フォト

著作

  • : ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 1 (アクションコミックス)

  • : ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)

    ワイルド・ナイツ 2 (アクションコミックス)
    クソ田舎を舞台に駄喧嘩と駄セックスに明け暮れる男の駄冒険マンガです。簡単に言えば空手を習った男が通り魔活動を行ったり変な女とセックスしたりするマンガです。02年から07年くらいまでの生活実感をベースに取材と妄想を練りこんでひねり出しました。大した音も出ない屁みたいな男たちに捧げます。全2巻です。

  • : ピンクニップル

    ピンクニップル
     あんなに憧れたセックスが手に入っても、うっかりしていると砂が指の間からこぼれるようにそのありがたさや存在が失われてしまう。セックスなどという下劣な我欲そのものに一体なぜこんなに心を焦がして夢中になってしまうのか、冷静になるとどうかしているとしか思えないです。だからと言って尊いわけでもなんでもない。オレのこの醜く不潔な性器をその体内に受け入れてくださり、柔らかい肌や可愛らしい乳首をなめさせてくださった、奇跡のように心優しい女の皆さんに感謝とお詫びを込めて描いたマンガです。もっと精いっぱい優しくすればよかった。エロマンガ作品集なので、子供は大人になってから読んでね!

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
    まさかオレが描いたマンガが映画になるなんて! 日本映画のマンガ原作ブームに紛れ込む事に成功した奇跡の映画化です。一流の監督に一流の役者、一流のスタッフに恵まれまったくもったいない事でございます。身に余る光栄です。

  • : ライフ・イズ・デッド

    ライフ・イズ・デッド
    屁みたいな田舎を舞台にしたゾンビマンガです。噛み付き以外に、性感染でゾンビ化するという設定が災いし、とあるメジャー誌ではボツになってしまいこんなマンガは描いてはいけないのだろうかと途方に暮れていたところ漫画アクション編集部でも賛否両論真っ二つだったそうですが、どうにか掲載していただきました。ニートの青年がゾンビになって家族が迷惑するという内容です。ゾンビ研究の大家でいらっしゃる伊東美和さんよりかつてない和ゾンビものであるとご推薦をいただき、またゾンビ好きの人からの評判はいいみたいです。

  • : このマンガを読め! (2007)

    このマンガを読め! (2007)
    その年発売のマンガから特にお勧めのものを紹介する本です。楳図かずお先生と山松ゆうきち先生に挟まれるという光栄極まりない形で長いインタビューを掲載していただいております。

  • : エロ悲しい

    エロ悲しい
    自費で出版した『ピンクニップル』を収録していただいております。石原まこちん先生とエレキコミックの八井さんとの対談やマンガや読み物で充実したエロ悲しい内容です。

  • : これが未来だぜ!

    これが未来だぜ!
     新世紀を迎えて早6年?5年?となっておりますが、果たしてこれが夢見た21世紀なのだろうか。よもや無職の若者の大量発生や少子化、振り込め詐欺やプチ家出が社会問題となっているとは、これでいいのか。とは言え、核戦争後の暴力が支配する荒廃した世界になってなくてよかったと胸をなでおろす次第であり、アトムが生まれる時代を迎えたと思ったらasimoみたいなのしかなかったという思いを込めて描いたゆるいSF&ホラー麻雀マンガのエンターテイメント作品集です。

  • : 青春☆金属バット

    青春☆金属バット
     初の映画化作品でありながら、ほぼ絶版状態というわが身の不徳の致すところとは言えあんまりな状況に青林工藝舎さんがまたも、助け舟を出して下さり、映画が完全に終わる前にどうにか再出版していただきました。版形が小さくなった分、お求めやすくなっております。どうにも誤魔化しきれない愚かさや気の小ささを、素直に適切に把握しておきさえすれば、こんな事にはならずに済んだのに……となる前にぜひともお読みいただければ、こんな本を描いた甲斐があったと言えます。つい自分を大きく見せたいと思ってしまったばかりにケチな犯罪に身をやつす事態に遭遇してしまう、そんなマンガ作品集です。どうあがいてもケチな人生は覆い隠せず、そこは認めて、そこから何ができるのか、現状でのベストを目指すより仕方がないと自戒を込めて言いたいのですが、とにかく生きて行こうではありませんか。そんな気持ちで描いた青春犯罪マンガ作品集です。秋田書店版よりおまけマンガが若干増えております。

