

   


  • あわせて読みたい

無料ブログはココログ

三平映画館

« 聖子ちゃんは超いい | トップページ | 5月に見た映画 »

2010年6月 2日 (水)

井筒監督『ヒーローショー』は息ができない

 映画の日だったので、映画をはしごしてやろうと思って昼間からワーナーに行きました。ツイッターで映像作家の納戸正明さんが「凄い」と感想を述べていらっしゃったのですが、でも面白いと手放しに絶賛している風でもなく、でも現代をするどく描いた作品であるとの事で、もしや地雷だけどどこかしら見る価値ありなのかな、外れだったらさっさと何か『パーマネント野ばら』でも見ればいいやと思ってチケットを買いました。

 戦隊ヒーローショーにアルバイトで出演しているフリーターの主人公は、ショーのステージではレッド役で子供達の喝采を浴びているのだが実生活ではまるで冴えない日々を送っていた。そんな彼には好きな女性、同僚のピンク役がいて、どうしても告白することができない。ステージでは堂々たる振る舞いで怪人どもをなぎ倒すのに、日常では彼女の前でまともに口を聞くことすらできず声と足を震わせてしまうのだった。ある日、彼女が同じバイトのブルー役の彼に告白されてしまう。実は彼女も方も主人公のレッドに思いを寄せていたのだが、煮え切らない彼に苛立っていた。レッドは彼女の思いを知り、実生活でもヒーローになる道を選ぶ……

 まあどうせそんな眠たい話だろうと舐めていたら、これが飛んでもないバイオレンス映画で、本当にごめんなさいと思いました。いい意味で、期待せずに見に行ったせいで猪木にビンタをされたような気分で打ちのめされました。オレの年間ベスト入りはもはや確定です。ところが昼間の回でお客さんが10人しかいなかったんですよ。なので心ある映画ファンの皆さんにはぜひ見に行っていただきたい。後から劇場で見たって絶対自慢できますよ。なるべく情報を入れずにあんまり期待もしないで見に行った方がいいかと思います。こうして散々煽っているのがオレなので、実に申し訳ないですが、今言った事は一旦忘れて、上の嘘あらすじを想定して見に行っていただけたらと思います!

 以下、力一杯ネタバレです!

 ジャルジャルというお笑いコンビが主演の二人だったのですが、申し訳ない事にオレはこのお二方を存知あげておりませんでした。他にもギャル男みたいな連中やオラオラ系みたいな人らも全然知らない人ばかりだったので、そこらの本物の低脳なヤンキーが出ているようなすごいリアリティでした。そんな連中が連合赤軍バリに、暴力の歯止めが効かなくなって互いに殺し合うんですよ。

 そんな低脳な連中にも親がいて、親は真面目に商売をしたり選挙に立候補したり小遣いをくれたり野菜を送ってくれたりしているので非常に物悲しい気分になります。また彼女がいて一緒に南の島での暮らしを夢見たりもします。

 千葉の勝浦が舞台なんですが、あそこら辺って前から『TVのチカラ』で度々殺人事件の現場になっている辺りじゃないですか。日本のテキサスかよ。それもまた怖いんです。

 この映画で特によかったのが、暴力の連鎖をきちんと描いている事です。やったらやり返されて、更にやり返して、それがどんどんエスカレートしていくんですが、その行き着く先は命のやりとりになるじゃないですか。その取り組みはとても面倒で、陰惨で、オレも暴力をテーマにマンガを描く事がありますが、『ワイルドナイツ』の続編を描くとしたらそこは絶対にやらないといけないなあと思っていたところでした。この映画では、敵側がパシリみたいな主人公を、そんなに悪い奴じゃないから、お金を取って逃がしてやるかみたいなところに落ち着こうとするんですが、消費者金融で借りさせようとしてもうまくいかず、お金を取れないし、そうこうしているうちに犯行がばれる危機も生じて、そいつも殺すかとなっていくんだけど、敵側の生活に入り込んで来ちゃって共感したりで結局逃がしてやります。なんだこの皮膚感覚のグズグズで腑に落ちる感じ!あるあるあるある!

 これから東京のヤンキーどもが金を取りに来るからぶっ殺してやろうぜ、と千葉のヤンキーが海辺に集まる場面があります。そこで一番下っ端みたいなギャル男がスクーターに2ケツで女を連れてくるんですよ。そのサエコみたいな女を「こいつオレの女っす」と紹介すると、サエコは「チーッス」みたいな挨拶をして、ギャル男が「じゃお前先帰ってろ」と女を帰らせようとして、その際に二人はみんなの前でディープキスをして、その間、集まっている千葉のヤンキーは、黙ったままそのキスを眺めるという凄まじいKYなユルユルな空気が流れます。なにこれ!

