フォト

著作

  • : ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

  • : ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)
    クソ田舎を舞台に駄喧嘩と駄セックスに明け暮れる男の駄冒険マンガです。簡単に言えば空手を習った男が通り魔活動を行ったり変な女とセックスしたりするマンガです。02年から07年くらいまでの生活実感をベースに取材と妄想を練りこんでひねり出しました。大した音も出ない屁みたいな男たちに捧げます。全2巻です。

  • : ピンクニップル

    ピンクニップル
     あんなに憧れたセックスが手に入っても、うっかりしていると砂が指の間からこぼれるようにそのありがたさや存在が失われてしまう。セックスなどという下劣な我欲そのものに一体なぜこんなに心を焦がして夢中になってしまうのか、冷静になるとどうかしているとしか思えないです。だからと言って尊いわけでもなんでもない。オレのこの醜く不潔な性器をその体内に受け入れてくださり、柔らかい肌や可愛らしい乳首をなめさせてくださった、奇跡のように心優しい女の皆さんに感謝とお詫びを込めて描いたマンガです。もっと精いっぱい優しくすればよかった。エロマンガ作品集なので、子供は大人になってから読んでね!

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
    まさかオレが描いたマンガが映画になるなんて! 日本映画のマンガ原作ブームに紛れ込む事に成功した奇跡の映画化です。一流の監督に一流の役者、一流のスタッフに恵まれまったくもったいない事でございます。身に余る光栄です。

  • : ライフ・イズ・デッド

    ライフ・イズ・デッド
    屁みたいな田舎を舞台にしたゾンビマンガです。噛み付き以外に、性感染でゾンビ化するという設定が災いし、とあるメジャー誌ではボツになってしまいこんなマンガは描いてはいけないのだろうかと途方に暮れていたところ漫画アクション編集部でも賛否両論真っ二つだったそうですが、どうにか掲載していただきました。ニートの青年がゾンビになって家族が迷惑するという内容です。ゾンビ研究の大家でいらっしゃる伊東美和さんよりかつてない和ゾンビものであるとご推薦をいただき、またゾンビ好きの人からの評判はいいみたいです。

  • : このマンガを読め! (2007)

    このマンガを読め! (2007)
    その年発売のマンガから特にお勧めのものを紹介する本です。楳図かずお先生と山松ゆうきち先生に挟まれるという光栄極まりない形で長いインタビューを掲載していただいております。

  • : エロ悲しい

    エロ悲しい
    自費で出版した『ピンクニップル』を収録していただいております。石原まこちん先生とエレキコミックの八井さんとの対談やマンガや読み物で充実したエロ悲しい内容です。

  • : これが未来だぜ!

    これが未来だぜ!
     新世紀を迎えて早6年?5年?となっておりますが、果たしてこれが夢見た21世紀なのだろうか。よもや無職の若者の大量発生や少子化、振り込め詐欺やプチ家出が社会問題となっているとは、これでいいのか。とは言え、核戦争後の暴力が支配する荒廃した世界になってなくてよかったと胸をなでおろす次第であり、アトムが生まれる時代を迎えたと思ったらasimoみたいなのしかなかったという思いを込めて描いたゆるいSF&ホラー麻雀マンガのエンターテイメント作品集です。

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
     初の映画化作品でありながら、ほぼ絶版状態というわが身の不徳の致すところとは言えあんまりな状況に青林工藝舎さんがまたも、助け舟を出して下さり、映画が完全に終わる前にどうにか再出版していただきました。版形が小さくなった分、お求めやすくなっております。どうにも誤魔化しきれない愚かさや気の小ささを、素直に適切に把握しておきさえすれば、こんな事にはならずに済んだのに……となる前にぜひともお読みいただければ、こんな本を描いた甲斐があったと言えます。つい自分を大きく見せたいと思ってしまったばかりにケチな犯罪に身をやつす事態に遭遇してしまう、そんなマンガ作品集です。どうあがいてもケチな人生は覆い隠せず、そこは認めて、そこから何ができるのか、現状でのベストを目指すより仕方がないと自戒を込めて言いたいのですが、とにかく生きて行こうではありませんか。そんな気持ちで描いた青春犯罪マンガ作品集です。秋田書店版よりおまけマンガが若干増えております。