  • : 転校生 オレのあそこがあいつのアレで

    転校生 オレのあそこがあいつのアレで
    高校生カップルの性器が入れ替わり女性器を持った男子、男性器を持った女子が珍騒動を繰り広げると言った変態マンガです。初のメジャー作品で、こんな飛び道具的な設定のお陰で連載時には読者アンケートで最高で3位を記録しました。このマンガを描くために池袋の肛門性感でカマを掘られてきた甲斐があったというものです!

  • : チェリーボーイズ

    チェリーボーイズ
    始めて描いた長編マンガです。童貞の青年が三人集まって非合法的な手段で童貞を棄てようと作戦を企てるというお話です。いつも構成には気を使うのですが、自作の中で最も構成がうまくいった作品です。テーマは最低ですが、その中で友情、努力、勝利を描こうと思いました。こんなマンガを描いたせいで童貞だと思われているのが癪に障ります。

  • : 死んだ目をした少年

    死んだ目をした少年
    生きているとしんどいこともあるもので、30をとっくに過ぎて中学生の気持ちというか、自分が最も嫌々生きていた時代である中学くらいの気持ちとシンクロした時の感覚を逃さないように、マンガにしようと思いました。その感じを最大限表現できたら、破綻していたり作品としての完成度は低くても構わないくらいの気持ちで描いたのですが、案外すっきり構成できました。非常にスケールの小さいファイトクラブといった内容です。(2005年3月発売)

  • : ミルフィユ

    ミルフィユ
    20代に描いた恋愛とセックスのマンガ作品集です。30代後半の今、読み返して気恥ずかしいのは、よくも悪くも今よりももっと純粋だった頃の恋愛観が濃縮されているからであります。端的に言えば暗中模索しつつも今よりずっと女性を大切に思っておりました。タイトルは今は辞めてしまった家業のお菓子屋に対して当時抱いていた熱意の表れです。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.23)

    青林工芸舎: アックス (Vol.23)
    『チェリーボーイズ』最終回を記念しての小特集で、杉作J太郎先生と対談をさせていただきました。J太郎先生の童貞話は筋がビシッと通ったラジカルなものでとても面白いですよ。おまけで童貞大百科もついてます。

  • 青林工芸舎: アックス (Vol.14)

    青林工芸舎: アックス (Vol.14)
    ジンバルロックの発刊を記念して特集を組んでいただきました。マンガは短編『真夜中の聖火ランナー』(『青春★金属バット』収録)が掲載となっています。編集のSさんに新潟に来ていただいて、『ジンバルロック』の舞台となった母校やゲーセンなどの写真や、当時は実家の仕事をやっていることなど今読むと恥ずかしいインタビューも掲載されております。

  • 青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)

    青林工芸舎: アックス―マンガの鬼AX (Vol.7)
    小特集で取り上げていただきました。ジンバルロックが始まったばかりで、まだ東京に住んでいる時の自宅取材とインタビューが掲載されております。汚い部屋でこたつでマンガを描いている写真や、仲間と作っていたフリーペーパー、大内アパート月報まで載っています。

  • : ジンバルロック

    ジンバルロック
    2000年発売の初めての単行本です。 高校時代を華々しい物語やなにやら叙情的なものとして捕らえたい風潮がありますが、そういうのに水をぶっかけるようなお話です。簡単に言えばしょぼくてせこい内容です。取るに足らない地味な内容でどれだけエンターテイメントを成立させられるかという試みでもありました。どのページも最低何か一つはどんなささいなことでも面白いことを盛り込もうと努めました。こんなマンガなのでどう紹介したらいいものか、簡単に言うと「普通の高校生がぐずぐずするマンガ」などと言ってしまい、全く読む気を殺いでしまいます。売り要素の伝わりづらさがオレのマンガの売れない原因だと思います。

   


  • あわせて読みたい

無料ブログはココログ

三平映画館

2010年5月13日 (木)