 また、事件の発端となった主人公の先輩が殺された後、さあどうするかという場面で「肝臓売るとかどうっすか?オレ中国人の知り合いいるんすよ、大麻とか売ってるヤバイ連中なんで、多分ツテあるっすよ」「そんな事できるわけねえだろ!」と一括されてシュンとなる場面も、こんな調子で殺人事件はあるんだろうし、実際に殺人を行うのはこのくらいのノリや軽さがないと無理だと思うんですよ。

 エンディングでピンクレディーの『SOS』がラジオのリクエストで流れて、そのままエンドロールで最後まで行ってしまうんですが、それが本当に狐につままれたような気分になって、席を立つ人が一人もいなかった。

 吉本興業が全面バックアップのような体制だと思うのですが、芸能学校に高いお金を払っても就職はフリーターのような踏み込んだ表現をさらりとしています。もし、マンガ専門学校や映像専門学校での公認の作品で、このように「学校出ても就職はローソンのアルバイトです」といった作品があり得るだろうか。

 こんな調子で諸手を上げて大絶賛なのですが、ちょっと不満があるとすると、敵側主人公の配管工と出会い系サイトの社長が、元自衛官との設定だったので、徒手格闘など自衛隊の格闘術も描いて欲しかったです。

 井筒監督はこれまでも『岸和田少年愚連隊』や『ガキ帝国』など暴力をテーマにした作品を手がけてきましたが、評価が高い割りにオレはそんなに好みではなかったんですよ。記憶もおぼろげなのであんまり言えないですが、どっちも半分くらいでお話がガラッと変わってしまってました。構成に乗れないし、最終的に感動話みたいになってるんじゃなかったでしたっけ。でもこの『ヒーローショー』は135分グイグイと引っ張られるまま最後まで連れて行かれるような見事な構成です。途中で、主人公が数珠繋ぎ状に変わるような構成なのですが、最終的には元の主人公に帰着します。特に主要な登場人物がみんな実在の人物のようなに息づいていて嘘臭さが微塵もありませんでした。

 ヒットしそうな要素が欠片もない映画ですが、こういう映画にお客さんが入ってくれないと日本映画に未来がないでしょ! 日本映画は韓国に負けてないぞ!映画ファンの皆さん、絶対劇場で見たほうがいいですよ! 新潟は亀田のイオンのワーナーだよ。

« 聖子ちゃんは超いい | トップページ | 5月に見た映画 »

コメント

以前住んでいた場所は
中学生がお婆ちゃんから引ったくりをし
そのお金を持ってブランド品を買いにタクシーに乗ったら
運転手がコピー商品を売り
後に気付いた中学生が
誰かに偽物を買わされたと泣きついて
事件の全容が明るみになったような場所でした。

貧困の街として有名です。
環境が悪いと評判ですが
とても人間臭い、いい街です。

その辺のバランス(冷酷や残忍だけじゃない人間心理)を描くのは
井筒監督の素晴らしい技だと思います。

6月は夏休み前の映画ラッシュなので
毎年そわそわです。

わたしはネタバレがOKなタイプなので
非常に楽しみです。

ほんとに大傑作でしたね!このまま私的今年ベストワンをぶっちぎりそうです!

すごく良かった!なんとなくいましろmeetsファーゴな印象です。古泉作品や古谷実さんなど、漫画ではけっこうある感じなんですが、映画ではやらないですね。やれないのかな。連合赤軍事件を意識してるんでしょうね。瑣末なところですが、女を寝取られたやつが、女を責めずに寝取った奴をボコるのはなんか違うなーと思ってしまいました。それは女のやり口な気がして。男は女を責めるはずと思ったんです。長文失礼しました。

ちひろさん>
 貧困の街って関西とかですか? すごい場所ですね。

花くまさん>
 ぶっちぎりですか!僕はどうしても『バッドルーテナント』が1位です。今のところ2位です。でもちょっと落ち着いたらもう一回行かないとです。

トローチさん>
 女を取られる前からあの男にはムカついていたのかもしれないですよ。僕は外見だけでムカムカします。

はじめまして。私は通りがかりの映画好きのただの主婦です。
あの、日曜日に「ヒーローショー」見に行ったんです。それでうわ~~!となって、ラストは感動して泣いたクチなんです。で、今日ヒーローショーをネットで検索してたら「感動して泣いたて書いてるやつダメ」みたいなこと見てしまって、自分がすごく恥ずかしくなってきて、ヤフーのレビューも消そうと思ったんですけど、確認のため今日また見てきました。
で、やっぱり泣きました(´;ω;`)ウウ・・・
何で感動して泣いたかと言うと、出てくる登場人物みんなを雑に扱わなかったところと、最後に鯛焼きやさんのところで見えた友達(元相方)が笑って出てきたところです(どういう意図かわからないですが、出てきただけで何かうれしかったです)。
物語の中に入り込みすぎて、一緒に苦しみすぎたので、エンディングの軽すぎる懐メロがとてもセンチな気分にさせられて、さっきまで見ていたあいつらが、音楽のように遠い昔の話になっていくんじゃないか、のんきなポップスと共に引き離されていくと言うか、今まで一緒にいたのに自分だけ置いていかれるような。「ここまでは見せたから、あとはじぶんでやれ」と言われたような気がしました。
お笑いインフラ状態なのに、柔軟な感じになれない日本も気になります。
どうしても書きたかったのですみません。
長文失礼しました。

 どうもありがとうございます。「○○くん、本当にかっこかった、感動して泣いちゃいました」って映画だったら何でも感動して泣けばいいと思っているようなトーンで書かれた感想には、僕も残念な気持ちになりました。もんさんのはそんなのではなくきちんと受け止めた上での素晴らしい涙であると思います! エンディングのピンクレディーは考えれば考えるほど凶暴な使い方ですよね。元相方の幻影は、現実を受け止めきれずに思い描いてしまったのだと解釈しています。

そうですね!もう一回観てきたいです!