  • : 転校生 オレのあそこがあいつのアレで

    転校生 オレのあそこがあいつのアレで
    高校生カップルの性器が入れ替わり女性器を持った男子、男性器を持った女子が珍騒動を繰り広げると言った変態マンガです。初のメジャー作品で、こんな飛び道具的な設定のお陰で連載時には読者アンケートで最高で3位を記録しました。このマンガを描くために池袋の肛門性感でカマを掘られてきた甲斐があったというものです!

  • : チェリーボーイズ

    チェリーボーイズ
    始めて描いた長編マンガです。童貞の青年が三人集まって非合法的な手段で童貞を棄てようと作戦を企てるというお話です。いつも構成には気を使うのですが、自作の中で最も構成がうまくいった作品です。テーマは最低ですが、その中で友情、努力、勝利を描こうと思いました。こんなマンガを描いたせいで童貞だと思われているのが癪に障ります。

  • : 死んだ目をした少年

    死んだ目をした少年
    生きているとしんどいこともあるもので、30をとっくに過ぎて中学生の気持ちというか、自分が最も嫌々生きていた時代である中学くらいの気持ちとシンクロした時の感覚を逃さないように、マンガにしようと思いました。その感じを最大限表現できたら、破綻していたり作品としての完成度は低くても構わないくらいの気持ちで描いたのですが、案外すっきり構成できました。非常にスケールの小さいファイトクラブといった内容です。(2005年3月発売)

  • : ミルフィユ

    ミルフィユ
    20代に描いた恋愛とセックスのマンガ作品集です。30代後半の今、読み返して気恥ずかしいのは、よくも悪くも今よりももっと純粋だった頃の恋愛観が濃縮されているからであります。端的に言えば暗中模索しつつも今よりずっと女性を大切に思っておりました。タイトルは今は辞めてしまった家業のお菓子屋に対して当時抱いていた熱意の表れです。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.23)

    青林工芸舎: アックス (Vol.23)
    『チェリーボーイズ』最終回を記念しての小特集で、杉作J太郎先生と対談をさせていただきました。J太郎先生の童貞話は筋がビシッと通ったラジカルなものでとても面白いですよ。おまけで童貞大百科もついてます。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.14)

    青林工芸舎: アックス (Vol.14)
    ジンバルロックの発刊を記念して特集を組んでいただきました。マンガは短編『真夜中の聖火ランナー』(『青春★金属バット』収録)が掲載となっています。編集のSさんに新潟に来ていただいて、『ジンバルロック』の舞台となった母校やゲーセンなどの写真や、当時は実家の仕事をやっていることなど今読むと恥ずかしいインタビューも掲載されております。

  • 青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)

    青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)
    小特集で取り上げていただきました。ジンバルロックが始まったばかりで、まだ東京に住んでいる時の自宅取材とインタビューが掲載されております。汚い部屋でこたつでマンガを描いている写真や、仲間と作っていたフリーペーパー、大内アパート月報まで載っています。

  • : ジンバルロック

    ジンバルロック
    2000年発売の初めての単行本です。 高校時代を華々しい物語やなにやら叙情的なものとして捕らえたい風潮がありますが、そういうのに水をぶっかけるようなお話です。簡単に言えばしょぼくてせこい内容です。取るに足らない地味な内容でどれだけエンターテイメントを成立させられるかという試みでもありました。どのページも最低何か一つはどんなささいなことでも面白いことを盛り込もうと努めました。こんなマンガなのでどう紹介したらいいものか、簡単に言うと「普通の高校生がぐずぐずするマンガ」などと言ってしまい、全く読む気を殺いでしまいます。売り要素の伝わりづらさがオレのマンガの売れない原因だと思います。

   