平間至さんと銀杏BOYZなどなど

 久しぶりにまとまった枚数の読みきりの作画をしていて、ラジオも目いっぱい聴けるし、仕事しているって感じがしていいですね。掲載は未定なのですが、お目に掛かれる際には連絡します。それで、仕事をしているわけなのですが、先月まで狂ったように映画を見ていてそれが癖になってしまったようで、毎日映画見ないと気がすまなくなって困っております。そんな生活成立しないっての、お陰で睡眠時間がどんどんずれていくんですよ。特にBS2とWOWOWでイーストウッド特集があって、これがオレの見ていない面白そうな映画がバンバンあるわけです。録っては見て消してを即座にやらないと大変な事になります。

・写真家の平間至さん
・銀杏BOYZ『ピンクローター』
・『マイマイ新子と千年の魔法』
・LYOTOの敗戦


続きを読む "平間至さんと銀杏BOYZなどなど" »

2009年8月 8日 (土)

逃げろ!のりピー

 ちょっとここまで盛り上げる芸能人犯罪者っていなかったんじゃないですか? 「のりピーを探せ!」なんて80年代のアイドル映画でありそうな雰囲気なんですが、現実は警察が覚せい剤の疑いのある元アイドルを逮捕しようとして探しているというあんまりな現実です。オレは斉藤由貴ちゃんや原田知世ちゃんが好きだったので、のりピーのファンだった事はなかったです。

 『夢冒険』がヒットして、しばらくしたらあんまり見なくなって、ドラマで女優として出演して主題歌の『碧いうさぎ』がまたヒットして、芸能人でも起伏の多い人生だったんですよね。オレはドラマもちゃんと見たことがないです。のりピーグッズも買ったことがない。最大のヒットはのりピー語ですよね。のりピーはオレのテレビ史から微妙に外れたところに常にいたわけです。『高校教師』など野島伸司のドラマは割りとチェックしていたのに『ひとつ屋根の下』は見ていなかったです。


「のりピー音頭」1988 こんな歌シャブでもきめなきゃやってられない

続きを読む "逃げろ!のりピー" »

2009年4月20日 (月)

困ったことだ!

 アカデミー賞をたくさん受賞した『スラムドッグミリオネア』を楽しみにしていたのですが、よそでは今週から公開されいているのに新潟の映画館ではまだみたいだなと、HPを調べてみたら新潟での上映予定がないじゃないですか! 山形では2館もあるのに!『トワイライト初恋』は上映してるのに!! 待っていればそのうち来るかなと思っていたら『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』は結局来なかった! そんな思いをするのも嫌なので上京した際にはなんとか見に行こうと思います。先日やっと新潟で上映した『エグザイル・絆』は噂に違わぬすごい映画でした。でももう来月あたりにDVDになるんですよね。

・『スラムドッグミリオネア』上映館

※5月30日からうちの近くのシネコンでも上映されることになりました。よかったです。興奮してこんな文章書いて恥ずかしくなりました(4月22日)。

続きを読む "困ったことだ!" »

2008年11月30日 (日)

立川談志さんは面白い

 以前から上岡龍太郎さんや、それこそビートたけしさん、太田光さん、伊集院光さんといった一癖も二癖もある気難しい皆さんをうならせる存在として落語家の立川談志さんがありました。そんなに言うのならどうだろうと、談志さんのテレビ番組を見るのですが、どうにも面白さが理解できなくてオレにはセンスがないのかなと寂しい気分でありました。

 去年BSハイビジョンで7時間くらいぶっ通しで立川談志さんの特番をしてました。密着ドキュメントの部分や太田光さんをはじめとした著名な皆さんが談志さんについて語るところは面白く見ていたのですが、いざ落語が始まるとどうにも退屈で部屋の片づけをしてしまいました。

 そもそも落語自体親しみが全くなく、『深夜の馬鹿力』で伊集院さんがデビットリンチっぽい落語のネタコーナーがオレの中では一番面白い落語でした。純粋な落語をほとんど聞いたことがなかったわけです。落語音痴ですよ。ラジオと言えば、月曜日のオールナイトニッポンで春風亭昇太さんが担当されていた時に、落語を披露されてましたが全く面白いと思えず聴くのが苦痛でした。