もんさんの丁寧な投稿とてもいいですね。

バットルーテナントまだ未見なんですよ。

トローチさん>
 次回は一番下っ端のギャル男をじっくり見てやろうと思っております。

花くまさん>
 軽はずみな一言で胸を痛める人がいると思うと申し訳ない気持ちになりました。『バッドルーテナント』は文芸座でリバイバルあるみたいですよ。

つうじた(。>0<。)
私は『ホットファズ』でも感動して泣いたので自分でもよくわからなかったんです。でも、大好きな映画を我がことのように喜んだり怒ったりする人がすきなので、古泉さんもすきです。『バッドルーテナント』初めて知りまた。ニコラス・ケイジですか!!それだけでわくわくします、楽しみがふえました。ありがとうございました。

もんさん>
 どうもありがとうございます。感受性がお強くていらっしゃるんですね。『バッドルーテナント』は道徳的にはあんまりよろしくない映画なので注意してくださいね。

観ました!とんでもない傑作でしたよ・・・ 2年前講演会に行った時は、なんだか大ざっぱな論理をふりかざすオヤジだなと思ってたのですが、、完全にまいりました。茫然としてます。

圧倒的だよね!明日また見ようかと思っているので、そのうちサイゼで語ろうね!

ブログを読んでヒーローショー観てきました。本当に面白かったです。井筒監督作品は今まで食わず嫌いしていて、古泉先生が薦めて下さらなかったら絶対観ていませんでした。ありがとうございます。
自分も、大失敗をやらかしてしまった時にしか親孝行しようとしないので、最後は苦しかったです。

シライさん>
 僕はこれまで他の作品は何本か見ていても決して井筒監督押しではなかったんですよ。御覧いただけて嬉しいです!ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162107/48519746

この記事へのトラックバック一覧です: 井筒監督『ヒーローショー』は息ができない:

» 井筒和幸[監督]『ヒーローショー』(2010年)を観てきた。 [ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!]
○井筒和幸[監督]『ヒーローショー』(2010年)を観てきた。 ※ネタバレを含み [続きを読む]

« 聖子ちゃんは超いい | トップページ | 5月に見た映画 »

連載・活動など

  • メンズエッグユース
    『盛れ鏡』というギャル男マンガ2ページを連載させていただいております。不細工なギャル男が、鏡の中の盛れてるオレにダメ出しされるという変なマンガです。ダメなギャル男でもがんばれ!
  • 難波ロックライダー
    大阪・難波のライブハウス、ロックライダーのフライヤーに四コママンガ『これがロックだぜ!』を毎月掲載や!読んでや! むっちゃええバンドがぎょうさん出とるライブハウスやで!
  • 決定版!XX
    アイドルヲタの妄想四コママンガを毎月掲載していただいております。一時は5ページマンガにまで昇格したのですが、四コマに戻ってしまいました……5ページ昇格目指して頑張ろう!
  • アックス
    毎号さまざまな内容でちょっとしたマンガを描かせていただいております!
  • パスマガジン
    新潟のファッション・サブカル月刊誌です。『ところでここどこ』という2ページの連載を創刊からやらせていただいており、単行本にもなりました!そしていよいよ10年目に突入しております。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitter

おすすめサイト

  • Book of days
     新潟の古町にある輸入雑貨や洋書屋さんです。青林工藝舎のマンガも扱ってくださってます。時折展示や演奏イベントもあります。経営されている帰山さんは私財を投げ打って新潟の文化の発展・向上に貢献されております。ぜひクリスマスや誕生日の贈り物はこのお店で買ってください!!
  • 大内アパート月報
     大内アパートは東京で最後に住んだ下北沢のアパートで西口徒歩1分という立地条件で和室6畳2間キッチン1畳トイレ付き、1階はガレージと書道教室と、騒ぐには格好の物件で、徐々に仲間で占拠して行きました。そんな住人でフリーペーパーを毎月発行して遊んでいたんですよね。アパートは取り壊されて、なくなってしまったのですが、マンガ家のじぇんじぇんが三代目編集長として今も中野で大内アパート月報を半年に一度くらいのペースで発行しています。このサイトはじぇんじぇんが運営していて、僕の大昔のショートマンガも読めますよ。創刊が1994年で、今もこうして存続しているというのは奇跡です。オレも当時は現在と違って仲間とわいわいやるのが好きだったんですね。
  • 青林工藝舎
    隔月漫画誌アックスを出版しています。 『ジンバルロック』を始めたくさん本を作っていただいております。社員のみなさんは自分たちの生活を省みずマンガ出版に命を懸けています。こんなすごい出版社は他にありません。

last.fm

  • last.fm
  • 再生回数