  • あわせて読みたい

無料ブログはココログ

三平映画館

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月28日 (水)

an・anの特集にイラスト

 なんとあの日本一の女性誌と言われるマガジンハウスさんの『an・an』が童貞を特集するとの事で、オレにイラストをご依頼くださいました……というのは嘘で、真夏のラブ集中講座!というコーナーでイラストを描かせていただいております。イラストと1コママンガで精一杯美男美女を描いているのでどうぞ御覧下さい! オレのイラストの後のページの人が上手なレディコミ風の、きれいでエロい絵で、オレのがあまりの下手さに全身が震えます!果たしてよかったんでしょうか。

 特集は「オンナノカラダ」と題して、佐々木希さんがブラジャーやパンツといった挑発的な下着姿を見せ付けてくださっております。いいのですか! なんと読者さんまでがヌードになってしまっているんですが、ビーチクは無しなんですね。そこまで期待しちゃダメですよ。

 レディー・ガガの特集記事もあって、面白いですよ。レディー・ガガは寺沢武一のマンガ読んでますよね。時々ドミニクとかの影響モロバレな時ありますよ。ガガちゃんの珍奇なコスプレが一覧になっていてこのページは資料として重宝します。戦国武将だったらさぞ面白い甲冑を作るでしょうね。辛酸なめ子さんがPVを全部解説していらっしゃいます。

続きを読む "an・anの特集にイラスト" »

2010年7月26日 (月)

Kamiproに『ヒーローショー』

 前号に続いて、最新号では格闘映画特集の末席で『ヒーローショー』で暴力の連鎖の恐怖と表現の凄さについての作文を掲載していただいております。格闘映画じゃないんだけど、それだけ暴力描写がすごいって事で! 『ゴジラ ファイナルウォーズ』に出たドン・フライ選手の後に載せていただいております。宇多丸さん、大槻ケンヂさんへ、船木誠勝選手のインタビュー、玉ちゃんの座談会などなどとても面白い特集です。

 そういえば『プレデターズ』を見ていたら、クレジットロールで、オレッグ・タクタロフの名前を見かけたような気がするんですよ。PRIDEに出ていた人じゃないかと思うんだけど顔も忘れていて誰だか分からなかったし、役者になっているなんて聞いてもいないから違う人かもしれません。今検索したら、役者活動もしていました。本人みたいです。

 オレのお薦め格闘映画は香港の地下格闘技映画『ドッグ・バイト・ドッグ』です。映画館で見たい。女優やアイドルとセックスしまくっていたエディソン・チャンが滅茶苦茶かっこいい。これなら納得だ!


続きを読む "Kamiproに『ヒーローショー』" »

2010年7月23日 (金)

『私の優しくない先輩』2回目見たよ!

 初回が衝撃的だったので、興奮してブログを書いた『私の優しくない先輩』ですが、果たして本当に大騒ぎするほどの傑作だったのか、確かにヤフーの映画レビューなどでも好意的な評判が目立っていましたが、もしかしたら先日の記事は大間違いでしたとお詫びしないといけないかもしれない。そんな不安を抱えながら、ちょっと厳しく見てやろうとTジョイ万代の1番スクリーンに向かいました。今回は1800円という普段支払う料金の1.5倍の通常料金で見たので、自ずと5割り増しで厳しさが増すというものです。

 驚くべき事に、1番スクリーンというTジョイ万代が誇る巨大な会場で、お客はオレ一人!この映画全然ヒットしていないの?オレが普段からレイトや割引の日でばかり見ているから、通常料金の回ってそもそもこんなものなの? 厳しすぎる圧倒的現実をいきなり突きつけられました。そういえばツイッターでも、二人だったとかそんなツイートを見ていたんでした。

 内容は、厳しく見ていたつもりだったのですが1回目より涙が多く出て、全身の力が抜けるほど感動してしまいました。ここから先はネタバレありあり進行でお送りいたします!