続きを読む "立川談志さんは面白い" »

2008年3月15日 (土)

作品の鑑賞について

 マンガや音楽や映画を見ようと思うとき、好きなのを選ぶじゃないですか。全然それでいいんですけど、マンガを描き始めてから、好きなものにばかり親しんでいたらよくないのではないかと思うようになりました。好きじゃないようなジャンルの作品でも優れたものはたくさんあるだろうからそういうものから刺激を受けて、いい影響を受けたいと思って、東京に住んでいた時は毎週2本ずつビデオをレンタルして一本は好きなアクション映画やSF映画、もう一本は全く興味のわかないヒューマンドラマや恋愛映画、芸術映画、などを借りるようにしました。好きなものだけ選んでいたら世界がどんどん狭くなりますもんね。好き嫌いでものを見るのではなく質の良し悪しで鑑賞しようという試みでした。それは後のテレビドラマ研究に至ります。

 大学の時に美術研究会に所属して油絵を描いたり、陶芸をしたりしてました。その時オレに油絵を教えてくれた辻さんが「この絵は長田さんの人間が表れていていい」と言うような事を言っていたのを最近ふと思い出しました。当時は、人間性が作品に表れていようがどうだろうが別にどうでもいいと思っていました。特にオレみたいな人間の人間性なんかが表れたらそれこたまったものではないではないかくらいに思いました。要するに全くその言葉にピンと来なかったわけです。

 その時は、技術的なものや作品の内容についてしか興味がありませんでした。

続きを読む "作品の鑑賞について" »

2007年11月10日 (土)

『透視せよ!タケオ』

 先日撮影現場をお伝えした、『新しい絶望』の映画が早くも完成して山形ムービーフェスティバルで上映されます。『透視せよ!タケオ』というかっこいいタイトルになりました。もう明日です。朝からの上映なので6時に家を出ないと間に合いません!それからその翌週も山形自主制作映像祭で上映があります。こっちは、オレも自分の自主映画の上映があるので足を運ぶ事ができません。いずれ、新潟や東京でも上映したいです。

第3回山形国際ムービーフェスティバル2007
日時…11月11日(日) 午前10時35分より
場所…山形市 シネマ旭
料金…1000円
HP…http://www.catvy.ne.jp/ymf/

山形自主制作映像祭
日時…11月18日(日) 午後1時30分より
場所…山形市 ビッグウイング2階大会議室
料金…前売500円 当日800円
HP…http://www.yii.jp/indexp.htm

 なんと佐藤広一監督は朝日新聞の山形版でも取り上げられていて、地元でえらい盛り上がっているみたいです。オレの本も売ってくれ!

・『「山形」こだわり映画作り天童在住佐藤監督』

 オレがこの夏を、仕事をほとんどせずに作った人形ロマンポルノ『夜のしずく』やっと皆様にお届けできます。上映はこちらも午前中です。チケットは僕も取り扱っておりますので、ご希望の方、メールください! また、他の作品も含めて12月2日にBook of Daysで上映する予定もあります。

にいがたインディーズムービーフェスティバル
2007年11月18日(水)
前売り :1,000 円(当日 1,200円 )
会場/チケット取り扱い
新潟・市民映画館シネ・ウィンド
新潟市中央区八千代 2-1-1 TEL 025-243-5530

 それから、今日ですがアンチミュージックのイベントもあります。なんと新潟にシカゴからミュージシャンが来て、古町のお寺で演奏します。

●EXPERIMENTAL ROOM #2
「COSTA MUSIC Japan Tour 2007 in Niigata」

米シカゴより、ラルトラとしても有名なコスタ・ミュージックが日本ツアーで新潟に!
迎えるべく、音響好きの耳にも訴えかけるシンガーソングライター達が集まります!
実は東京からの2組も要注目の方々なんです。
優しくてポップな音と歌を聴いて下さい。

出演
COSTA MUSIC (ex. L'ALTRA from シカゴ USA)
THE MEDIUM NECKS (ao to ao from 東京)
ASUNA (ao to ao from 東京)
鈴木恵 QUINTET (ex. EXTENSION58)