続きを読む "『私の優しくない先輩』2回目見たよ!" »

2010年7月20日 (火)

『私の優しくない先輩』が超素晴らしい

 松江監督やゴジゲンの松居くんが大絶賛していた『私の優しくない先輩』をさっき見終えたところなんだけど、これがあまりに素晴らしい映画で余韻に浸っております。オレも最近、女の子がバンドやるマンガのネームを描いて、ボツになったりしていたんですが、この映画の100分の一も描いていなかったと心底ガッカリしました。ボツで当然!なにこのえぐり込みよう、川島海荷ちゃんの可愛らしさと汚らわしさ! はんにゃの金田、オールナイトニッポンはとっくに聴くのをやめてしまったけど、最高だったよ! こんな難病映画初めて見た。これはいい難病映画。

 薬師丸ひろ子には『翔んだカップル』があった。知世には『時をかける少女』が、富靖には『さびしんぼう』があった。はるかには『僕の彼女はサイボーグ』、深きょんには『下妻』、あとなんだっけ、橋本愛ちゃん『告白』とか、アイドルにはその魅力を100%の形で映画に封じ込めて歴史に残してもらえるケースがあるんです。川島海荷ちゃんは、そのステージを与えられて、そこで最大限の魅力を発揮する事に大成功しておりました!よかったね!

続きを読む "『私の優しくない先輩』が超素晴らしい" »

2010年7月18日 (日)

私と『スターウォーズ』

 本日からBSハイビジョンで『スターウォーズ』一挙放送が始まっております。

 『スターウォーズ』が劇場公開されたのが小4で、祖母に頼んで見に行ったような記憶がある。字幕の映画が『ジョーズ』で初めて見て、それも字幕が読めなくて途中で飽きてロビーの階段で遊んでました。『スターウォーズ』も公開当時は「フォース」を「理力」と翻訳していて、「撃つ」という字も略字で「缶」に似た文字で書かれていて、なんのことかさっぱり分からず、ついていけなかったです。評判だったので乗りたかったんだけど、乗り切れない自分がいて、いろいろと残念な記憶です。ただ、Xウィングの形は本当に好きでプラモデルだったか模型のおもちゃですごく遊んでいました。帝国軍の巨大戦艦でゴミまみれになるところは嫌だな~と思いました。ファルコン号はかっこ悪いから好きじゃなかったです。チューバッカも怖い。

 『帝国の逆襲』も中学生で映画館で見ました。ルークの腕が切り落とされて付け替えた機械の腕のカバーが開いて中がウィーウィーと動いているのとか、ハン・ソロがカーボンフリーズされるのもビックリしました。ヨーダが凄いのはあんまり納得できなかった。


続きを読む "私と『スターウォーズ』" »

2010年7月17日 (土)

日本映画ガチンコ会議

 先日は、阿佐ヶ谷ロフト『日本映画ガチンコ会議』ご来場いただきありがとうございました。うわごとのようにヒーローショー、ヒーローショーといい続けたお陰でこんな晴れの舞台に上がる事ができ、感無量でしたが、正直なところ名だたる映画人に気後れしてあんまり発言できなかったです。無知と気後れです。予算や宣伝なんてよく分からないよ~。カ・・・カテエ・・・!!

 なんでもよく伝え聞く話ですが映画には大変な予算が必要で、なかなかそんな制作費が下りてこず、また頑張って完成させても集客が大変であると、『ヒーローショー』もおかしな宣伝で、ドン引きトラウマ映画なのに、さわやかヤンキー喧嘩映画として宣伝されてしまっていて、それが集客を目指したものだとしても、まるで成功していないとの事でした。確かに、渋谷の蔦屋に行ったら『ヒーローショー』のコーナーがあったのに、そこに並んでいるのは『クローズZERO』や『ドロップ』『ルーキーズ』といった、井筒監督がそいうのにムカついて『ヒーローショー』を作ったのに、言わば敵軍が宣伝に並んでいました。腰抜かすかと思いましたよ。


続きを読む "日本映画ガチンコ会議" »

2010年7月12日 (月)

ささやか映画祭や選挙、ガチンコ会議など

 先日はゲリラ豪雨の中、よるひるイベント『ささやか映画祭』は超満員のご来場いただき誠にありがとうございました。その前のイベントが日本創新党レベルの大惨敗だったので、本当に安心しました。オーナーの門田さんもニコニコしていましたよ。イベントの内容も大西祥平さんのマジックで、あたかも傑作映画であるかのような雰囲気に包まれておりました。新潟の上映では聴いた事のない笑い声まで起こってビックリしました。いつも出演してくれる永島くんがまるでスターのようにみんなに注目されていました。何か本当に映画に出してもらえるんじゃないかな。

 嬉しい事にかつて自主映画に親しんだ人が、またやりたいとおっしゃってくださっておりました。三本美治さんがマンガ家の紙芝居やバンドのイベントを企画して、我々にいろいろな機会をもたらしてくれているじゃないですか。オレも一つ、マンガ家の自主映画のイベントを立ち上げて何かやれないかなと思いました。新潟でやっている講座を1回開催すると、一人3本の作品が完成するので、5人くらい参加してくれるとすぐ上映会できるんですよね。東京でやってみたいなと真剣に考えております。

続きを読む "ささやか映画祭や選挙、ガチンコ会議など" »

2010年7月 7日 (水)

ささやか映画祭

 今週の金曜日、阿佐ヶ谷よるのひるねで、これまで撮りためたほんの数分のショートムービーの上映会を開催いたします。マンガ評論家の大西祥平さんがゲスト解説で出てくださることとなりました。ほんのささやかな他愛のないショートムービーなのですが、大西さんのマジック解説で、駄作も面白い作品に甦らせていただこうという腹なのです。なんと、ご予約いただくと当日1300円の入場料金が、千円になるという画期的なシステムなので、ぜひご予約ください!

「古泉智浩のささやか映画祭」
7月9日(金)午後8時
ゲスト:大西祥平(マンガ評論家)
阿佐ヶ谷よるのひるね
※ご予約は、yoruhiru@jcom.home.ne.jp または 03-6765-6997 まで
人数・全員のお名前・代表者電話番号をお知らせの上、お申し込み下さい。


 それから、先月からアホみたいに『ヒーローショー』の話を人に会うたびにしたり、ブログに書いたり、ツイッターに書いたり、車のブレーキ痕で「ヒーローショー」と書いたり、好きな子の背中に指で字を書いて「なーんだ?」って聞いたりしていたら、とある雑誌から『ヒーローショー』についての原稿の依頼をいただいたり、日本映画について語るイベントに誘っていただきました。これというのも一緒に騒いで下さった皆様のお陰です!

続きを読む "ささやか映画祭" »

2010年7月 5日 (月)

参議院選挙だね!

 さっき田中直紀さんの事務所から、明日キューピットの駐車場で演説するから見においでと電話がありました。キューピットは新潟に何店舗もあるスーパーです。いよいよ今週末投開票とのことで俄然盛り上がっているじゃないですか。ところが、オレの選挙区はすごい地味な顔ぶれなので誰にも投票したくないんだよ。困ったな。

・新潟日報 新潟選挙区ニュース 参院選24日公示、新潟選挙区は6氏

 田中直紀さんはこれまで何かしたのかよ。真紀子にくっついてあちこち出かけているのしか見たことねえよ。つまんないから幸福実現党か共産党に入れようかな。

・田中直紀さんのHP
 ちょっと調べたら、HP超やる気ない!「new」が点滅しているトピックスが21年から止まってるし、活動記録は未だに準備中だ!ツイッターやれよ!こんな事言いたくないけど、本当になんもやってないのか?