11/10(土)18:30open 19:00start
正福寺 本堂(新潟県新潟市西堀通7番町1548)
前売 \2000 当日 \2300 ※高校生以下無料

続きを読む "『透視せよ!タケオ』" »

2007年11月 9日 (金)

古いAVは見るのが大変

 マガジン・バンの連載は80年代が舞台の人妻エロマンガなので、今回はAVを題材にやってみようと思いました。80年代と言えば真っ先に思い浮かぶのが黒木香主演、村西とおる監督作品『SMぽいの好き』で、調べて見ると1986年の作品でした。

 確か小峰隆夫のオールナイトニッポンで小峰さんが大騒ぎしていて、それでオレは週刊プレイボーイを読むようになって、すごく見たくて気になって、大学に入ってから初めて見たんだっけかな。オールナイトニッポンにはゲストに黒木香さんが出ていたような記憶がありますが、定かでありません。

 それが今から21年前! オレも年取るわけだと感慨に耽りつつ早速レンタル屋に探しに行きました。ビデオ1のアダルトコーナーはまるでAVの海です。あまりにありすぎてどこにあるやらさっぱり分かりません。恥ずかしかったですが、店員さんに聞いたらこの辺りじゃないかと教えてくれました。そこには古ぼけたAVがまとまっていましたが、肝心の『SMぽいの好き』は見当たりませんでした。一回店員に聞いたら平気になって次の店でも探すのが面倒なのですぐ聞くことにしました。

 すると、破棄したとの事でありませんでした。それが赤道店で、近江店に行ってみると置いてなくて、横越のレンタル屋には登録上あったけど、見当たりませんでした。なにしろ21年前ですからね、古くから営業している店を中心に探してみました。古町の東宝の1階のビデオ屋は相当昔から営業しているはずだと、行ってみると店がベニヤで封鎖されてました。前はどこにでもあったはずなのに!しかも店までなくなっているところがあるなんて……。 新宿の蔦屋ならあるんでしょうね。しかし困った。ないとマンガが描けない。

続きを読む "古いAVは見るのが大変" »

2007年11月 3日 (土)

ゾンビーノ・トークショー

 明日ですが、11月4日の日曜日午後6時40分の回の上映が終わっ後、花くまゆうさく先生とゾンビーノとゾンビについてのトークショーを行います。映画はとってもおもしろいので、観といて損はないはずです。どうぞいらしてくださいね! 花くま先生は最近柔術で黒帯を取得されたそうで、そんなすごい格闘家が見れる機会も滅多にないのでぜひご来場いただいた方がいいと思います!

TOHOシネマズ六本木ヒルズ

 それからアックスでのマンガや映画秘宝などのイラストで大活躍されている川崎タカオ先生が展覧会を開催しております。川崎先生は発売中のアックスで特集されてますし、単行本も発売と乗りに乗っております。なにかうまい具合にあやかりたい!

川崎タカオ個展「アコースティックな輝き」ビリケンギャラリー
 会期:11月2日(金)〜11月14日(水)

 

 

2007年10月11日 (木)

『童貞。をプロデュース』新潟上映ほか

 さて、本日は亀田対内藤という、切腹を賭けた大変な試合があるのですが、今月来月と、新潟でも注目のイベントがあるので紹介して行こうと思います。

 『童貞。をプロデュース』
11/23(金) 新潟シネウインド 
※舞台挨拶:松江哲明、加賀賢三、梅澤嘉朗
 この作品の主演の人はなんと元シネウインドスタッフであるそうで、銀杏BOYZの峯田さんも出ているし、監督の松江さんとはオレも何年か前に下北沢の映画のイベントで、記憶違いじゃなかったら確かちょっと挨拶させていただいたように思います。それに何より童貞マンガと言えば『チェリーボーイズ』ですからね、オレは並々ならぬ因縁を勝手に感じておりますし、花くま先生もすごく面白かったと言っていたので楽しみで仕方がありません。新潟に来てくれてその上、舞台挨拶まで見れるなんて! はやく見たいよー。

続きを読む "『童貞。をプロデュース』新潟上映ほか" »

2007年10月10日 (水)

新潟市中央図書館

 今月から新潟市中央図書館が新しくオープンして、オレのマンガも置いていただいております。これで、貧乏な人やオレのマンガに金なんか払いたくねえって人にもお読みいただけます。置いていただいているのは次の5冊です。どれも面白いですよ!