 これまでオレはアクセスピープルとして田中康夫さんの新党日本に投票してきたんだけど、田中さんの他はまるで当選者が出ず、今回は比例候補を出す事すらやめてしまった。あ~あ。しかもそのアクセス自体が終わってしまって、ラジオで田中さんの話を聞く事もなくなった。番組の終わりとともに興味もすっかりしぼんでしまった。

続きを読む "参議院選挙だね!" »

2010年7月 2日 (金)

6月に見た映画

 先日は、城定秀夫監督『新宿区歌舞伎町保育園』の上映とトークショーにご来場いただきどうもありがとうございました。ワールドカップ日本戦の直前だったにもかかわらず結構な入りのお客様にビックリしました。終わってから近くのラーメン屋で打ち上げしながらサッカーを見ていたら結局PK戦までもつれて2時になってしまいました。上映イベント主催の直井さんが生解説してくださったので家で見るより断然面白かったです。ところが城定監督やスタッフの方はサッカーにまるで関心がなかったため主役をないがしろにする事態になってしまい、本当に失礼いたしました!

 帰宅してから城定監督がブログをやっている事に気づいて早速読んでみたら、実際にお会いする城定監督よりずっとひょうきんで愉快な文章!こんな人だったとは!!やたらとマンガの図版を引用されていてそれが一々面白い!みんなもブックマークしよう!

・城定監督のブログ

 城定監督の同級生で大人気ブログ『俺の邪悪なメモ』の罪山罰太郎さんもいらしてくださいました。サッカーも一緒に見ていたのに、終電で前半戦だけでお帰りになっていました。なんでも中学校の時に城定監督と殴りあった事もあるとの事でしたが、年を重ねてどちらもそんな粗暴さを欠片も感じさせない好人物!

・俺の邪悪なメモ

 城定監督、直井さん、スタッフの皆さん、どうもありがとうございました!

続きを読む "6月に見た映画" »

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

連載・活動など

  • メンズエッグユース
    『盛れ鏡』というギャル男マンガ2ページを連載させていただいております。不細工なギャル男が、鏡の中の盛れてるオレにダメ出しされるという変なマンガです。ダメなギャル男でもがんばれ!
  • 難波ロックライダー
    大阪・難波のライブハウス、ロックライダーのフライヤーに四コママンガ『これがロックだぜ!』を毎月掲載や!読んでや! むっちゃええバンドがぎょうさん出とるライブハウスやで!
  • 決定版!XX
    アイドルヲタの妄想四コママンガを毎月掲載していただいております。一時は5ページマンガにまで昇格したのですが、四コマに戻ってしまいました……5ページ昇格目指して頑張ろう!
  • アックス
    毎号さまざまな内容でちょっとしたマンガを描かせていただいております!
  • パスマガジン
    新潟のファッション・サブカル月刊誌です。『ところでここどこ』という2ページの連載を創刊からやらせていただいており、単行本にもなりました!そしていよいよ10年目に突入しております。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitter

おすすめサイト

  • Book of days
     新潟の古町にある輸入雑貨や洋書屋さんです。青林工藝舎のマンガも扱ってくださってます。時折展示や演奏イベントもあります。経営されている帰山さんは私財を投げ打って新潟の文化の発展・向上に貢献されております。ぜひクリスマスや誕生日の贈り物はこのお店で買ってください!!
  • 大内アパート月報
     大内アパートは東京で最後に住んだ下北沢のアパートで西口徒歩1分という立地条件で和室6畳2間キッチン1畳トイレ付き、1階はガレージと書道教室と、騒ぐには格好の物件で、徐々に仲間で占拠して行きました。そんな住人でフリーペーパーを毎月発行して遊んでいたんですよね。アパートは取り壊されて、なくなってしまったのですが、マンガ家のじぇんじぇんが三代目編集長として今も中野で大内アパート月報を半年に一度くらいのペースで発行しています。このサイトはじぇんじぇんが運営していて、僕の大昔のショートマンガも読めますよ。創刊が1994年で、今もこうして存続しているというのは奇跡です。オレも当時は現在と違って仲間とわいわいやるのが好きだったんですね。
  • 青林工藝舎
    隔月漫画誌アックスを出版しています。 『ジンバルロック』を始めたくさん本を作っていただいております。社員のみなさんは自分たちの生活を省みずマンガ出版に命を懸けています。こんなすごい出版社は他にありません。

last.fm

  • last.fm
  • 再生回数