『ジンバルロック』
『ミルフィユ』
『チェリーボーイズ』
『死んだ目をした少年』
『青春★金属バット』

・新潟市中央図書館のHP

 行こう行こうと思いつつまだオレも行ってないんですよね。他の新潟出身のマンガ家さんと一緒に色紙を飾っていただいてます。従姉妹が行ったそうで、母に「あんたの色紙も飾られてんだって」と言われました。これが、パステルを使って色をつけてみようとしたら全然上手にできなくて、パステルなんて学生の時に買ったっきり初めて使ったんですが、乾かさなくていいかと思ってたんですが、全然きれいにグラデーションにならなくて、黒の線も消えてしまうし大変でした。最近は下手な絵をさらす事に抵抗がなくなってきていたお陰で、気にせず提出できました。いいのか? これも怖くて足を運びづらい部分であります。

 亀田の図書館も新潟市に合併したお陰で、ネットで予約して亀田の図書館で受け取れるシステムになりました。とっても便利! 変な色紙もあるし、オレは亀田図書館でいいかな。

 ところで、今発売中のアニマルの『ホーリーランド』ですが、皆さんお読みになりましたでしょうか。単行本で読んでる人はここから読まないで下さいよ。


続きを読む "新潟市中央図書館" »

連載・活動など

  • メンズエッグユース
    『盛れ鏡』というギャル男マンガ2ページを連載させていただいております。不細工なギャル男が、鏡の中の盛れてるオレにダメ出しされるという変なマンガです。ダメなギャル男でもがんばれ!
  • 難波ロックライダー
    大阪・難波のライブハウス、ロックライダーのフライヤーに四コママンガ『これがロックだぜ!』を毎月掲載や!読んでや! むっちゃええバンドがぎょうさん出とるライブハウスやで!
  • 決定版!XX
    アイドルヲタの妄想四コママンガを毎月掲載していただいております。一時は5ページマンガにまで昇格したのですが、四コマに戻ってしまいました……5ページ昇格目指して頑張ろう!
  • アックス
    毎号さまざまな内容でちょっとしたマンガを描かせていただいております!
  • パスマガジン
    新潟のファッション・サブカル月刊誌です。『ところでここどこ』という2ページの連載を創刊からやらせていただいており、単行本にもなりました!そしていよいよ10年目に突入しております。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitter

おすすめサイト

  • Book of days
     新潟の古町にある輸入雑貨や洋書屋さんです。青林工藝舎のマンガも扱ってくださってます。時折展示や演奏イベントもあります。経営されている帰山さんは私財を投げ打って新潟の文化の発展・向上に貢献されております。ぜひクリスマスや誕生日の贈り物はこのお店で買ってください!!
  • 大内アパート月報
     大内アパートは東京で最後に住んだ下北沢のアパートで西口徒歩1分という立地条件で和室6畳2間キッチン1畳トイレ付き、1階はガレージと書道教室と、騒ぐには格好の物件で、徐々に仲間で占拠して行きました。そんな住人でフリーペーパーを毎月発行して遊んでいたんですよね。アパートは取り壊されて、なくなってしまったのですが、マンガ家のじぇんじぇんが三代目編集長として今も中野で大内アパート月報を半年に一度くらいのペースで発行しています。このサイトはじぇんじぇんが運営していて、僕の大昔のショートマンガも読めますよ。創刊が1994年で、今もこうして存続しているというのは奇跡です。オレも当時は現在と違って仲間とわいわいやるのが好きだったんですね。
  • 青林工藝舎
    隔月漫画誌アックスを出版しています。 『ジンバルロック』を始めたくさん本を作っていただいております。社員のみなさんは自分たちの生活を省みずマンガ出版に命を懸けています。こんなすごい出版社は他にありません。

last.fm

  • last.fm
  • 再生回数